【妊活にはお灸?!】冷えを解消する自然治療のお灸に注目!

【妊活にはお灸?!】冷えを解消する自然治療のお灸に注目!

妊活に冷えは大敵といわれています。
冷えにより血流が悪くなり、卵巣や子宮に機能にも悪影響なのです。
そこで簡単にできるお灸は昔からよいとされています。
お灸を妊活のツボにあてて効果を試してみてはいかがでしょうか。

お灸ってそもそもなに?

02

遡ること3000年前の中国。
もぐさで治療をするという中国の民間療法が、遺隋使や遺唐使により1000年以上前に日本に伝わったという歴史があります。
原料はよもぎの葉の裏にある白い綿毛から作られるもぐさです。

よもぎは韓国では婦人科系疾患に効果があるというよもぎ蒸しが有名ですが、ヨーロッパでもハーブとして重宝されています。
もぐさに火をつけツボを刺激してさまざまな体の不調を改善していきます。

効果といわれるものをあげてみると・・・

●血行促進
●むくみ改善
●冷えの解消
●肩こり・腰痛の改善
●不眠の改善
●リラックス効果
●ストレス軽減
●ホルモンバランスを整える
●こむら返りの改善
●疲労回復

と、生活の中で常日頃の不調が改善されるということです。

お灸と妊活、どう関係があるの?

 

29dbdfd785717990cc8979bada6b99e1_m

お灸は前にお伝えしたような多くの効果があります。
その中でもホルモンバランスを整える作用というものが、婦人科系の臓器の働きを促進するのです。
また冷えの解消や血行促進、リラックス効果も妊活には必要なのです。

妊活に冷えは大敵ということはもう周知のとおりです。
冷えにより血液の流れが悪くなり、卵巣などの機能低下なども起こってきます。
冷えの改善が妊活の第1歩といっても過言ではないほど、冷えは恐ろしいものなのです。
赤ちゃんは温かい子宮の中でしか育たないということになりますね。

体に温熱刺激を与えることで、筋肉や血管、リンパ節などが刺激されます。
その刺激により細胞が活性化され、リンパの流れが改善されるのです。
リンパの流れがよくなるということは、冷えの改善につながり、ツボへの刺激で自律神経の働きを促進し、ホルモンバランスを整えてくれます。

子宮に効くツボは、子宮疾患の改善にもよいとされ、月経不順の解消にもつながります。

ほかにも、自分ではわからない疲れや問題点を発見してくれます。
背中のこりや血流の悪さ、むくみの有無など、毎日のことになると、自分では気づかないものですよね。
また知らない間に溜まっているストレス。
このようなものも先生は見抜いて治療してくれます。

ストレスがあると、基礎体温や月経周期が狂ってきますが、お灸により基礎体温が上がり妊娠に繋がるケースも。
リラックス効果が高いもぐさの香りで癒されてみてはいかがでしょうか。

1種類だけ?自分でもできるの?

04

大きく分けると皮膚に直接灸痕を残す有痕灸と、灸痕を残さない無痕灸とにわかれています。
また、有痕灸にも、透熱灸、打膿灸、焼灼灸など患部ややり方などによって細かくわけられていて、どれも医師以外が行うには灸師免許が必要とされています。
鍼灸院でお灸をしてくれますので、一度行ってみてツボの場所を習って、市販のお灸でホームケアをするのもいいですね。

ひと昔前は、もぐさのみでしたが、最近はもぐさにさまざまな香りがプラスされたものも多いです。
もぐさの香りが苦手な人でも、好みの香りを選べるようになりました。
また煙がでるのが特徴でしたが、煙が出ないものや火を使わないものも市販で手軽に手に入るようになりました。

自分でできるかな?という方に、市販のものを使って妊活の道具やツボをお知らせしておきます。

熱くないのでしょうか?

06

熱さは人によって感じ方が違うようです。
やはり温熱効果で治療することもあり、熱さは感じますが、じんわりと温かく感じるくらい。
熱ければ効果が高いわけではありません。
また、その日の気温、湿度、体調によっても感じ方は違ってくるようなので、熱いと感じたら我慢しないことです。

妊活中に効くツボ

◆ 血海

血の海と書いてけっかいと読むツボ。
膝のお皿の底辺から指幅約3本分上がったところにあるツボで、生理不順や子宮筋腫などに効果があるといわれています。
生殖系、婦人系の諸症状によく使われています。

◆三陰交

内くるぶしの中心から指幅約3本分上にあるツボ。
骨盤のゆがみを整え、血行をよくしてくれることから、冷えや生理不順、むくみ、不妊、更年期障害、肩こり、腰痛などに効くといわれています。
また、足の内くるぶしを温めると、身体全体が温まるそうです。
冷え性改善に大きく期待のできるツボですね。
時間のあるときに刺激してあげたいツボですね。

◆れい溝

三陰交と一緒にケアしたいツボのれい溝。
三陰交から指幅約2本分上にあり、婦人科系の不調によく効くといわれています。
具体的には滋養強壮、生理不順、おりものの異常など…。
このツボも、下半身の冷えにも効果があるため女性におすすめのツボです。

◆湧泉

足の裏に位置し、足の指をグーにした状態で一番くぼんでいるところにあります。
体力や気力を高め、身体全体を元気にする「万能のツボ」です。
命の泉が湧くツボともいわれています。

用意するもの

・市販のお灸
・ライターなど火をつけられるもの(火を使うものの場合)
・灰皿など、使用後のお灸を捨てられるもの(水を入れられるもの)

いつお灸をすればいいの?

タイミングは寝る前の一番リラックスした時間です。
お灸の前後は入浴を控えた方が効果が出ます。
毎日添えても問題はありませんが、体調と相談しながら行いましょう。

自分でする場合は、熱すぎるものはやめておいて、熱いと感じたらすぐにやめてください。
また気持ちがいいので長時間しがちですが、30分を目途に行います。
やりすぎは頭痛などの原因になってしまいます。

自宅では不安という場合は、鍼灸院に行くことをおすすめします。
費用も初診は1000~3000円ほど。
通常は6000円前後が多いようです。
最近は保険がきく鍼灸院もありますので、治療内容と費用を考えながら無理なく続けましょう。

まとめ

お灸で妊娠力アップするわけは、血流をよくし、子宮やホルモンバランスを整え、身体を整えママにいつでもなれる準備をすることなんですね。
仕事や家事、また妊活そのものが疲れの原因になっていることも。
リラックスタイムに取り入れるだけで自然と妊活していることになりますね。

ほかにもお風呂に入ることが冷えの解消には効果的です。
とくに重炭酸イオンのお風呂は冷え性・疲労回復・消臭効果・美容効果とさまざまな効能効果があるので、冷え解消のためにも、ぜひ自宅のお風呂を重炭酸にしてみてください。


※なぜ、冷え性になるの?
解消法は『妊娠中は冷え性大敵!手軽に冷え性を解消する方法5選』も参考にして下さい!

fba3be6a9c512a3475fac5fd54d28e97.dat
新米ママ A.T

Mama writer
0歳の男の子の子育て奮闘中。子供から教わることばかりですが、日々幸せを感じる育児生活を送っています。お仕事で整体師やエステシャンをやっていたので体の事や美容の事で、少しでも皆様のお役にたてる情報をお届けできたらと思っております。

編集部おすすめ商品

MATERNITY SOUP

妊娠中の栄養補給とマイナートラブルのために

マタニティスープ

妊娠中の食生活が気になるママに。
産婦人科 佐藤病院・妊産婦ケア専門の管理栄養士・お子さんのいるママの声から生まれた
妊娠中のママとおなかの赤ちゃんのためのスープです。

MATERNITY SOUP

妊娠中のママとおなかの赤ちゃんへの贈り物

マタニティスープギフト

これからママになる大切な人への妊娠祝いに。
妊娠中のママが元気に安心してマタニティライフを送れるように
家族や友人みんなで食生活をサポートするマタニティ応援ギフトです。

マタニティスープは妊娠中の女性たちととことん向き合って開発しました

最新記事