妊娠したかも?と思ったら見直すべき5つの生活習慣

マタニティスープは妊娠中の女性たちととことん向き合って開発しました
妊娠したかも?と思ったら見直すべき5つの生活習慣

妊活をしながら妊娠を心待ちにしていたという人もいれば、そういえば生理が遅れているかも…と気づく人、妊娠超初期と呼ばれるときの体調で妊娠しているかも…と感じる人、人それぞれ妊娠したかも?と気づくタイミングは異なりますよね。
妊娠はとても喜ばしいことですし、それと同時にママとしてちゃんとお腹の中で我が子を育てていく、という責任も生まれます。
今まで1人だったときとは、生活が変わるのは間違いありません。
妊娠したかも?と感じたときに見直しておきたい生活習慣について、ご紹介します。

妊娠したかも?と思ったらチェック!

eaf609003e53ae4d6ca94a138fd54099_s

妊娠したかも?という段階でチェックしておきたいのが、妊娠すると起こる身体の変化です。

・身体がだるくて眠い
・胸が張ってくる
・肌が荒れてくる
・生理が来ない
・イライラしやすい

というような症状です。
風邪かな…と思ってしまうような症状もありますが、妊娠している可能性も高いです。
妊娠検査薬は生理の予定日から1週間後しか使えないので、それより前の段階で妊娠しているかも?と気づいたら、当てはまる症状はないかチェックしてみてください。
そして早めに生活習慣を見直しましょう。

身体をしっかりと温める

身体を冷やしてしまうと、血行不良になって赤ちゃんに栄養が運ばれにくくなります。
よく女性は腰とお腹を冷やしてはダメ、といいますよね。
これは赤ちゃんが育つ子宮をしっかりと温めるべきだからです。
妊活を頑張っている人は、すでに身体を温める方法を実践しているかと思いますが、突然の妊娠だった場合は身体を温める習慣がついていない人も多いので、まず冷やさないような対策をおこないましょう。
腹巻などをして特に腰やお腹周りを温めます。

r01_336_280_0001_ギフト

服装を替える

身体の冷え対策にもつながることなのですが、妊娠したかもと感じたら、血行を良くするために服装を替えましょう。
おしゃれをするのが好きな人も、赤ちゃんのためにぐっと我慢です。
出来る範囲のおしゃれを楽しみましょう。
NGな服装は、肩を出した服装、素足、ヒールが高い靴、足を締め付けるスキニーパンツ、ウエストのきついスカートなどです。
冷えだけではなく、身体を締め付けやすい衣類も避けなくてはいけません。

バランスの良い食生活を送る

1人のときは何も意識せずに食事をしていたとしても、赤ちゃんのためになる食事に切り替えなくてはいけません。
妊娠超初期の段階で気を付けておけば、これから長い妊婦生活にも役立ちます。

特に摂取したほうがいいといわれているのは葉酸です。
葉酸は神経管閉鎖障害という先天異常を発症するリスクを低下させることができます。
国でも摂取を推奨されているため、妊娠したかも?と思った時点で摂取を始めるといいですね。
本来なら妊娠前から摂っておきたい栄養素なのですが、とにかく早めに摂取を始めましょう。

しっかりと眠る

08

人間にとって睡眠は必要なものです。
特に妊娠すると、イライラしやすくなりますよね。
夜更かしで自律神経のバランスは乱れてしまうので、さらにイライラしやすくなります。
また十分な休息が取れていないと赤ちゃんにも悪い影響が及んでしまいます。

リラックスして過ごすためにも、そして日頃の疲れを癒すためにも、何より赤ちゃんが育ちやすい環境を作るためにも、いつもより早めの就寝で睡眠時間を確保したいですね。

タバコはすぐにやめる

タバコは妊娠していない人でも、吸うことで健康被害があるといわれています。
妊娠したかもと思ったら、今すぐに禁煙しましょう。
妊娠中のタバコは、赤ちゃんの低体重や流産、早産の可能性を高めてしまいます。
また精神発達なども遅れる可能性があるため、すぐに禁煙しましょう。
妊娠したかも?という段階で禁煙ができれば、まだ赤ちゃんの与える悪い影響は最小限で済みます。

我が子のためにすぐ禁煙できればいいのですが、あまり無理して禁煙するとイライラが募って逆に悪影響になる場合もあります。
イライラしてしまうときは本数を減らしていくという禁煙方法に取り組んでみましょう。

栄養素の摂取におすすめのマタニティスープ

2015_12_180088

赤ちゃんのために質の良い栄養素をと思っていても、やっぱり食事だけでまかなうのって難しいですよね。
そこでマタニティスープを活用すると、とても楽に質の良い栄養素が摂取できますよ。
妊活中から育児中までに必須の栄養素がたっぷりと含まれていて、摂取しておいて間違いのない栄養素ばかりです。

生活習慣の見直しと同時に、マタニティスープも毎日の習慣として飲んでみてはどうでしょうか。
食事で不足している栄養素に不安を感じている人や、赤ちゃんのためになることをやっておきたいけど何からはじめていいかわからない、という人におすすめです。
http://maternitysoup.jp/

r01_300_250_0002_定期
・現役ママ3000人、妊婦栄養研究の管理栄養士、産婦人科が共同開発!
・現役ママにも、未来のママにも、必要な栄養素が凝縮!
・化学調味料、合成着色料、人工保存料、人工甘味料、合成香料を使わず無添加!
・第三者機関による検査済み!

まなみ

writer/管理栄養士
2人の女の子のママです。職業は管理栄養士でただ今育児休業中。優しいパパに支えられながら、家事育児に奮闘中です。2人の子どもの成長と休日の家族団らんが今の楽しみです。

編集部おすすめ

MATERNITY SOUP

妊娠中の栄誉補給とマイナートラブルのために

マタニティスープ

妊娠中の食生活が気になるママに。
産婦人科 佐藤病院・妊産婦ケア専門の管理栄養士・お子さんのいるママの声から生まれた
妊娠中のママとおなかの赤ちゃんのためのスープです。

MATERNITY SOUP

妊娠中のママとおなかの赤ちゃんへの贈り物

マタニティスープギフト

これからママになる大切な人への妊娠祝いに。
妊娠中のママが元気に安心してマタニティライフを送れるように
家族や友人みんなで食生活をサポートするマタニティ応援ギフトです。

マタニティスープは妊娠中の女性たちととことん向き合って開発しました

最新記事