妊娠のためにも女性ホルモンを知っておこう!妊娠や月経、生理との関係は?

マタニティスープは妊娠中の女性たちととことん向き合って開発しました
妊娠のためにも女性ホルモンを知っておこう!妊娠や月経、生理との関係は?

女性の健康に大きな影響を及ぼす女性ホルモンについて、どこまで知っていますか?
女性ホルモンは、女性の健康のバロメーターでもある月経に関わってくるので、妊娠する際にはとくに重要になってきます。
今回は、女性ホルモンと月経、生理、妊娠との関係についてお伝えしていきます。

知っておきたい女性ホルモン

私たち女性の健康を左右する女性ホルモンには、大きく2種類があります。
女性らしい丸みのある身体をつくる「卵胞ホルモン(エストロゲン)」と、妊娠に大きな影響力をもつ「黄体ホルモン(プロゲステロン)」です。
このうち、肌や髪にツヤをもたらせる美容面の働きが強いのが卵胞ホルモンです。
黄体ホルモンは、基礎体温を上げたり、妊娠前の子宮環境を整えるなどの働きがあります。

◯卵胞ホルモン(エストロゲン):女性らしい身体をつくる
思春期に乳房が大きくなるなど、丸みのある女性らしい身体を作ります。
受精卵のベッドとなり着床を助けるため子宮内膜を厚くする働きがあり、更年期になると次第に減少します。

◯黄体ホルモン(プロゲステロン):基礎体温を上げる
卵胞ホルモンの働きによって厚くなった子宮内膜を受精卵が着床しやすい状態に整えます。
体温を上昇させる働きがあるので、排卵の有無や時期を体温の変化によってチェックできます。

月経前後で優位状態が変わります

一般的には月経後は卵胞ホルモンが優位状態になり、そのため肌艶が良くなったり、精神的に安定しやすくなります。
反対に、月経前は黄体ホルモンが優位状態になり、むくみや肌荒れ、情緒の乱れが起きやすくなります。

女性ホルモンは脳からの指令で分泌されます

この2つの女性ホルモンは、脳の視床下部の発令により分泌されますが、ストレスや過度のダイエットにより、脳または子宮のどちらかの神経伝達が鈍るとうまく機能せず、月経不順や無月経になります。

◯視床下部
脳の視床下部はホルモンの司令塔の役割があり、女性ホルモンなどの性ホルモン放出ホルモンを分泌する場所です。
ストレスや過度のダイエットなどの影響によって働かなくなることがあります。

◯卵巣
卵胞ホルモンと黄体ホルモンを分泌する場所です。

◯子宮内膜
それぞれのホルモンの影響を受けて変化し、周期的に出血をともなって剥がれ落ちます。
これが月経と呼ばれる現象です。

女性ホルモンと月経

月経のメカニズムとは?

女性が生涯で最も卵子を抱えているのは何歳のときだと思いますか?
驚くことに、女性が一番卵子を持っているのは胎児のときなのです。

産まれたときに持っている「原始卵胞」と呼ばれるものが、「卵胞」へと成長し、卵胞ホルモン(エストロゲン)を分泌するようになります。
卵胞ホルモンの分泌から2週間ほど経つと、成熟した卵胞から卵子が飛び出して、卵管に運ばれます。
これは「排卵期」と呼ばれ、その後、卵胞は黄体化して黄体ホルモン(プロゲステロン)を分泌します。

黄体ホルモンの分泌により、赤ちゃんのベッドである子宮内膜が発達し、受精卵を迎えるために厚みが増していきます。
このとき、受精卵が子宮内に着床すれば妊娠成功です。
ですが、妊娠しない場合は、黄体ホルモンは2週間で分泌されなくなり、不要になった子宮内膜は剥がれ落ちます。
これが「生理(月経)」と呼ばれる現象なのです。

自分の月経周期を把握していますか?

産婦人科で生理周期を聞かれたときに、きちんと答えられる女性はあまり多くないと思います。
ですが、月経は女性の健康のバロメーターです。
妊娠する際には、とくに重要になってきます。

初経(初めての生理)の平均年齢は12歳です。
初経は思春期に入り、体重と体脂肪が増えることが条件で起こる現象です。
ですが、この時期に極端なダイエットで体脂肪の増加が遅れてしまうと、初経も遅れてしまい、のちに婦人科疾病にも影響します。
最近の小学生の女子の4人に1人は、ダイエットの意識があるようですので、その危険性も高くなりがちです。

月経の平均出血持続日数は5日間ですが、個人差もあるので大体3〜7日間となります。
出血量が多い人や日数が長い人は、貧血になりやすいので気をつけてください。
月経周期の平均日数は25〜38日ですが、これも個人差があります。
だからこそ、健康のバロメーターを知るためにも、『自分の月経周期』を把握する必要があるのです。

月経周期の数え方

月経周期は月経が始まった初日から数えるのか?終わった日から数えるのか?どちらでしょうか。
答えは前者で、月経が始まった日を1日目と考えて、次の月経が始まるまでの日数をカウントします。

月経周期の理想は「28日周期±3日」です。
月経周期は体調やストレスによる影響を受けやすいため、3日程度のズレは問題ないとされています。

月経が始まってから、身体は女性ホルモンの変化により「卵胞期」→「排卵期」→「黄体期」と変化します。
女性らしい身体を作る卵胞ホルモンと体温を上げる働きのある黄体ホルモンによって、月経前後では体温が変化します。
そのため、排卵期は体温によって把握することができるのです。

月経周期は安定していても排卵が行われていない「無排卵月経」では、月経がきても体温が変化しません。
同じ月経ではありますが、その症状や周期は人によって様々です。
月経が正常か異常かを調べることも含めて、定期的な検査は欠かさないようにしましょう。

13624512_877585322369576_1029062351_n
神宮香織里

布ナプキンアドバイザー®アオ。
http://ameblo.jp/jingukaori/

布ナプキンを使って、生理のトラブル・生理不順・頻尿・PMSを解消する方法をお伝えしている神宮香織里と申します。紙ナプキンから布ナプキンに変えることで、「次の生理が楽しみになる!」という方を増やすお手伝いをしています。

編集部おすすめ

MATERNITY SOUP

妊娠中の栄誉補給とマイナートラブルのために

マタニティスープ

妊娠中の食生活が気になるママに。
産婦人科 佐藤病院・妊産婦ケア専門の管理栄養士・お子さんのいるママの声から生まれた
妊娠中のママとおなかの赤ちゃんのためのスープです。

MATERNITY SOUP

妊娠中のママとおなかの赤ちゃんへの贈り物

マタニティスープギフト

これからママになる大切な人への妊娠祝いに。
妊娠中のママが元気に安心してマタニティライフを送れるように
家族や友人みんなで食生活をサポートするマタニティ応援ギフトです。

マタニティスープは妊娠中の女性たちととことん向き合って開発しました

最新記事