妊娠中に風邪をひいたら?薬を飲んでいいの?ダメなの?

マタニティスープは妊娠中の女性たちととことん向き合って開発しました
妊娠中に風邪をひいたら?薬を飲んでいいの?ダメなの?

妊娠中は薬が飲めないから風邪をひいたらどうしよう?と不安になる人はたくさんいますよね。
妊娠しているかどうかわからない時期に薬を飲んでしまって心配している人もいるかもしれません。
もちろん、自己判断で薬を服用することは大変危険ですが、妊娠中に絶対薬を飲んではいけないというわけではありません。
今回は、妊娠と薬の関係をまとめてみました。

【そもそも妊娠中に薬を飲んで大丈夫なの?】

02

妊娠中は、あまり薬に頼りたくないので風邪などをひかないように十分気を付けていてもひいてしまうことがあります。
どうしても薬を飲まなければならないような時には、掛かり付けの産婦人科で赤ちゃんへの影響が少ない薬を処方してもらえますので、できれば産婦人科で処方していただけると安心して服用できると思います。
しかし、やむを得ない場合は市販の風邪薬を使わなければならないこともあります。
妊娠時期によって注意しなければならないことはあるのでしょうか。

・妊娠0~3週

妊娠しているかどうかもわからない場合が多いこの時期は、赤ちゃんが受精卵から人へと進化していく大切な時期ですが、風邪薬を飲んでも心配ないとされています。
妊娠が発覚して不安になることもあるかもしれませんが、特に問題はありません。

・妊娠4~7週

絶対過敏期といわれ、妊娠が不確定な時期でありながらも赤ちゃんの体の中枢神経をはじめ心臓や手足などの主要な器官が形成される時期です。
この時期に薬を服用すると赤ちゃんに奇形が出る可能性があるため注意が必要です。
薬の影響として考えられているのは、心室中隔欠損症といった心臓の奇形や手足の欠損です。

・妊娠8~15週

赤ちゃんの体にとって重要な器官の形成が終わっている時期ですので薬の影響は少ないと考えられていますが、慎重に判断したい時期です。
この時期は性器や口唇などを細かく形成する時期ですので、女性器の男性化や口蓋裂など奇形が生じる可能性があります。

・妊娠16週以降

安定期に入りますので、赤ちゃん自体も落ち着いてきます。
しかし、ママが摂取したものはお腹の赤ちゃんへとつながっていきますので注意してください。
主治医や産婦人科の指示の下で薬を服用するのは可能です。
病院で処方してもらう余裕がないような場合は、かかりつけの病院に問い合わせしたり、服用できる薬を紹介してもらうのが無難です。
また、薬局で薬剤師さんに相談するのも良いでしょう。

【風邪を放っておくとどんな危険があるの?】

861288a71ee06e50de4e4adff23034e1_s

・発熱

38度超えてしまうと体力や食欲が著しく低下し、妊娠後期だと子宮収縮が起こり切迫早産のリスクが高まります。
さらに40度を超えると羊水の温度が高まり、赤ちゃんの心拍数を上げてしまい大変危険です。

・咳

咳が直接赤ちゃんに影響することはありませんが、咳をすることでお腹に負担がかかりお腹が張りやすくなります。
また、咳がひどく続くようだと、赤ちゃんに十分な酸素が送れないため酸欠状態になります。
そうすると流産や奇形、脳障害などの症状を残す危険性があります。

・下痢

痛みを伴うような激しい下痢は子宮の収縮に影響を及ぼし、早産や流産の原因になります。

・鼻水

くしゃみや鼻水で十分な睡眠がとれないと免疫力や自己治癒力が低下し、睡眠不足のストレスが赤ちゃんへ悪影響を及ぼす可能性があります。

【妊婦さんが飲んでいい薬・ダメな薬ってあるの?】

70379f1e45ff24a312a601680a152f35_s

現在、街の薬局で簡単に買える市販薬の中に奇形性の心配がある薬はまずありません。
また、市販の目薬や塗り薬なども同様で、部分的に効果を発するだけで体の奥深くまで浸透して吸収されるわけではありませんので、過剰に不安視する必要はないのですが、なかなか判断できるものでもありません。
妊婦さんが飲んでいい薬・ダメな薬とは、薬の成分の違いで妊婦さんが服用することで母体と赤ちゃんに影響が出にくい成分でできている薬は安全とされています。
反対に妊婦さんが服用することで、赤ちゃんに奇形など何らかの影響を及ぼす可能性のある成分が含まれている薬は、服用すると危険な薬とされています。

・妊娠中に飲んでも安全な薬

熱がある場合、安全性が確認されているのがアセトアミノフェンです。
また、風邪をひいてからだけでなく予防にも効果があるとされているのは漢方薬の葛根湯です。
漢方薬は普通の風邪薬よりもやさしく、自己治癒力を高める働きもありますので、妊婦さんでも安心して飲めます。
症状に合わせたハーブティーならリラックス効果も期待できます。

・妊娠中に飲んではいけない薬

解熱鎮痛剤のバファリンやロキソニンは、安定期に入った妊娠32週以降で赤ちゃんの心臓に影響を及ぼすことが分かっています。
くしゃみを抑える効果がある抗ヒスタミン成分は、たくさん服用すると悪影響を及ぼす可能性があります。

薬の影響が不安で服用せず、風邪が悪化してしまっては余計に赤ちゃんへ影響が及んでしまいます。
ママの判断が大切になりますので、主治医の先生と相談して薬と上手に付き合いましょう。

fba3be6a9c512a3475fac5fd54d28e97.dat
新米ママ A.T

Mama writer
0歳の男の子の子育て奮闘中。子供から教わることばかりですが、日々幸せを感じる育児生活を送っています。お仕事で整体師やエステシャンをやっていたので体の事や美容の事で、少しでも皆様のお役にたてる情報をお届けできたらと思っております。

編集部おすすめ商品

MATERNITY SOUP

妊娠中の栄誉補給とマイナートラブルのために

マタニティスープ

妊娠中の食生活が気になるママに。
産婦人科 佐藤病院・妊産婦ケア専門の管理栄養士・お子さんのいるママの声から生まれた
妊娠中のママとおなかの赤ちゃんのためのスープです。

MATERNITY SOUP

妊娠中のママとおなかの赤ちゃんへの贈り物

マタニティスープギフト

これからママになる大切な人への妊娠祝いに。
妊娠中のママが元気に安心してマタニティライフを送れるように
家族や友人みんなで食生活をサポートするマタニティ応援ギフトです。

マタニティスープは妊娠中の女性たちととことん向き合って開発しました

最新記事