妊娠初期に気をつけるべき食事と栄養バランス

マタニティスープは妊娠中の女性たちととことん向き合って開発しました
妊娠初期に気をつけるべき食事と栄養バランス

赤ちゃんのために何を食べればよいのかわからない!
逆に、お腹の赤ちゃんのために食べてはいけないものって?
人生初めての妊娠で、右も左もわからず、不安を抱えてしまうお母さんは多くいるかと思います。
確かに、妊娠初期の食事のバランスは、生まれてくる赤ちゃんへ大きく影響します。
妊娠中のお母さんが食べるべき食事、控えた方が好ましい食事をご紹介します。

【妊娠中に必要な栄養って?】

663698dc1d5d48bbf03a3a25f10c75d5_s
まず、妊娠した時に赤ちゃんに必要な栄養素を知りましょう。
葉酸、鉄、カルシウム、その他ビタミンです。

【葉酸って?】

妊娠時には葉酸を摂ると良いってよく聞きますよね。
でも葉酸って何のことか、知っていますか?
葉酸はその名の通り、葉っぱのある野菜に多く含まれている栄養素の一つです。
葉酸は、体の中の細胞が増殖するときに必要な大切な物質です。
妊娠初期には、細胞分裂がたくさん行われるので、この時に葉酸が摂取できていないと、赤ちゃんが神経管閉鎖症になってしまう恐れがあります。

葉酸は、緑の野菜のほかにも、納豆や海藻、果物にも含まれているんです!
果物にはビタミンをたくさん含んだものが多いので、一石二鳥ですね!
これらを積極的に摂取していくことがとても重要です。
つわりがつらくて葉酸をうまく摂取できないときには、サプリメントや、飲みやすいマタニティスープに頼っても良いでしょう。
ただ、サプリメントの多用も禁物ですよ。

葉酸を食事でしっかり摂りたい妊婦さんには、『妊娠中の葉酸不足は危険?赤ちゃんの為に葉酸をしっかり摂る方法とは?』の記事もオススメです。

【妊娠中、鉄分の摂りやすい食材は?】

妊娠中は、貧血が起こりやすく、「妊娠貧血」なんて呼ばれたりもします。
妊娠中は赤ちゃんに優先的に栄養や酸素を送るために、お母さんのための血液が足りなくなってしまうんだとか。
そんな鉄分を多く摂取できるのは、皆さんご存知の豚や鶏のレバー、そしてあさりやしじみ。
しかし、妊娠中に生の状態で買ってきたものを調理して食べるのは、よく火を通していても、ちょっと怖いですよね。
この他のものにも、鉄分が多く含まれている食材はいろいろあります。
大豆、小松菜、ほうれん草、などなど。
これらには、先ほどご紹介した葉酸も含まれているので、妊婦さんにおススメな食材ですね!

貧血でお悩みの妊婦さんには貧血でお悩みの妊娠中の方へ・・・簡単に鉄分補給する方法の記事も合わせて読んでみてください。

【妊娠中に控えるべき食事】

ee648eb7e84c84e7fadee0a68e665c1e_s

まず始めに1つ、注意しておきたいことがあります。
それは、「妊娠中に、絶対に、1口も口にしてはいけない食べ物というのは、ほとんどない」ということです。
食べたいものを我慢して食べないということは、逆にストレスになってしまい、重いつわりにも繋がりかねません。
「食べ過ぎると、よくないことが起きる可能性があるんだ」ということを自覚して、適度に摂取することが重要ですね!
さて、その妊娠中に注意しなければならない食材…それは、『菌や寄生虫がいる可能性のあるもの』です。

【菌や寄生虫がいる可能性のある食材って…?】

有毒な菌のいる可能性のある食材は、意外とたくさんあるんです。
それは、生肉、生卵、生の魚介類、ナチュラルチーズなどです。
妊娠中のお母さんがこれらの食品によって感染症に感染すると、お腹の赤ちゃんにも被害が及びます。
妊娠中は免疫力も低下しがち…しっかりと知識を持って、食べすぎ、飲みすぎには注意しましょうね。

【生肉に潜む寄生虫や菌】

生肉には、トキソプラズマという寄生虫が付着している可能性があります。
妊娠中のお母さんがその寄生虫に感染すると、赤ちゃんの精神発達障害や、視力障害、脳性麻痺を引き起こす恐れも…トキソプラズマは、ちゃんと火を通せば死滅させることができますので、お肉を食べるときにはしっかりと火を通しましょうね。

【生卵に潜む菌】

生の卵には、サルモネラ菌という菌がついている場合があります。
下痢や嘔吐などの症状が出て、体力を著しく削ります。
卵も必ず生ではなく、加熱したものを食べましょうね。

【生の魚介類に潜む病源菌】

カキや、アサリ、シジミなどは、下水道から繋がる川や海でとれるものも多くあります。
そのような生の貝には、ノロウイルスの病源菌がいることも…
ノロウイルスは、免疫が低下している妊婦さんには大敵です。
できるなら、避けた方がよい食材と言えますね。

【ナチュラルチーズ】

加熱加工・料理をされていないナチュラルチーズには、リステリアという菌がいます。
妊娠中のお母さんは、通常の20倍もこの菌の感染率が高いそうです。
感染すると、高熱や食欲減退など、インフルエンザと似た状態になります。
しかも、この菌は、お腹の赤ちゃんにも感染します。
赤ちゃんに感染した場合、流産や早産、生まれた後も髄膜炎などの原因になることがあるのです。
こちらも火を通せば安全に食べられますよ!

いかがでしたか?
生の食べ物は、お母さんと赤ちゃんに悪影響の出るものが多かったですね。
なるべく、食事はしっかりと加熱調理をして安全に安心して食べられるようにするのが良いですね!
自身の健康のためにも、赤ちゃんのためにも、葉酸、鉄分、水分補給もしっかりして、明るい妊婦さんライフを送りましょう。

c95ffbd08b669f535f83df000895065f.dat
宮川修一

株式会社ベジタル 代表
ウェルネス・アンバサダー
2011年12月生まれと2015年5月生まれの男の子の父。サラリーマン時代にスープ専門店を経営。妻の妊娠を期に、子供の食育はお腹の中から始まっていることを知り、産前・産後の健康をサポートするマタニティスープを開発。プレママ・ママが住みやすい環境づくりを応援するためベイビースタイル、まえばしマタニティサークルなどを実施中。

編集部おすすめ

MATERNITY SOUP

妊娠中の栄誉補給とマイナートラブルのために

マタニティスープ

妊娠中の食生活が気になるママに。
産婦人科 佐藤病院・妊産婦ケア専門の管理栄養士・お子さんのいるママの声から生まれた
妊娠中のママとおなかの赤ちゃんのためのスープです。

MATERNITY SOUP

妊娠中のママとおなかの赤ちゃんへの贈り物

マタニティスープギフト

これからママになる大切な人への妊娠祝いに。
妊娠中のママが元気に安心してマタニティライフを送れるように
家族や友人みんなで食生活をサポートするマタニティ応援ギフトです。

マタニティスープは妊娠中の女性たちととことん向き合って開発しました

最新記事