【高齢出産のリスクまとめ】リスクを知った上で対処をしよう

【高齢出産のリスクまとめ】リスクを知った上で対処をしよう

日本では晩婚化が進んでいることから、初産を迎える年齢も同時に上昇しています。
そうなると心配になるのが、年齢が上がってからの出産です。
今日本では35歳以上で出産する場合、高齢出産となります。
初産を迎える年齢が上がっている一方で、人間の体は以前のまま、ということから、やはり高齢出産にはリスクがついてくるでしょう。
でも、高齢出産はリスクが高い、という話は知っていても、実際にはどんなリスクがあるのかを知らないという人は多いのではないでしょうか。

漠然とした不安を抱えたままで出産を迎えるよりも、どんなリスクがあるか、そのリスクをどう対処することができるか、考えてみましょう。

高齢出産の定義

eaf609003e53ae4d6ca94a138fd54099_s

高齢出産というと、結構な年齢を過ぎてから出産する場合を指すような言葉に感じますが、日本産科婦人科圧潰では定義として35歳以上の出産を高齢出産と呼んでいます。
これは、35歳を過ぎてからの出産では様々なリスクが高まることがわかっているからです。
1993年までは30歳だったのですが、最近では30歳でも結婚がまだ、という人も増えていますよね。
昔よりも結婚する年齢や出産する年齢があがっています。
男性も女性も30歳前後が初婚年齢の平均です。
その結果、高齢出産の定義も30歳から35歳へと引き上げられています。

35歳でも、まだまだ仕事をバリバリしていてそれほど高齢なんてイメージは全くありませんが、赤ちゃんを宿して産む、ということに関しては、35歳を過ぎると多くのリスクが高まります。

高齢出産によるリスクを知ろう

高齢出産にはリスクがあるといいますが、どんなリスクがあるのでしょうか?

545ed1f61f2805359c01f7d736575c55_s

妊娠できる確率が下がる

まず問題になるのは、そもそも妊娠できる確率が低下することです。
妊娠は結婚して通常通りの夫婦生活を送っていれば自然とできる、と考えている人も多いでしょうが、やはり35歳を過ぎてからの出産を希望する場合、不妊治療を受ける人も多いです。それだけ妊娠できる確率が低下している、ということです。

最近は2人目不妊という言葉もよく聞きますよね。
2人目不妊というのは、加齢も影響しているといいます。
年齢が上がれば上がるほど、不妊の確率が高まり、妊娠できる確率が低下してしまいます。

染色体異常が起きやすくなる

染色体異常児というのは、障がいを持った子供が生まれたり、ダウン症の子供が生まれたりすることです。
この大きな原因となっているのが、卵子の老化です。
決して女性にだけ原因があるわけではないのですが、卵子の数は生まれたときに決まっています。
数も決まっていれば、卵子そのものも年齢によってどうしても老化してしまうでしょう。

卵子もしくは精子の老化が染色体異常につながる可能性があります。
染色体異常が起こる場合、父親由来は20%程度なのにくらべて、残りも80%程度は母親由来なのだそうです。
それだけ女性に大きな原因がある、と考えることができますね。

妊娠でトラブルが起こりやすい

無事に妊娠できたとしても、流産・早産という確率が高まりやすくなるというリスクもあります。
これも染色体異常が原因で起こりやすくなります。
流産は20代だと約10%の可能性で起こりますが、40代になるとその倍、約20%にもなってしまうのだとか。

妊娠中の病気が起こりやすい

妊娠中には気を付けなくてはいけない病気があります。
代表的なのは妊娠高血圧症候群です。
妊娠高血圧症候群とは、血圧が上昇してしまたりして、帝王切開をしなくてはならなくなるとか、常位胎盤早期剥離などにつながることもあります。

それ以外にも妊娠糖尿病が心配です。
流産や早産などを引き起こしやすくなったり、発育不全なども考えられます。
また赤ちゃんが大きくなりすぎて難産になることもあります。

高齢出産のリスクをどう対処する?

8a64918db81f6fe32ed7f1055d083d36_s

高齢出産のリスクを対処するために、大事なのは自己管理です。
妊娠すると食べる物や生活習慣に自然と気を付けるようになると思いますが、妊娠中は自分の思い通りにいかないこともたくさんあります。

そのため、ついつい自己管理が甘くなってしまうことも多いのですが、まずは妊娠する前から自己管理を徹底すること、さらに妊娠してからも人一倍ちゃんと自己管理をすることが大切です。
気にしすぎてストレスになるのもいけませんが、ちゃんと管理することによって「自分は大丈夫」という安心感を持って過ごせるようになります。

ホルモンバランスが崩れないように整える、食生活を改善させる、適度な運動を心掛ける、というようなことが大切です。
また妊娠前から葉酸を摂取するということも大事ではないでしょうか。
いつもの食事にもう一品付け加えて、妊娠中の食生活の改善をしたい!
そんなときはマタニティスープがオススメです。

高齢出産はリスクがあることは知った上で、どうしたら対処できるかを考えてみましょう。
リスクが高いから怖い、と感じてしまいますが、自分自身を知って管理しておけば、安心して出産を待つことができます。
年齢だけで必ず起こるということではないですし、個人差もあります。
決して高齢だからいけないというわけではないですし、若いころにしっかりと働いてきた分、落ち着いて子育てができるというメリットもあるはずです。

あまり恐れず、ちゃんと対処をしながら出産を迎えたいですね。

まなみ

writer/管理栄養士
2人の女の子のママです。職業は管理栄養士でただ今育児休業中。優しいパパに支えられながら、家事育児に奮闘中です。2人の子どもの成長と休日の家族団らんが今の楽しみです。

編集部おすすめ商品

MATERNITY SOUP

妊娠中の栄養補給とマイナートラブルのために

マタニティスープ

妊娠中の食生活が気になるママに。
産婦人科 佐藤病院・妊産婦ケア専門の管理栄養士・お子さんのいるママの声から生まれた
妊娠中のママとおなかの赤ちゃんのためのスープです。

MATERNITY SOUP

妊娠中のママとおなかの赤ちゃんへの贈り物

マタニティスープギフト

これからママになる大切な人への妊娠祝いに。
妊娠中のママが元気に安心してマタニティライフを送れるように
家族や友人みんなで食生活をサポートするマタニティ応援ギフトです。

マタニティスープは妊娠中の女性たちととことん向き合って開発しました

最新記事