つわり・はき気がひどい妊婦さんに・・・。覚えておいてほしいつわり対策5選

マタニティスープは妊娠中の女性たちととことん向き合って開発しました
つわり・はき気がひどい妊婦さんに・・・。覚えておいてほしいつわり対策5選

妊娠したという喜びもつかの間、襲ってくるのはつわりです。
はき気がある吐きつわりは特に多くみられるつわりで、食べ物の匂いを嗅ぐだけで気分が悪くなってしまったり、ちょっとでも食べると身体が受け付けなくなって吐いてしまったり…というような辛い日々が続きます。

中には妊娠がわかる前につわりが始まって、妊娠を喜ぶ暇もなくつわりが襲ってくる、なんてこともあります。
そうなると、辛さが勝ってしまって妊婦生活の先行きが不安ですよね。
妊娠初期を過ぎれば落ち着くとわかっていても、妊娠初期はまだ仕事をしながら妊婦生活を送る人も多いので、つわりがあることで何かと大変です。

ではどうしたらつわり・はき気が落ち着くのでしょうか。
今回は、つわり対策をご紹介します。

つわりの症状が強い妊娠悪阻

15006c5dc132ef13500c614ba09a9584_s

つわりがひどくなると、『妊娠悪阻(にんしんおそ)』と呼ばれるようになります。
中には意識障害を起こしたり、ほとんど食事ができなくなったり、さらに怖い症状を招きやすくなります。
体重が減少し、さらに尿たんぱくなどが出るなどの代謝異常が起こることもあります。
最終的に妊娠を継続させることが難しくなる状態までなってしまう恐れもあり、母体にも命の危険が迫るでしょう。

基本的に無理をしない

つわりがひどいと辛くて精神的にもダメージを受けてしまいますが、それが余計につわりをひどくする原因になります。
つわりがひどいときは、周囲に甘えることも大事です。
辛さを我慢していると余計に周りに迷惑がかかりますし、心配されてしまうので自分自身もいたたまれない気持ちになってしまいます。

つわりのときはゆったりと過ごせるように周りに協力してもらうといいですね。
基本的に無理をしないことが、最大のつわり対策といえます。

食べられる物があれば食べる

吐きつわりになると食べる量が減ったり、ほとんど食べられなくなります。
でも人間は食べないと生きていけないので、食べられるものがあれば食べるようにしましょう。
もしも食べないで過ごしていると、栄養不足になって健康状態が心配です。
もしも食べられるかなというタイミングがあれば、その時に食べたいと思ったものや食べられそうなものを用意して口にしてきましょう。

水分補給は忘れずに

9e72be78cc2d824ebb566f52a850bed2_s

吐き気が強いと心配なのが脱水症状です。
吐いて水分不足になると危険ですので、脱水症状にならないよう水分補給は忘れずにしてください。
水でもはき気が襲ってくるという人もいますが、無理せず少量ずつ飲むようにしてください。

呼吸法で気分を落ち着かせる

気持ち悪い…と思うと、つい呼吸が浅くなります。
そうするとより一層はき気が強くなってしまいがちです。
はき気が軽減させるためにも、落ち着いて呼吸を整えることが大切です。
鼻から大きく息を吸って、口からしっかりと吐く…という呼吸です。

気持ちが焦って気持ち悪い…どうしよう…ということばかり考えると、吐き気は襲ってきます。
それを考えないためにも、呼吸を整えて気分を紛らわしてみてはどうでしょうか。
普段でも緊張するときは深呼吸をすると落ち着くといわれていますが、つわりのときもそれと同様で、気持ち悪いと感じ始めたら、ゆっくりと深い呼吸をしてみましょう。

ゆったりとした運動をする

運動も気分転換に効果的です。
はき気のことばかりを考えてしまうと余計につわりは悪化します。
そのときは、気分転換にゆったりとした動きの運動を取り入れてみましょう。
外で運動をすると吐き気の心配をしなくてはいけないので、家で出来るマタニティヨガやストレッチなどはどうでしょうか。
少し身体を動かすだけで気分が変わってはき気も少し治まるはずです。
そして気分がよくなるので、つわりのことをいつも考えているよりも楽になっていきます。

激しい運動は余計につわりを悪化させる心配があるので、かならずゆったりとした運動を心掛けてくださいね。
妊婦でもできるストレッチなどの運動法については、『運動不足の妊婦さん必読!4つのおすすめ簡単ストレッチ』を参考にしてください。

つわりやはき気があっても飲みやすいマタニティスープ

2015_12_180088

つわりやはき気はとても辛いものなので、無理をして食べる必要はありません。
でも、やっぱり栄養は大切です。
元気な子を育てるために、ママの体力をつけておかなくてはなりません。

そのためにも何か栄養の摂れるものを食べておきたい…という時におすすめしたいのがマタニティスープです。
つわりやはき気があっても飲みやすく、何より味が美味しくて、しかもつわりでも気分が落ち着くような温かさとまろやかな味わいが特徴的です。

人によって向き不向きはあるかもしれませんが、味も選べるのでつわりで普通食が食べられないときなどに食べてみるといいでしょう。
とくに生姜トマトスープは、酸味のあるトマト味でつわりでも飲みやすく、生姜の効果で身体も温めてくれるため、冷え性の妊婦さんにはお勧めの味です。
ぜひマタニティスープでつわりを乗りきってください。

672_560_0002_モニター02
http://maternitysoup.jp/

fba3be6a9c512a3475fac5fd54d28e97.dat
新米ママ A.T

Mama writer
0歳の男の子の子育て奮闘中。子供から教わることばかりですが、日々幸せを感じる育児生活を送っています。お仕事で整体師やエステシャンをやっていたので体の事や美容の事で、少しでも皆様のお役にたてる情報をお届けできたらと思っております。

編集部おすすめ

MATERNITY SOUP

妊娠中の栄誉補給とマイナートラブルのために

マタニティスープ

妊娠中の食生活が気になるママに。
産婦人科 佐藤病院・妊産婦ケア専門の管理栄養士・お子さんのいるママの声から生まれた
妊娠中のママとおなかの赤ちゃんのためのスープです。

MATERNITY SOUP

妊娠中のママとおなかの赤ちゃんへの贈り物

マタニティスープギフト

これからママになる大切な人への妊娠祝いに。
妊娠中のママが元気に安心してマタニティライフを送れるように
家族や友人みんなで食生活をサポートするマタニティ応援ギフトです。

マタニティスープは妊娠中の女性たちととことん向き合って開発しました

最新記事