やめられない妊娠中のおやつや間食・・・増え続ける体重を管理する方法は?

マタニティスープは妊娠中の女性たちととことん向き合って開発しました
やめられない妊娠中のおやつや間食・・・増え続ける体重を管理する方法は?

妊娠すると食生活に気を配りますよね。
自分が口にした食べ物の栄養が赤ちゃんに通じていると思うと、できるだけいいものを食べなくては…お腹の中の赤ちゃんのためになるものを摂りいれなくては…と思うものです。
自分一人の身体だったころでは考えられないぐらい、口にするもの一つ一つが気になってくるでしょう。

でも、間食ってどうしてもしたくなりますよね。
ついついおやつに手が伸びてしまったり、ストレスを溜めるのはいけないから…という口実で間食をしてしまったり…心当たりはありませんか?
やめたいと思っていてもやめられない、妊娠中のおやつや間食は、あまり続けていると体重を増やし続けてしまいます。

妊娠しているとはいえ、体重は増え続けてもいいわけではありません。
しっかりと管理することが、赤ちゃんを無事に出産するために忘れてはいけないことです。

妊娠中のおやつや間食はどう付き合っていけばいいのか、そして体重管理はどうしたらうまくいくのか、ご紹介します。

妊娠中のとまらない体重…どうするべき?

%e3%82%84%e3%82%81%e3%82%89%e3%82%8c%e3%81%aa%e3%81%84%e5%a6%8a%e5%a8%a0%e4%b8%ad%e3%81%ae%e3%81%8a%e3%82%84%e3%81%a4%e3%82%84%e9%96%93%e9%a3%9f%ef%bd%a5%ef%bd%a5%ef%bd%a5%e5%a2%97%e3%81%88%e7%b6%9a

妊娠中は体重が増えるもの

妊娠すると、誰でも体重が増えます。
スレンダーだった女性でも、妊娠すると体重は最低でも5キロ、痩せ気味の人なら10キロ近く増量するでしょう。
増える体重には個人差がありますが、ある程度増えるものです。

その内訳は、赤ちゃんが最終的な体重で3キロ前後、羊水や胎盤などが1キロから2キロ、そしてそれ以外は脂肪が主ですね。
元々の体型が太り気味の人は、5キロから7キロ程度の増加が理想とされています。
5キロというと、本当に必要最低限のキロ数ですね。
元々脂肪がついている体型なので、出産前にあえて脂肪を増やす必要はありません。

反対に痩せ気味で脂肪がついていない人は、出産する前に脂肪をある程度つけて、出産に耐えられる身体になる必要があります。
そのため、体重の増加は10キロから12キロぐらいです。
赤ちゃんの重さと羊水や胎盤の重さが合わせて5キロだとすると、それ以外にも体重を増やすことができます。

妊娠中は太りやすい?

妊娠中は体重が増えるものですが、その体重は本当に意味のある体重でしょうか?
妊娠中は太って当然、体重が増えて当たり前なのですが、むやみに太るのはおすすめできません。

通常、妊娠すると肥満になりやすく太りやすくなります。
それはどうしてかというと女性ホルモンの影響や、食生活、生活習慣が大きく関係します。
妊娠すると体調の変化などで、食生活や生活習慣は変わっていませんか?

つわりのときに食べられない毎日を送っていると、「食べられるものだけ食べたらいい」と言われますよね。
食べられるもの=お菓子だった場合、太りやすくなる危険があります。

体重が増えすぎて発生する問題

14670710_1092485920828930_6558262018134146786_n1

・出産が大変になる

体重が増えすぎている肥満妊婦になってしまうと、出産がとても大変です。
脂肪はあらゆるところにつきます。
実は赤ちゃんが出てくる産道にも脂肪がついて、本来の産道よりも狭くなります。
狭くて赤ちゃんが出にくくなるので、その分出産に時間がかかり難産となる可能性が高まるでしょう。
難産になると母親も体力を使いますし、赤ちゃんも出てくるのが大変です。
安産を目指しているなら、体重の増えすぎにはきをつけなくてはいけません。

また弱い陣痛の微弱陣痛が続きやすくなるので、やはり難産になりやすいといえるでしょう。

・腰痛を感じやすい

妊娠するとお腹の中に赤ちゃんを抱えて生活することになるので、重さが結構あります。
妊娠初期の段階から、赤ちゃんが成長するために環境が整い始めるので、今まで感じたことのない腰痛の襲われる妊婦さんが多いです。
本格的にお赤が大きくなっていくと、そのお腹を支えるために腰に力が入ってしまうので、ほとんどの妊婦さんが腰痛で悩むと言ってもいいほどでしょう。

肥満で体重が増えた妊婦さんは、さらに腰痛で悩む可能性が高いです。
脂肪が増えているので、その分をさらに腰が支えなくてはいけません。
赤ちゃんや羊水・胎盤が増えただけでも腰に過度な負担がかかっているのに、さらに多くの重さを感じて、腰が悲鳴をあげてしまうのです。
一度腰痛になると、出産してからもちょっとしたことで痛みを感じるようになったり、長い付き合いになってしまいます。

・妊娠高血圧症候群になりやすい

妊娠高血圧症候群というのは、以前まで妊娠中毒症と呼ばれていました。
妊娠中に高血圧になったり尿たんぱくがでたりすることです。
悪化すると赤ちゃんにも母体にも悪い影響がある症状です。
赤ちゃんは発育不全を招きやすくなる、といわれています。

・妊娠糖尿病になりやすい

妊娠中の血糖値が高くなることを妊娠糖尿病と呼びます。
妊娠糖尿病が妊娠高血圧症候群を招きやすくしたり、巨大児などのリスクも高めます。
赤ちゃんにとって悪い影響を与えやすい症状です。

どうして妊婦は甘いものが食べたくなるの?

妊婦になると、普段は甘いものが食べたくなかった人でも、甘いものを欲するようになるといわれています。
もちろん中には甘いものを受け付けなくなる妊婦さんもいるのですが、多くの人が甘いものを好んで食べます。

それは人間の本能がそうさせているのです。
赤ちゃんは成長するためにたくさんの栄養・エネルギーを必要とします。
そうなると、ママの身体はカロリーが高い、甘いものが欲しいと感じるようになります。
少量でも高カロリーな甘いものを、自然と求めているのですね。

間食がもつメリット・デメリット

05e204bd9028a0443febe5b1080fca81_s

間食のメリット

・少ない量でカロリーが補える

お菓子はほとんどが、高カロリーですよね。
その影響で太りやすくはなるのですが、あまり食べられない時期などは少量で高カロリーが摂取できるお菓子が役立ってくれます。
量は食べられないけれどカロリーが足りない、となったときにはお菓子の出番ですね。

・空腹を抑えることができる

お菓子に限ったことではないのですが、少し小腹がすいたなぁと思ったときに、間食したくなりますよね。
空腹を我慢しすぎて、やっとの思いで食事をすると、食事とともに血糖値が急激に上昇してしまいます。
血糖値の急激な上昇は皮下脂肪の蓄積を次第にすすめてしまいますが一時的に空腹を抑えることができます。

間食のデメリット

・だらだらと食べてカロリーオーバー

お腹がすいたら食べればいい、と思っておやつや間食をしていると、自然とだらだら食べるのが習慣になってしまいます。
特に妊娠して仕事を退職したり産休をとって家でのんびりするような生活を送っている妊婦さんは危険です。

あまり体を動かすことがないのに、カロリーだけ摂取してしまいますね。
通常妊娠中は2000キロカロリーから2500キロカロリーの摂取が必要といわれていますが、おやつや間食が多いと、簡単にこの適切なカロリーをオーバーしてしまいます。
妊娠前に食べてた食事に、茶碗1杯分のご飯を加えた量が、妊娠中に必要と言われているカロリーです。
想像しているよりも、妊娠中に食べてもいい量って限られていると思いませんか?

妊娠していたら2人分食べるべき、なんていわれていた時代は終わりました。
今ではどの産婦人科でも、食べ過ぎないようにと制限がかかっていますし、厳しく指導されるでしょう。
おやつや間食は、だらだら食べるのを癖にしてしまうので、妊婦にとってカロリーオーバーになりやすいのです。

栄養のある間食をしよう

間食やおやつは、絶対に食べてはいけないというわけではありません。
妊娠中のイライラやストレスなどがあったり、ちょっと一息つきたいときには、おやつを食べるだけで心がほぐれますよね。

心掛けてほしいのは、間食やおやつをするのであれば質が良い物を選ぶ、ということですね。
砂糖ばかりが使われているおやつではなくて、栄養素が含まれていて、食べることで役立つおやつがいいですね。
砂糖ではなくオリゴ糖を使っているだとか、カロリー控えめでおいしく食べられるおやつを探してみるのも楽しいですよ。
そういったおやつを知っておけば、産後に増えた体重を戻すときのダイエットにも利用することができます。

特におすすめしたいのが、妊娠中はたくさんの量を必要とする、葉酸ですね。
葉酸は普段の食事で摂取できているといいのですが、妊娠中は不足しがちです。
意識して葉酸を摂取している妊婦さんも多いと思いますが、おやつで葉酸を補えたら楽ではないでしょうか。

時間帯を考える

おやつや間食をする場合、時間帯にも気を付けましょう。
夜遅くに食べると脂肪として蓄積しやすくなるので、カロリー消費量が多い昼間、おやつの時間といわれている午後3時ぐらいを意識して食べるようにしてください。

間食にしてほしい、マタニティスープ

2015_12_180085

甘いものを間食にするのは、体重の増加もあるので控えたい、だけどやっぱりお腹はすきますし、お腹のすきを満たすために間食をしたくなりますよね。
そこでオススメしたいのがマタニティスープです。
マタニティスープは、間食にOKというよりも、ぜひ間食で飲んでもらいたいスープです。

その理由は、マタニティスープに含まれているたっぷりの栄養素です。
スープは低カロリーで1杯あたり50キロカロリーなのですが、栄養満点です。
葉酸・ビタミン・ミネラルといった栄養がバランスよく入っていて、間食をすることで栄養が補えます。

妊婦さんにとって飲みやすい味にこだわっているので、間食にしたくなるおいしい味わいです。
もちろん飲み応えもあるので、お腹のすきも満たしてくれるでしょう。
間食やおやつというと、ついつい甘いものを食べてしまいがちなのですが、スープを間食にして、栄養補給をしながら小腹を満たしませんか?

マタニティスープお試しセット実施中!!

スクリーンショット 2017-03-06 11.03.14送料無料の8食入りマタニティスープお試しセット(4種類の味)を楽天市場で発売中です。
お試し価格:1,250円(税込・送料無料)

『ほうれん草とじゃがいものポタージュ』『とうもろこしと豆乳のポタージュ』『がごめ昆布入り海藻スープ』『生姜トマトスープ』各2食入り

※お試しセットの内容は変更になる場合がありますので、詳しくは楽天市場の公式サイトで確認してください。
スクリーンショット 2017-03-14 15.00.36

c95ffbd08b669f535f83df000895065f.dat
宮川修一

株式会社ベジタル 代表
ウェルネス・アンバサダー
2011年12月生まれと2015年5月生まれの男の子の父。サラリーマン時代にスープ専門店を経営。妻の妊娠を期に、子供の食育はお腹の中から始まっていることを知り、産前・産後の健康をサポートするマタニティスープを開発。プレママ・ママが住みやすい環境づくりを応援するためベイビースタイル、まえばしマタニティサークルなどを実施中。

編集部おすすめ

MATERNITY SOUP

妊娠中の栄誉補給とマイナートラブルのために

マタニティスープ

妊娠中の食生活が気になるママに。
産婦人科 佐藤病院・妊産婦ケア専門の管理栄養士・お子さんのいるママの声から生まれた
妊娠中のママとおなかの赤ちゃんのためのスープです。

MATERNITY SOUP

妊娠中のママとおなかの赤ちゃんへの贈り物

マタニティスープギフト

これからママになる大切な人への妊娠祝いに。
妊娠中のママが元気に安心してマタニティライフを送れるように
家族や友人みんなで食生活をサポートするマタニティ応援ギフトです。

マタニティスープは妊娠中の女性たちととことん向き合って開発しました

最新記事