アルコールは大敵!?妊娠中にお酒がダメな3つの理由とは

マタニティスープは妊娠中の女性たちととことん向き合って開発しました
アルコールは大敵!?妊娠中にお酒がダメな3つの理由とは

妊娠すると腰痛や頭痛がしたりと、身体にこれまでに経験したことのような、いろいろなトラブルが起こりますよね。
さらに、思うように身体が動かず、気持ちもイライラすることが多くなると思います。
そんなストレスに悩まされる妊婦さん。
妊娠前であれば、そんなときは「お酒を飲んでストレス解消!」という方も多かったように思います。

けれど、妊娠中のアルコール摂取は厳禁です。
ママが食べたり飲んだりしているものは、胎盤を通って赤ちゃんへと運ばれます。
それはアルコールでも同じです。
「少量なら大丈夫」「週に一度程度なら」という情報もあるようですが、少量でも赤ちゃんにアルコールが運ばれてしまうことを考えると、やはりアルコールは厳禁です。

また、妊娠中のアルコール摂取は、未成年より危険だと言われています。
未成年のアルコール摂取の影響については、耳にしたことがある方も多いと思います。
未成年のうちに飲酒をしてしまうと、集中力の低下を招いたり、脳の発達に影響を与えたりします。
加えて、骨や筋肉にも悪影響を及ぼします。
では、胎児の場合はどのような影響があるのでしょうか。
胎児へのアルコールの影響としては先天性障害のリスクがあり、未成年の飲酒よりも深刻かもしれません。
今回は、このような胎児へのリスクを少しでも減らすために”妊婦さんがアルコール摂取を避けるべき3つの理由”を紹介させていただきますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

妊娠中にお酒がダメな3つの理由

1 胎児性アルコール症候群のリスク

01

アルコールは危険!と書いてきましたが、その大きな理由の一つが“胎児性アルコール症候群”のリスクです。
胎児性アルコール症候群とは、妊娠中の飲酒によって生まれてくる赤ちゃんに障害や奇形などが現れる症状です。
この症状には、具体的には次の3つの特徴が挙げられます。

「容姿の変形」

胎児性アルコール症候群の子供の特徴としては、目などのパーツが小さかったり、平らな顔立ちがあげられます。
鼻が低く小さかったり、頭が小さいことも特徴です。
また、容姿だけではなく、関節の奇形などが生じる可能性もあります。

「精神の発達への影響」

注意欠如多動性障害(ADHD)がみられる場合があります。
こうした障害は、軽度であればなかなか気づきにくく、本人の自己肯定感に影響を与える場合もあります。

「体の発達への影響」

お腹の中での発育に問題が起こり、低体重や低身長の症状がみられる場合もあります。

以上、容姿や精神、体の発育への影響をあげましたが、これらの症状はアルコールを取らなければ、予防できるものばかりです。
おなかの赤ちゃんのためにも、妊娠中のアルコールは避けましょう。

2 胎児はアルコールを分解できない

03

二つめは“胎児はアルコールを分解することができない”という理由が挙げられます。
大人であれば、お酒を飲んだとしても、そのアルコールを肝臓で分解することができます。
でも、胎児はまだ肝臓などの臓器ができていないということもありますし、またできていたとしても未発達なため大人と同じようには機能しません。
そのため、お母さんの胎盤から運ばれてきたアルコールは、分解されず身体の中に長く留まることになり、悪影響を与えることになります。

3 流産や死産の可能性も

1a824286457fbae7e12e5243a526de1b_m

三つ目は、流産や死産の可能性についても触れておきたいと思います。
もちろん、お酒を飲んだからといって、流産するわけではありませんが、その可能性は高くなります。
「一人目が大丈夫だったから」という声も時々聞きますが、それはたまたま一人目の赤ちゃんが大丈夫だっただけかもしれません。

以上、妊婦さんの飲酒が赤ちゃんに与える影響についてお伝えしましたが、最後に料理酒とノンアルコール飲料について解説したいと思います。

料理酒とノンアルコール飲料は大丈夫?

94254d8d81db8397eb5a22d4b9f34654_s

料理酒

まず、料理に使われるお酒にはワインや日本酒、みりんなどがあります。
料理をする際によく使うという方が多いと思いますが、これらの料理酒については問題ありません。
なぜなら、調理の際に加熱するため、アルコールは蒸発してしまうからです。
ただし、加熱しないとなくならないため、加熱しない料理の場合は使わないようにしましょう。

ノンアルコール飲料

ノンアルコールビールなどの、いわゆるノンアルコール飲料についてですが、これについては注意が必要です。
法律上、アルコール度数が1%未満であればノンアルコール飲料と表示することができます。
そのため、ノンアルコール飲料にも微量ですがアルコールが含まれているものがあるのです。
たとえ1%未満であっても、そのアルコールが蓄積することで赤ちゃんに影響が出てしまうのです。
ノンアルコール飲料を飲む際には、必ずアルコール表示を確認しましょう。

妊娠中はストレスが溜まりやすい時期であり、ストレスを発散させるためにお酒が飲みたくなるかもしれません。
しかし、アルコールは胎児にとって良いことはありません。
お酒に頼らないストレス発散方法を見つけてみましょう。

fba3be6a9c512a3475fac5fd54d28e97.dat
A.T

Mama writer
男の子の子育て奮闘中。子供から教わることばかりですが、日々幸せを感じる育児生活を送っています。お仕事で整体師やエステシャンをやっていたので体の事や美容の事で、少しでも皆様のお役にたてる情報をお届けできたらと思っております。

編集部おすすめ

MATERNITY SOUP

妊娠中の栄誉補給とマイナートラブルのために

マタニティスープ

妊娠中の食生活が気になるママに。
産婦人科 佐藤病院・妊産婦ケア専門の管理栄養士・お子さんのいるママの声から生まれた
妊娠中のママとおなかの赤ちゃんのためのスープです。

MATERNITY SOUP

妊娠中のママとおなかの赤ちゃんへの贈り物

マタニティスープギフト

これからママになる大切な人への妊娠祝いに。
妊娠中のママが元気に安心してマタニティライフを送れるように
家族や友人みんなで食生活をサポートするマタニティ応援ギフトです。

マタニティスープは妊娠中の女性たちととことん向き合って開発しました

最新記事