マタニティヨガって何?妊娠中のヨガの驚きの効果とは??

マタニティヨガって何?妊娠中のヨガの驚きの効果とは??

妊娠すると、お腹の中の赤ちゃんを大事にするために安静にしなくてはいけないような気がします。
確かに安静にしなくてはいけない人もいるのですが、妊娠初期を過ぎて安定期に入ってからは、比較的楽になって妊娠中でも身体を動かしてOKといわれるようになります。
でも、妊娠するとさすがに激しい運動はできなくなります。
お腹が大きくて邪魔をするようになればなおさらですし、そもそも激しい運動は妊娠中NGとなっているからです。

では妊娠中にはどんなことをして体を動かせばいいのかというと、マタニティヨガをおすすめします。
マタニティヨガは妊娠中に行うヨガで、驚きの効果があるといいます。
マタニティヨガとはいったいどんなヨガなのか、そしてヨガをすることによって感じられる効果についてご紹介します。

マタニティヨガって何?

e4f5dc3babb4faef4aa10d084e80d3c2_s

マタニティヨガは、普通のヨガとそれほど変わらず、ヨガを妊娠中の人向けに改良したものです。
動きは基本的にゆっくりの有酸素運動です。
普通のヨガと大きく違うところといえば、お腹を圧迫したり刺激したり、負担をかけないようにするところですね。
筋肉をほぐして柔らかくすることや、呼吸法を整えることによって血流の改善やリラックス効果などは普通のヨガと同じです。
ただし、普通のヨガは体幹を鍛えるための目的があります。
インナーマッスルをつけられるので、ヨガをしていると自然と姿勢がよくなる、といいますよね。

でもマタニティヨガの場合は、妊娠中に感じやすい症状や悩みを解消するためにおこないます。
むくみ、冷え、ストレスなどですね。
ヨガは自分と向き合うことが大切です。
お腹の中の赤ちゃんを今自分が育てていることを実感しながら、そして今どんな状態になっているのか、などを落ち着いて考えられる時間になるはずです。

マタニティヨガを始めよう

マタニティヨガは、安定期に入ってから始めるのが基本です。
それより前の妊娠初期だと、まだ不安定な状態で身体を動かしたら危険だからです。
またつわりもあるので、ヨガで無理やり身体を動かすとつわりがひどくなる人も多いでしょう。
妊娠初期はゆったりと過ごして自分の時間を大切にするために、運動は控えた方がいいですね。

安定期にはいれば、激しい運動を避ければ可能です。
ヨガはあくまで筋肉をほぐしたりリラックスしたりというような目的なので、妊娠していてもできます。

マタニティヨガで感じられる効果

a34d467a8d441233dec6a07aa6b20e16_s

マタニティヨガをすることでどんな効果が感じられるでしょうか?

筋肉をほぐしてコリを解消

妊娠初期にあまり体を動かさないまま生活していると、筋肉はこりかたまってしまいます。
筋肉はこりかたまってしまうと、身体が何だか動かしづらい、重い、だるいと感じます。
無理に動かすと筋肉が傷んでしまうので、気を付けてください。
ゆっくりと動かしてほぐしてあげることでコリが解消されていきます。

骨盤を整えることで安産になる

できるだけ出産は楽な方がいい、と思うのは当然です。
実はマタニティヨガには安産効果も期待できます。
その理由は、骨盤を整えるからです。
骨盤がしっかりといい状態になっていれば、すんなりと赤ちゃんは出てきてくれます。
でも反対に骨盤がずれていたりすると、うまく出られなくて出産に時間がかかります。
難産になればなるほど、出産するママも生まれてきたい赤ちゃんにも負担はかかってしまうでしょう。
できるだけ負担をかけずに安産になるよう、骨盤を整えておきたいですね。

自律神経の調整でリラックスする

自律神経の乱れはイライラや落ち込みを招きます。
妊娠しているといろいろなことに過敏になりやすいですが、リラックスする時間も大事にしてください。
ヨガで自律神経が調整され、リラックス効果も得られます。

体重増加を防ぐ

妊娠してから増やしていい体重は、元の体重によって制限があります。
昔は食べられるだけ食べておいたおうがいい、なんてよくいいましたが、今はそうではありません。
食べ過ぎると妊娠中に体重増加しすぎてしまって、出産が辛くなったり、妊娠高血圧などの症状に悩まされやすくなるからです。
増加してもいい体重よりも増やさないように、マタニティヨガで身体を動かし、体重増加を予防しましょう。

赤ちゃんとコミュニケーションをとる

まだ生まれてきていない赤ちゃんですが、お腹の中から話をちゃんと聞いています。
またママが今どんな状態確認しています。
マタニティヨガで赤ちゃんとコミュニケーションを取りながら、これから生まれてきてくれる我が子に語り掛けたりして、お腹の中にいるときからマタニティヨガでケアしていきたいですね。

マタニティヨガで妊娠中も運動

812069ac345a55b3b6b445a3294a3459_s

運動というほど動きは激しくないですが、やはりマタニティヨガでもやりきると適度な疲労感があります。
妊娠中だからと運動をしないことは、特別な理由がない限り避けたいですね。
身体を動かして、安心して出産を迎えられる準備をしましょう。

まなみ

writer/管理栄養士
2人の女の子のママです。職業は管理栄養士でただ今育児休業中。優しいパパに支えられながら、家事育児に奮闘中です。2人の子どもの成長と休日の家族団らんが今の楽しみです。

編集部おすすめ商品

MATERNITY SOUP

妊娠中の栄養補給とマイナートラブルのために

マタニティスープ

妊娠中の食生活が気になるママに。
産婦人科 佐藤病院・妊産婦ケア専門の管理栄養士・お子さんのいるママの声から生まれた
妊娠中のママとおなかの赤ちゃんのためのスープです。

MATERNITY SOUP

妊娠中のママとおなかの赤ちゃんへの贈り物

マタニティスープギフト

これからママになる大切な人への妊娠祝いに。
妊娠中のママが元気に安心してマタニティライフを送れるように
家族や友人みんなで食生活をサポートするマタニティ応援ギフトです。

マタニティスープは妊娠中の女性たちととことん向き合って開発しました

最新記事