体がだるい…妊娠のせい??

体がだるい…妊娠のせい??

なんだかだるいな・・・と、思っていたら妊娠していた!と気が付いたかたも多いのではないでしょうか。
「体がだるい」や「眠気」は、妊娠初期に妊婦さんが感じやすい症状なのです。
今回は、妊娠中の「体がだるい」や「眠気」の原因と、自宅でも手軽に出来る解消法をお伝えしていきます。

「体がだるい」は妊娠初期に感じる症状のひとつ

赤ちゃんをお腹に迎え、ママのからだにもたくさんの変化が起こります。
・だるさ
・眠気
・朝目覚めた時の急な頭痛
・吐き気
・全身のほてり
・からだのむくみ
・便秘や下痢
・肌荒れやニキビ、シミが増える
・おっぱいが痛い
・イライラする

多くは生理前に感じる症状なのですが、妊娠初期はそんな生理前の症状がさらに強くなって現われます。

でも…どうして妊娠するとだるいの?

妊娠によるホルモンの分泌量が影響しています。
「卵胞ホルモン(エストロゲン)」「黄体ホルモン(プロゲステロン)」の分泌が盛んになります。
黄体ホルモンは、子宮内を正常に整えてくれ、妊娠を正常に維持させる為には無くてはならない大事な存在ですが、その反面、分泌量が増えると不快症状を引き起こしやすくなります。

主な症状は肌荒れや頭痛、ほてり、便秘、吐き気、イライラ、めまいなど生理前に感じるものが多いですが、その中に「眠気」や「だるさ」も含まれています。
また、ホルモンの急激な変化で自律神経を狂わせてしまうこともあります。
「なんとなく不調だな…」、「気分もいまいち乗らないし、落ち込みがち…」そんな風に感じる方も多いのではないでしょうか。

肉体的にも精神的にも不調だと、疲れやすく、だるさを感じます。
ちょっとしたことでエネルギーを使い、疲労感をいつもより感じてしまうのです。
そして子宮で育つ赤ちゃんのために、多くの血液が必要となります。
そのため、大量の血液が子宮に集中してしまい、多くの妊婦さんが貧血になりやすく、また、立ちくらみ、めまい、動悸は疲労にもつながるのです。

個人差があるので、希に症状がない方もいるようですが、ほぼ全ての妊婦さんが通る道なのではないでしょうか?

このだるさはいつまで続くの??

だるさや眠気は妊娠4ヶ月目(16週)頃にはピークが過ぎ収まる方が多いと言われています。
これには理由があり、からだの中で目まぐるしい変化がある妊娠初期の「つわり」がある程度治まり、妊娠中期(安定期)に移り変わることで心もからだも安定し、症状が落ち着いてくるようです。

だるさを引き起こす黄体ホルモンの分泌量は妊娠8ヶ月(31週)頃まで増え続けていくので、絶対に症状が解消するわけではありません。
1つの目安として覚えておくといいかもしれませんね。

妊娠初期にだるいのは貧血が原因かも?

妊娠中の貧血は、赤ちゃんへの鉄分供給を優先することで起きます。
軽度の貧血であれば、目立った自覚症状はありません。
ですが、重度の貧血になると、動悸や息切れ、頭痛、めまいなどが現れます。
また、朝起きられない、やる気が出ない、倦怠感があるなど、体がだるく感じる人もいます。
こうした自覚症状が現れたら貧血がひどくなっていると考えて早めにかかりつけの産婦人科医に相談してください。

妊娠中の貧血対策

日常生活の中でできることは、食事を見直し、だるさを感じる一因である貧血を改善することです。
鉄分を豊富に含む食材を、意識的にメニューに取り入れてみましょう。

レバーやひじき、ホウレンソウなど、鉄分を多く含むものを食べることも大切ですが、人間の身体への吸収率は10%程度です。
1日に身体からおよそ1mgの鉄が排出されるため、これを補うためには毎日10mgの鉄分を摂取する必要があります。
さらに妊娠時は倍以上の鉄分が必要となります。

鉄分だけではなく、鉄分の吸収を促進する食材も摂る必要があります。
血液を作るために必要な栄養素には、ビタミンB12・葉酸・ビタミンB6があります。
ビタミンB12は「赤いビタミン」とも呼ばれ、レバー・肉類・卵・牛乳などに多く含まれています。
これらの食品を日常的に摂取することを心がけてください。

ただし、レバーは鉄分が豊富ですが、ビタミンAも多く含まれている食材なので、妊婦さんは食べすぎに注意が必要です。
妊娠中にビタミンAを過剰に摂取すると、胎児が奇形・先天異常などの障害を持った状態で生まれてくる可能性が高まるといわれ、厚生労働省も過剰摂取しないように注意喚起しています。

ビタミンB群のひとつである葉酸は、レバー・貝類・キャベツ・パセリ・ニンジン・トマトなどの野菜類、バナナやメロンなどの果物類に多く含まれています。
ヘモグロビン生成に欠かせないビタミンB6は、ホウレンソウ・ピーナッツ・大豆・バナナなどに含まれています。

妊娠には欠かせない「葉酸」

葉酸は、水溶性のビタミンB群のひとつです。
たんぱく質や細胞を作る際に必要なDNAなどの核酸を合成するために大切な役割を担っています。
また、赤血球の細胞の形成を促し、血液を作るサポートもします。
お腹の中の赤ちゃんの細胞分裂にも大きく関わっているため、妊娠中のママはもちろん、おなかの赤ちゃんにも欠かせない栄養素なのです。

ママの強い味方!マタニティスープ

貧血と診断されると病院で鉄剤を処方されたり、薬は嫌だからと市販されているサプリメントを購入したりすると思います。
しかしこれらの多くは錠剤型をしています。
つわりの時期は、鉄剤独特の匂いや、錠剤を飲み込むこと事体が苦痛になっていて、わざわざ砕いて何かに混ぜているという方も多いと思います。

そんな貧血になりやすい妊婦さんにオススメなのがマタニティスープです!
マタニティスープはママと赤ちゃんに必要な葉酸と鉄分がたっぷり含まれています。
現役のママさんたちの声をもとに、産婦人科と栄養士さんが作りました。
安心、安全にもこだわっていて、1杯のスープにママとおなかの赤ちゃんに必要な栄養が、ギュッと詰まっています!
※マタニティスープ1杯で鉄分10mg、カルシウム300mg、葉酸200㎍も摂れます!

作り方もとっても簡単!
粉末のスープですので、お湯を注いでかき混ぜるだけ!
手軽に持ち運びができて飲めるので、職場で普段の食事にプラスするのもよし!
自宅でちょっとほっこりしたい時のお供にもよし!
妊娠中のだるさを感じたら、リラックスタイムを取りながら、必要な栄養素も一緒に摂ってみてはいかが?

妊娠中の「だるさ」とうまく付き合っていくためにお手軽解消方法!

お腹の中で赤ちゃんを感じられる10か月間。
日中のだるい症状に悩まされるかもしれませんが、少しでも快適に過ごしたいですよね。そんな時こんな事を心がけてみてください。

妊娠中の無理は禁物!疲れたら休もう

妊娠初期は赤ちゃんの形成にとても大事な時期です。
だからこそ「疲れたら休む」という習慣を心がけてください。

妊娠すると、つわりや眠くなったり、だるさなど、疲れやすく休みたくなるのは、赤ちゃんを守るための自然な現象なのです。
だるくなったら横になって休む、疲れて動けないときは座って休む、というように体をしっかり休めましょう!
十分な休息は十分な血流循環でしっかりとした胎盤を作ることにもつながります。

リラックスできる時間を大切にして!

自律神経の乱れもだるさや疲れを生む理由のひとつです。
まず自律神経を整えるようリラックスしましょう。
自分の好きな音楽、好きな空間、楽しい時間、リラックス出来る時間を作るように心がけましょう。

まとめ

妊娠初期のママのからだは胎盤を形成しお腹の赤ちゃんを元気に育てていくために目まぐるしく変化をしている非常にデリケートな時期です。
だるさや眠気は「からだが休息を必要としているサイン」です。
そんな時は何にもせず、ゆっくりするのが良いでしょう。
無理は禁物です!
お腹の赤ちゃんの成長を感じながら、楽しいマタニティライフを過ごしてくださいね。

*re-na*

Mama writer
二人の女の子のmamaです。仕事に家事にと、忙しく過ごす毎日ですが、今しか味わえない子供の成長を大事に日々を楽しんでいます。先輩mamaライターとして、みなさまにお届けしていきたいと思います。

編集部おすすめ商品

MATERNITY SOUP

妊娠中の栄養補給とマイナートラブルのために

マタニティスープ

妊娠中の食生活が気になるママに。
産婦人科 佐藤病院・妊産婦ケア専門の管理栄養士・お子さんのいるママの声から生まれた
妊娠中のママとおなかの赤ちゃんのためのスープです。

MATERNITY SOUP

妊娠中のママとおなかの赤ちゃんへの贈り物

マタニティスープギフト

これからママになる大切な人への妊娠祝いに。
妊娠中のママが元気に安心してマタニティライフを送れるように
家族や友人みんなで食生活をサポートするマタニティ応援ギフトです。

マタニティスープは妊娠中の女性たちととことん向き合って開発しました

最新記事