先輩ママがオススメする妊娠中のかんたん便秘解消法

先輩ママがオススメする妊娠中のかんたん便秘解消法

少子化とは言われていても、街の中で妊婦さんを見かける機会は意外と多くあります。
特に妊娠について少し知識を得たうえで、少し意識して町を歩いてみると、妊婦さんが想像以上に多く歩いていることに気が付きます。
通勤電車やバス、ショッピングモールなど様々なところでお腹の大きくなった人やマタニティマークを見る機会があります。

妊娠すると体には色々な変化が現れるものです。
胃が痛くなったり、下痢になってしまったり、中でも苦しむ人が多いのが便秘です。

まずはなぜ妊婦さんは便秘になりやすいのか。
その原因を5つご紹介します。

妊娠中の便秘の原因

07

【1 ホルモンバランスの乱れ】

妊娠中に増加するホルモンの一つにプロゲステロンという成分があります。
これは子宮の内部の状態を整えたり、赤ちゃんに栄養を送るための胎盤をつくったりするためのホルモンです。
プロゲステロンは胎盤をつくる以外に、筋肉が収縮するのを抑える機能もあります。
筋肉が収縮するとお腹の中の赤ちゃんが圧迫されてしまうので、それを抑えてくれているのです。

しかし、筋肉が収縮するのを抑えることで、腸のぜん動運動をにぶくさせて便秘が起きてしまうのです。

【2 食生活の変化】

便秘には食べ物が大きくかかわります。
妊婦さんはつわりが大変なので、食欲がわかなくなってしまい、食べられるものに偏りが出てしまいます。
その結果、食物繊維や水分が不足してしまい、便がかたくなってしまうのです。

【3 疲労やストレス】

妊娠中は、体調や生活の変化によって疲れやすくなります。
そして色々なことでストレスを感じやすくなります。
体も心も負担を感じてしまうと、体の機能を調節してくれる自律神経が乱れ、腸の動きにも悪影響を与えてしまいます。
その結果、便秘になりやすくなってしまいます。

【4 運動不足】

運動の量がへってしまうと、腸の動きがにぶくなってしまい、便秘になりやすくなってしまいます。
妊娠中は体を動かすのが大変ですし、そもそも運動もできません。
そのため運動不足になりやすいのです。

【5 子宮の大きさ】

子宮が大きくなると胃や腸を圧迫してしまいます。
腸が圧迫されると便が出にくくなってしまい、便秘になります。
大きくなればなるほど圧迫されるので、妊娠が進むほど便秘がひどくなってしまうケースが多いようです。

それでは具体的に妊婦さんの便秘を解消するための対策を5つご紹介します。
日常生活の中で取り入れてみてください。

妊娠中の便秘の解消法

5192c544982c44624b6ee867e8604779_s

【1 水分を補給する】

便秘の解消には水分補給がとっても大切です。
妊娠中は水分が排出されにくくなってしまうので、積極的に水を飲むようにしてください。
朝の水分補給は特に効果があります。
寝ているときに失われた水分不足が解消できるだけでなく、胃腸が刺激されて動きが活発になり、便が出やすくなるからです。

朝起きたらすぐにコップ一杯の水を飲むことを習慣化すると、目覚めもすっきりするのでおすすめです。

【2体を温める】

体が冷えていると腸の動きが低下してしまい、便が出にくくなってしまいます。
ですので、半身浴やフットバスなどで体を温めるようにしてください。

半身浴は妊娠中に限らず、リラックス効果がある健康法として知られています。
自宅のお風呂でも手軽にできる方法なので是非、試してみてください。

【3 適度な運動をする】

便秘の解消に適度な運動は欠かせません。
でも、妊娠中は体を動かすことに不安を感じる人もいると思います。
激しい運動をする必要はありません。
まずは軽いウォーキングからはじめてみましょう。
軽く汗をかくくらいで十分です。無理をせず、継続しましょう。

運動をするとストレスも解消できます。
ストレスを解消して自律神経を整えると、腸の動きもよくなり、便の出もよくなります。

距離を決めずに、「毎日歩く」ということだけを決めてみる方法もおすすめです。
その日の気分や体力によって距離は変えてもいいと思います。
あまりこだわらずに、体を動かしてみると気分もすっきりしてきますよ。

【4 生活リズムを整える】

生活リズムが不規則になっているとホルモンバランスが乱れてしまい、ストレスを感じやすくなり、便秘になりやすくなってしまいます。
十分な睡眠をとるようにして、早寝早起きをしましょう。
また、栄養バランスも大切です。

つわりがひどいときは栄養バランスも、食べる時間も考えられないと思います。
そんなときはつわりを乗り越えることを優先しましょう。

食物繊維や水分の多いものをできるだけ選んでたべると効果的です。

【5 姿勢に気をつける】

お腹が大きくなってくると姿勢が悪くなりやすいです。
姿勢が悪くなることで骨盤がゆがんでしまい、内臓の位置がずれて、消化器官のはたらきが悪くなってしまうことがあります。
立つときや座っているとき、歩くときなどに姿勢が悪くなっていないか注意しましょう。
鏡をよく見るようにして、自分の姿勢をチェックするといいですよ。

※妊娠中の便秘にお悩みの方は『妊婦中の便秘解消に超効果的な栄養素とは?』もチェックしてみてください。

編集部おすすめ商品

MATERNITY SOUP

妊娠中の栄養補給とマイナートラブルのために

マタニティスープ

妊娠中の食生活が気になるママに。
産婦人科 佐藤病院・妊産婦ケア専門の管理栄養士・お子さんのいるママの声から生まれた
妊娠中のママとおなかの赤ちゃんのためのスープです。

MATERNITY SOUP

妊娠中のママとおなかの赤ちゃんへの贈り物

マタニティスープギフト

これからママになる大切な人への妊娠祝いに。
妊娠中のママが元気に安心してマタニティライフを送れるように
家族や友人みんなで食生活をサポートするマタニティ応援ギフトです。

マタニティスープは妊娠中の女性たちととことん向き合って開発しました

最新記事