出産前の妊婦さん必見!入院中に着たいかわいいパジャマ5選

マタニティスープは妊娠中の女性たちととことん向き合って開発しました
出産前の妊婦さん必見!入院中に着たいかわいいパジャマ5選

【妊婦である前に女子だからかわいいパジャマで気持ちよく入院したい】

妊娠によって体型が変わると、マタニティウェアを着る人が多いですが、マタニティウェアを着るのは外出中だけではありません。
家の中、寝る時にも当然マタニティウェアが必要です。
マタニティウェアは機能性を重視しているものが多いですが、機能性のために女子らしさやかわいらしさを完全に失ってしまうのはイヤと思うのが女心というもの。
妊婦である前に女子としてかわいいパジャマを選びたいと思うのは当たり前。
そこで今回は、妊婦におすすめできるパジャマをご紹介します。

【妊婦用パジャマを選ぶ時の注意点】

b0d07f9652bf7c0e67c2e6fad0776761_s

具体的なパジャマのご紹介の前に、妊娠時のパジャマ選びの注意点をいくつかご紹介します。
主な注意点は以下の通りです。

・出産後も使える機能(授乳機能など)がついているもの
・病院での入院でも使用できるもの(着丈の長さや前全開など)
・ウエストの調整が可能なもの

出産後には授乳が必要になるので、出産後のことまで考えて授乳機能がついているものを選ぶと、出産後に改めてパジャマを買う必要がなくなりお財布的にも安心です。

また、入院時のパジャマについては病院によって様々な条件が指定される場合があります。
よくある条件としては、ボトムスがなくてもOKなように着丈が長いものであること。
もう一つ、前側が全部開くようになっていることです。
指定がない場合でも、この条件を満たしていると入院中の検診や処置を受ける時に妊婦さんにとってもストレスが少なくて済むでしょう。

最後の注意点は、やっぱりお腹周りについて。
ある程度お腹が大きくなって、これ以上は大きくならないだろうと思っていても、出産直前にはさらにお腹が大きくなることもありますので、ウエストの調整はあった方がいいでしょう。
また、ウエストが調整できれば出産後もつかえます。

【「機能性」+「かわいい」で選ぶパジャマ5選】

7f7d4dab705c6bcb3ead48ca68208275_s

それでは、ここからは実際におすすめのパジャマをご紹介していきます。

・定番 授乳口つきのロングパジャマ

最初は定番ともいえるロング丈のパジャマです。
前をボタンで留めるタイプが多く、入院中の前全開にも対応しています。
多くはレギンスもセットになって販売されています。
定番なのでデザインの目新しさはありませんが、カラーの種類が豊富なので2着、3着と購入して毎日着まわすこともできます。
価格は素材によって差がありますが、比較的安いものもあるのもうれしいです。

・快適さ抜群 ワンピース&レギンス

こちらも定番ですが、ワンピースタイプのパジャマです。
レギンスも着いていますので入院前や寒いときなどはレギンスも併用することが可能です。
ワンピースタイプの場合は前全開にできるタイプになっていることと、授乳ポケットがついていることを確認してから購入するようにしましょう。

・ちょっとオシャレに ワンピース+ロングカーディガン風パジャマ

入院中もオシャレにこだわりたいという方には、ワンピース+ロングカーディガンというコーデがおすすめです。
最近ではマタニティ用のロングカーディガンは増えているので、カラーやサイズもたくさんあります。
最初からロングカーディガンとセットになっているタイプのものだと、着丈が揃うのも大きなポイントです。
カーディガンの素材も様々あるので、出産予定の季節などによってカラーや素材を選んでみるものも楽しいですね。

・コスパ抜群 3点以上のセットパジャマ

出産後は育児費用もかかるから余計な出費を避けたいという方におすすめなのはセット販売のパジャマ。
3点以上のセット販売で、1点あたりの金額が安くおさえられています。
デザインは定番のロングパジャマが多いようですが、ワンピスースタイプなどとのセットになっているケースもあります。
色も同色3点などになっている場合もあれば、色違いが1セットの場合もありますので、予算と好みに応じて選びましょう。

・冷え性の方におすすめ フリース素材のマテニティパジャマ

妊娠時に冷えは禁物なので、パジャマでも冷え対策は重要です。
冷えが気になる方には最近流行りのフリース素材のパジャマがおすすめです。
上半身だけでなく、下半身部分もフリース素材になっていると保温効果は抜群です。
出産の時期が冬の季節になりそうな方は、1着は持っておくと便利なアイテムです。

冷え性でお悩みの妊婦さんには『妊娠中は冷え性大敵!手軽に冷え性を解消する方法5選』の記事も合わせて読んでみてください。

【パジャマは病院で借りることもできるの?】

ed06c5c2e47c01fe67c95df5e59bf27d_s

ここまで妊娠中&入院中のパジャマについてもお伝えしてきましたが、入院中のパジャマについては病院で用意してくれる場合もあるようです。
インターネット上の掲示板などを見ると「病院から支給された」という方もいらっしゃいますので、病院に確認してみるのが良いでしょう。
ただし、病院で用意してもらうものため、素材が肌に合わなかったり、デザインが無機質でかわいくなかったりという可能性は考えられますので、1着くらいは自分のお気に入りのパジャマを用意しておくのをおすすめします。

fba3be6a9c512a3475fac5fd54d28e97.dat
新米ママ A.T

Mama writer
0歳の男の子の子育て奮闘中。子供から教わることばかりですが、日々幸せを感じる育児生活を送っています。お仕事で整体師やエステシャンをやっていたので体の事や美容の事で、少しでも皆様のお役にたてる情報をお届けできたらと思っております。

編集部おすすめ

MATERNITY SOUP

妊娠中の栄誉補給とマイナートラブルのために

マタニティスープ

妊娠中の食生活が気になるママに。
産婦人科 佐藤病院・妊産婦ケア専門の管理栄養士・お子さんのいるママの声から生まれた
妊娠中のママとおなかの赤ちゃんのためのスープです。

MATERNITY SOUP

妊娠中のママとおなかの赤ちゃんへの贈り物

マタニティスープギフト

これからママになる大切な人への妊娠祝いに。
妊娠中のママが元気に安心してマタニティライフを送れるように
家族や友人みんなで食生活をサポートするマタニティ応援ギフトです。

マタニティスープは妊娠中の女性たちととことん向き合って開発しました

最新記事