出産準備金って金額はいくらぐらい?何にお金がかかるの?

出産準備金って金額はいくらぐらい?何にお金がかかるの?

待望の妊娠となれば、出産までに色々と準備しておかなくてはいけないことがたくさんあります。
その中でも大事なのはお金ですね。
お金がないと何も準備することができません。
実際に出産にはどれぐらいのお金がかかるか知っていますか?
初めての出産になると、何もわからないまま出産準備をしなくてはいけませんが、目安となる出産準備金はどれぐらいなのでしょうか。

出産準備金はどれぐらい用意しておけば安心でしょうか。
これから出産を控えている人のために、出産準備金の金額についてご紹介します。

出産準備で必要なお金とは?

f44bb8d976883738a407a953a999ce12_s

入院費用

出産するときには必ず入院します。
自宅出産などを希望している場合は話が別なのですが、普通は出産を終えてから数日間は特に問題がなくても病院で過ごすことになります。
そのために、入院グッズを用意しなくてはいけません。
もちろん病院に入院するための入院費も必要です。
入院する時期によっては、費用が多くかかるときもあります。
年末年始などは割増料金になる病院も多いので、予定日が重なっている場合はその分のお金も用意しておきたいですね。

育児用品

育児を始めるにあたって必要なものです。
赤ちゃんに必要なグッズだけではなく、ママに必要なグッズを含めて育児用品を用意しましょう。
授乳のための授乳ケープやクッションももちろんですし、赤ちゃんのおむつなどの育児用品費用に含みます。
細かいものを含めて一番お金がかかってしまうのが、育児用品ではないでしょうか。

お出かけ用品

まだ小さな頃は外出などほとんどしないのですが、やっぱり揃えておきたいのはお出かけ用のベビーカーや抱っこひも、そしてチャイルドシートなどです。
お出かけできるようになってから、どのベビーカーがいいか、と選んでいては時間がかかってしまいます。
せっかくお出かけできるようになったのだから、すぐに外に連れて行ってあげたいですよね。
事前に準備しておくことをおすすめします。

何にお金がかかるの?

04

出産準備金はあれこれ揃えていると結構な額になります。
その中でも一番お金がかかってしまうのは、育児用品ではないでしょうか。
生まれてくる赤ちゃんのために、あれもこれも揃えておきたいと思いますよね。

また想定外にお金がかかってしまうのは、入院費です。
順調に生まれてくれて、入院する日数が最低限で済めばいいのですが、そうではない可能性もあります。
急遽早めに入院しなくてはいけないこともありますし、退院する日にちがのびてしまうことだってあるでしょう。
そうした急遽の変更に対応できるような出産準備金を用意しておかなくてはいけません。

妊娠の健診から出産を終えるまでで、安くても50万円はかかるといいます。
上を見ればきりがありませんが、100万円近くもかかることがあります。
結構な額なので、ちゃんと準備しておかないといけないですね。

公的補助制度を利用しよう

出産準備金って結構かかるものですが、実は補助してくれる公的補助制度もあります。
まず出産育児一時金というものです。
子供一人につき42万円がもらえます。
これは健康保険から支給されているものです。
医療機関に直接支払われるものなので、実際の支払いは42万円を差し引いて請求されることになっています。
42万円より少ない場合には、その差額を受け取れます。
これである程度入院費用の心配が減りますね。

次に出産手当金についてです。
産前42日と産後56日は給料の支給がありません。
そのため、健康保険から1日の標準報酬の3分の2を支給されます。
仕事を休んでいるあいだの収入への不安も解消します。

出産準備金は親からの補助もある?

出産準備金は50万円から100万円というお話をしましたが、実はそれほど実費で支払う人はほとんどいません。
どのような環境かにもよりますが、親が補助してくれることも多いようです。
両家から補助してもらえればその分負担しなくてはいけない額も減っていきます。

もちろん親の補助をあてにして準備することはできませんが、もしも補助があればラッキーですよね。

万が一に備えて準備しておこう

1de28b921efcf4b1d50e8d305dde1ffa_s

出産準備金は、できるだけ多く準備しておくのが理想です。
これぐらいかな、と最低限しか準備していないと、万が一足りなかった時に困ってしまいます。
そうでなはく、これぐらいかなと思うより多めに準備しておけば、相当イレギュラーなことがなければ足りるはずです。

もしも余っても、その分を子供の教育費として貯金しておくこともできます。
違う使い道を考えられるでしょう。
出産だけではなくどんなことにも当てはまりますが、備えあれば憂いなし、ですね。
多すぎて困ることはありません。

ウキウキ楽しみにしている出産を控えて、お金のことを考えるのは嫌かもしれません。
でも考えないままで出産を迎えるわけにはいかないでしょう。
できるだけ早く、出産準備金の計算をしておきましょう。
公的補助制度や、可能であれば親からの補助などもありがたく受けて、しっかりと出産準備金について考えておきたいですね。

マタニティスープお試しセット実施中!!


送料無料の入りマタニティスープお試しセットを公式WEBサイトで発売中です。
お試し価格:780円(税込・送料無料)

『ほうれん草とじゃがいものポタージュ』『とうもろこしと豆乳のポタージュ』『わかめとガゴメ昆布の海藻スープ』『生姜トマトスープ』の4種類が楽しめます!

※お試しセットの内容は変更になる場合がありますので、詳しくは公式WEBサイトで確認してください。

fba3be6a9c512a3475fac5fd54d28e97.dat
新米ママ A.T

Mama writer
0歳の男の子の子育て奮闘中。子供から教わることばかりですが、日々幸せを感じる育児生活を送っています。お仕事で整体師やエステシャンをやっていたので体の事や美容の事で、少しでも皆様のお役にたてる情報をお届けできたらと思っております。

編集部おすすめ商品

MATERNITY SOUP

妊娠中の栄養補給とマイナートラブルのために

マタニティスープ

妊娠中の食生活が気になるママに。
産婦人科 佐藤病院・妊産婦ケア専門の管理栄養士・お子さんのいるママの声から生まれた
妊娠中のママとおなかの赤ちゃんのためのスープです。

MATERNITY SOUP

妊娠中のママとおなかの赤ちゃんへの贈り物

マタニティスープギフト

これからママになる大切な人への妊娠祝いに。
妊娠中のママが元気に安心してマタニティライフを送れるように
家族や友人みんなで食生活をサポートするマタニティ応援ギフトです。

マタニティスープは妊娠中の女性たちととことん向き合って開発しました

最新記事