妊娠から出産までにかかる料金は?産婦人科によって違うの?

妊娠から出産までにかかる料金は?産婦人科によって違うの?

妊娠から出産までにかかる料金はいくら?

妊娠中は15回前後の検診がありますが、これらの検診は健康保健が適用されないため原則は自己負担となります。
他にも出産時の分娩費用も必要になります。
出産にはお金がかかるという話はよく聞きますが、結局のところ産婦人科に払う料金はいくら必要なの?と気になる方も少なくないでしょう。
では、出産には具体的にいくら必要で、いくら戻ってくるのかを整理していきましょう。

出産までの料金は100万円以上?

妊娠中の検診は内容によっても異なりますが、1回3,000円~5,000円程度が一般的と言われています。
検査の内容によっては1万円近くかかったという声も聞かれます。
検査の回数は出産までで15回程度です。
単純に1回の検査が5,000円で15回とすると、5,000円×15回=75,000円です。
実際には5,000円以上する検査もあるため、もう少し高額な料金になるケースもあるようです。

さらに分娩費用ですが、こちらの健康保険がきかないので全額自己負担が原則です。
分娩にかかるお金には入院費、分娩費、新生児管理保育料などがかかります。
また、帝王切開の場合には手術費や入院費などの料金が発生します。
入院費などは病院によっても大きな差があるため一概には言えませんが、一泊1万円~3万円くらいの料金はみておくべきでしょう。

肝心の分娩にかかる料金ですが、産婦人科によって違いますが自然分娩の場合で40万〜60万円程度と言われています。
帝王切開の場合には倍近い料金にもなりますが、産婦人科や出産後の母子の状況によっても差が出ますので、一概に「いくら」というのは難しいです。
ただし、帝王切開の場合は100万円以上かかるケースもあります。

様々な費用が補助されるので自己負担分はもっと少なくて済みます

100万円と聞いて驚いた方もいるかもしれません。
でも、安心してください!
実際には様々な補助の制度があるため実質の負担金額はもっと少なくて済みます。

まずは出産育児一時期が42万円支給されます。
これは健康保健に加入していれば支給されますので、基本的にはほとんどのみなさんが支給されるものだと思っていただいて大丈夫です。
ちなみに出産育児一時金は「一児につき42万円」となっていますので、双子の場合は2倍、三つ子の場合は3倍の金額が支給されます。
さらに、あまり考えたくないことですが、妊娠4ヶ月目以上であれば流産や死産の場合でも支給されます。

また、約15回の妊娠中の検査費用についても自治体などが補助をしてくれる場合があります。
これは自治体によっても違うため、一概にはいえませんが、実質負担タダだったり、格安だったり、規定回数までは無料だったりなど様々な制度があります。
詳しくはご自身のお住まいの自治体のホームページなどで調べてみてください。

民間の医療保険でお金がもらえることも

国や自治体だけでなく、民間の医療保険に加入していると出産一時金などが受け取れるケースもあります。
帝王切開の場合には別途手術費用が受け取れるケースもありますので、加入している保険を確認するか、これから加入する場合には確認してみてもよいでしょう。

会社の制度としての出産祝金などもチェック

会社が福利厚生の一環として出産祝金などを出してくれるケースもあります。
勤続年数などの要件がある場合もあるので、会社の人事の方などに確認してみましょう。

仕事中の人は出産手当金や育休中のお金ももらいましょう

出産・育児のために仕事を休んだ分のお金も申請することで受け取ることができます。
健康保健に加入していれば出産手当金が受け取れます。
細かい条件などはありますが、毎月のお給料の2/3を受け取ることができます。

また、雇用保険に加入している人であれば育児休業中もお金をもらえます。
育休6か月目までは給料の67%が、6か月目以降は給料の半分が支給されます。
会社によっては別途育児手当てなどの支給があるケースもあり、働いているときと大きく変わらないお金を受け取れるケースもあります。
ただし、会社から給料の8割以上のお金が支給されている場合には雇用保険による育児休業給付金は支給されませんので注意しましょう。

ちなみに、育児休業給付金は男性が育児休業をとった場合であっても支給されます。
イクメンが流行っているとはいえ、会社によってはまだ理解が充分に進んでいないケースもありますが、出産から6か月目まではお母さんが育児休業、7か月目〜1年目まではお父さんが育児休業をとるということも可能です。

大切なのは事前の準備と、普段からの貯蓄

出産や育児に関しては様々な手当てがあり、うまく活用すれば自己負担金額を極力小さくすることができます。
しかし、子育てはそのあともお金がかかるものです。
特に進学の場面では数百万円単位のお金が必要になることもあります。
そのときになって焦ることのないように、大切なのは普段から計画的にお金を貯めておくことが大切です。
結婚した段階から、詳細の子育ての設計も見通してお金の計画をたてることで、後からの後悔を最小限にとどめることができるはずです。

IMG_1348
Yuko

Mama writer
2人の男の子のママです。まだまだ戸惑う育児、時間に追われる家事ですが、夫婦で協力して忙しいながらも今しか味わえない日々を楽しめるようにしています。記憶に残るライターとして皆さまにお届けしていきます。

編集部おすすめ商品

MATERNITY SOUP

妊娠中の栄養補給とマイナートラブルのために

マタニティスープ

妊娠中の食生活が気になるママに。
産婦人科 佐藤病院・妊産婦ケア専門の管理栄養士・お子さんのいるママの声から生まれた
妊娠中のママとおなかの赤ちゃんのためのスープです。

MATERNITY SOUP

妊娠中のママとおなかの赤ちゃんへの贈り物

マタニティスープギフト

これからママになる大切な人への妊娠祝いに。
妊娠中のママが元気に安心してマタニティライフを送れるように
家族や友人みんなで食生活をサポートするマタニティ応援ギフトです。

マタニティスープは妊娠中の女性たちととことん向き合って開発しました

最新記事