妊娠と肌荒れって関係あるの?これだけは覚えておいて欲しい妊娠と肌荒れについて

妊娠と肌荒れって関係あるの?これだけは覚えておいて欲しい妊娠と肌荒れについて

肌荒れとは?

肌荒れというのは、皮膚の細かなキメが乱れて、不快に感じるトラブルが出てきた状態のことをいいます。
どこからが肌荒れなのかという基準はないのですが、症状が出て肌にトラブルが発生しているなと感じたら、肌荒れとなります。

妊娠中の肌荒れによくあるトラブルをご紹介します。

・乾燥

肌全体がカサカサとしていて、ひどい場合は粉を吹いたり角質がはがれ落ちてくるなどといった状態です。
乾燥がひどくなっていると、触れるだけで痛みを感じます。
角質がはがれていることで外からの刺激にも弱くなり、乾燥すると敏感肌になりやすいです。

・吹き出物

ニキビやできものなどが発生している状態です。
妊娠中の女性は、プロゲステロンというホルモンが増加することによって、吹き出物が出来やすくなります。
吹き出物の肌荒れは思春期まで、と思っているかもしれませんが、女性はホルモンバランスが常に変化しやすい状態なので、ニキビやできものによる肌荒れに悩まされやすいです。

妊娠初期を過ぎて15週目ぐらいになると、プロゲステロンよりもエストロゲンの量が増えていくため、吹き出物による肌トラブルは改善していくでしょう。
ただし妊娠中に起こりやすい便秘になると、本来便として排出されるべき毒素や老廃物が体内に巡り、吹き出物として体外に出ようして出来る場合もあります。

・かゆみ

乾燥がひどくなると、かゆみが発生するようになります。
妊娠している間は肌荒れの症状としてかゆみが発生しやすくなっています。
妊娠掻痒症という症状もあります。
かゆみは我慢できずに夜の間に掻いてしまって、乾燥したお肌から出血…なんてトラブルも発生しやすいです。

・赤み

顔が赤くなってしまうのも、肌トラブルの一つですね。
顔の赤みはどうして発生するのかというと、これも乾燥が影響しています。
元々肌が薄くて中の血管が透けて赤く見えているという人もいますが、赤みは肌の炎症の現れでもあります。
乾燥肌のままで外から刺激を受けると痒みとともに赤みも発生します。

・毛穴トラブル

毛穴一つ一つは小さくキレイな状態が理想ですが、毛穴に皮脂が詰まると白くなってニキビの原因になりますし、酸化すると黒くなってイチゴのようなブツブツの毛穴になっていきます。
毛穴のトラブルは無理に皮脂を押し出してまた詰まる…という繰り返しになることが多いです。

ホルモンバランスも乱れによって妊娠中も皮脂が盛んに分泌されていると、毛穴トラブルは起こりやすいでしょう。

・くすみ

肌色が冴えない、何だか黒ずんでいるというときはくすみが発生しているかもしれません。
くすみは古い角質が蓄積することによって起こります。
妊娠中で肌の代謝が悪くなったり、便秘によって体内に老廃物が蓄積しているときにも、肌はくすみやすいです。

自分の肌質は知っていますか?

9f0fb5168b0c267ba4bca9482d5f1ed7_s

人間の肌は、みんなが同じというわけではありません。
肌質はそれぞれなので、それによって発生するトラブルも違います。

・乾燥肌

肌がカサカサと乾燥気味の状態です。
肌から皮脂があまり分泌されないので、肌の表面にある水分も蒸発しやすく、常にカサカサした触り心地です。
カサカサが続くと、皮膚の確執がはがれていきます。
肌本来が持つバリア機能が正常に働かなくなるので、乾燥肌は敏感肌になりやすい肌質だといわれています。

人間は年齢を重ねると自然と乾燥肌になる、といわれているのは知ってしますか?
年齢を重ねると水分量が減り、肌は乾燥しやすくなります。
もともと脂性肌だった人でも、次第に乾燥肌へと変わっていくでしょう。
そうならないためには、皮脂量と水分量を保つためのお手入れが大切ですね。

・普通肌

皮脂の分泌量も適量、肌のカサカサ感もなく水分量も問題ない、という状態が普通肌です。
普通肌は安定した肌質なので、乾燥することもないですし、皮脂が多くてベタつくこともありません。
とても理想的な肌質といえるでしょう。

・脂性肌

皮脂の分泌量がとても多い肌質のことを脂性肌といいます。
見た目は少しギラギラしていて、皮脂が多いな、という状態ですね。
特に、Tゾーンである額から鼻にかけてのラインは皮脂が分泌しやすいところなので、どうしてもベタベタしてしまいます。
皮脂が過剰に出ていると、ニキビの元となります。

年齢が若いときは脂性肌で悩む人も多いでしょう。
どうしても代謝が活発で皮脂の分泌も増えてしまうからです。

・混合肌

乾燥肌と脂性肌が合わさっているお肌を、混合肌といいます。
脂性乾燥肌ともいいますね。
Tゾーンは皮脂分泌が多くてテカリがあっても、口元や頬などは乾燥している、というお肌です。
脂性肌と乾燥肌、どちらのスキンケアを使うか迷ってしまいますし、よりお肌のお手入れが複雑なので大変ですが、お肌の状態に合わせたスキンケアをしなくてはいけません。

肌荒れが起きてしまう原因

肌荒れは誰でも起こる可能性があります。
これは男女ともに起こるものですが、男性はあまり肌荒れを気にしないので、問題として感じられないだけです。
女性は美容に気を遣うので、肌荒れが起こってしまうと気になり、女性の抱える問題として肌荒れは考えられています。

では肌荒れが起きてしまう原因には何があるでしょうか?

・外的要因

肌荒れの原因としては、外からの刺激の影響が考えられます。
・肌に合わないスキンケアをしている
・肌を強くこすって傷つけている
・メイクを落とさずに寝る
というようなことです。
肌は擦れば擦るほどダメージを受けます。
顔を洗う時、汚れを落とそうとしてゴシゴシ擦っていませんか?
擦ったとはひりひりする、という人は特に気を付けなくてはいけません。

またスキンケアも自分に合っていると思って使っていても、妊娠するとスキンケアが合わなくなるかもしれません。
その影響の肌荒れも考えられます。

・内的要因

身体の内側に原因がある可能性もあります。
外側からのスキンケアを頑張っていても、なかなか改善しないという場合は内的要因を疑ってみましょう。

・便秘で老廃物がたまっている
・栄養が行き届いていない
・ストレスがある
というような問題ですね。
便秘になると、本来排出されるべき老廃物は腸内に留まりますね。
留まっているうちに腸壁から吸収されてしまい、その影響が肌に出ます。
便秘になると体内には悪い成分が巡ってしまうのです。
妊婦の肌荒れが便秘の原因になりやすいです。

また妊娠して栄養不足となって、栄養が行き届かないことで肌が荒れる場合もあります。
そしてもう一つ、ストレスも肌荒れに影響します。
ママが笑顔で元気、これこそが子供のためでもありますし、肌のためにもなります。

妊婦は肌荒れしやすいの?

14713676_1092485930828929_8931462300035641283_n1

妊婦が肌荒れしやすい原因として大きいのは、便秘です。
妊娠中は便秘に悩まされる人が増えます。
その理由は、ホルモンバランスの変化によるものだったり、腸を圧迫するお腹だったり色々あります。
栄養不足や妊娠中にストレスも便秘につながるでしょう。

妊婦の肌荒れ改善のために、便秘を解消するところから始めましょう。

妊婦の肌荒れを改善する方法

・スキンケアをしっかりとする

妊娠中はスキンケアをするのが面倒になりますが、肌の為にはしっかりとケアしてくださいね。時間も手間もかけるべきです。
きちんとスキンケアをしておくことで、育児でスキンケアになかなか手が回らなくなる産後の肌質の維持にも役立ちます。
肌質を保つために努力が必要です。
常にお手入れを怠らないことが、肌荒れを未然に防ぐ方法です。

・栄養補給をしっかりとする

体内から改善するという意味では、栄養補給が大切です。
たくさんの栄養をバランスよく摂取していれば、肌質も安定します。
特に妊娠中は栄養不足は赤ちゃんにも悪い影響を与えるので、肌のためだけではなく、赤ちゃんのためにも栄養補給をしっかりしましょう。

・食物繊維を摂取する

先ほどもお話ししたように、妊婦の肌荒れの原因として一番多いのが、便秘ですね。
肌荒れとなるとスキンケアばかりに気を配ってしまいがちですが、実は便秘が影響している可能性もあるのです。
便秘が解消すると肌荒れも解消した、という妊婦さんも多いので、肌荒れが気になるときには、便秘解消のために必要な食物繊維を摂取しましょう。
日ごろの生活では食物繊維が不足しがちなので、妊娠中は特に食物繊維をたくさん摂取するように心がけてください。

食物繊維で排出しやすい身体を手に入れましょう。

妊婦さんに朗報!食物繊維たっぷりのマタニティスープ

2015_12_180085

肌荒れの原因として多いのが、便秘です。
特に妊娠中の肌荒れの原因になりやすいでしょう。
妊娠しているとどうしても、ホルモンバランスの変化や腸の圧迫などによって、妊娠初期から後期にわたって便秘に悩まされてしまう女性が多いですね。

マタニティスープは、便秘解消に役立つ食物繊維がたっぷり含まれています。
食物繊維には、便を排出させやすくしたり、便の量を増やすといった働きがあります。
マタニティスープ1杯で食物繊維を補うことができるので、食生活が乱れがちで好き嫌いも激しくなる妊娠中は、栄養をしっかり補わないといけないとわかっていながら、どうしても栄養バランスが崩れてしまいます。

マタニティスープなら食物繊維だけではなく様々な栄養補給がしやすいので、1杯飲むだけで栄養バランスも整いやすくなるでしょう。

便秘が原因の肌荒れは、食物繊維を摂取して便秘改善に役立てることで、次第に落ち着いてくるはずです。

マタニティスープ 03-5256-6155(平日9:00~18:00)
http://maternitysoup.jp/

・現役ママ3000人、妊婦栄養研究の管理栄養士、産婦人科が共同開発!
・現役ママにも、未来のママにも、必要な栄養素が凝縮!
・化学調味料、合成着色料、人工保存料、人工甘味料、合成香料を使わず無添加!
・第三者機関による検査済み!

c95ffbd08b669f535f83df000895065f.dat
宮川修一

株式会社ベジタル 代表
ウェルネス・アンバサダー
2011年12月生まれと2015年5月生まれの男の子の父。サラリーマン時代にスープ専門店を経営。妻の妊娠を期に、子供の食育はお腹の中から始まっていることを知り、産前・産後の健康をサポートするマタニティスープを開発。プレママ・ママが住みやすい環境づくりを応援するためベイビースタイル、まえばしマタニティサークルなどを実施中。

編集部おすすめ商品

MATERNITY SOUP

妊娠中の栄養補給とマイナートラブルのために

マタニティスープ

妊娠中の食生活が気になるママに。
産婦人科 佐藤病院・妊産婦ケア専門の管理栄養士・お子さんのいるママの声から生まれた
妊娠中のママとおなかの赤ちゃんのためのスープです。

MATERNITY SOUP

妊娠中のママとおなかの赤ちゃんへの贈り物

マタニティスープギフト

これからママになる大切な人への妊娠祝いに。
妊娠中のママが元気に安心してマタニティライフを送れるように
家族や友人みんなで食生活をサポートするマタニティ応援ギフトです。

マタニティスープは妊娠中の女性たちととことん向き合って開発しました

最新記事