妊娠・出産にかかるお金はいくらなの?

マタニティスープは妊娠中の女性たちととことん向き合って開発しました
妊娠・出産にかかるお金はいくらなの?

出産にかかるお金って?

妊娠・出産にかかる費用には健康保険が使えず、すべて実費負担になるため、出産には一度に多額の費用がかかってしまうのです。
出産にかかるお金を大きく分けると、妊婦健診費用、マタニティ用品の費用、出産準備用品の費用、出産費用などで、大体50~100万円ぐらい必要ですが、予期せぬ事態が起こったりして出費がかさむこともあります。
出産も大事なことだけど、そのあとの育児にお金をかけてあげるためにも、出産にかかる費用を洗い出し、削れるお金がないか徹底調査します。

妊婦健診費用

妊婦健診は1回あたり3,000円~5,000円くらいかかります。
初回は通常の診察料のほかに初診料がかかり、血液検査や超音波検査は別途費用が1万円くらいかかります。
妊娠期間に行う健診は15回くらいありますので、合計で4万円~10万円くらいかかります。

こうした妊婦さんの経済的負担を軽減するために公費で助成されています。
母子手帳と一緒に交付される「妊婦健康診査受診票」、いわゆる「補助券」によって妊婦健診の費用が助成されるのでいくらかは負担軽減します。
ですが、自己負担ゼロにはなりませんので、自分の住む自治体での助成額や自分にとって必要な検査を選択して受診しましょう。

マタニティ用品・ベビー用品の費用

マタニティ用品・ベビー用品にかかる費用の平均は13万くらいと言われています。
初めての赤ちゃんの場合、ついいろいろと揃えたくなりますが、マタニティ用品や新生児用のベビー用品は使う期間が短いので、吟味して購入しましょう。
妊娠してもさほど体型の変わらない人は、マタニティウエアとして妊娠前の服をそのまま着たり、少し大きめの普段着で代用する人もいるようです。
ですが、マタニティウエアは妊婦さんの体のことを考えた素材や動きやすさを加味して作られているので、出産後の授乳時にも使えるようなデザインのものを選ぶことで長い目で見たらお得になるようなものを選びましょう。

また、下着もマタニティ専用のものを使った方が安心で快適です。
ベビー用品の中でもベビーベッドやベビーバスなどの大型のものは、レンタルやリサイクルなどを利用して安く手軽に使いたいですね。

新生児期の肌着類などは頻繁に洗濯をするために、数枚だけで十分だったという声もあります。
お祝いでもらう機会も多いので、最初は最低限用意して必要に応じて買いたしていくといいかもしれません。

出産準備用品の費用

入院から赤ちゃんの生後1ヶ月ごろまでは外出できないので、必要なものを早めにリストアップして、妊娠後期に入る28週ごろから始め、35週ごろまでには完了しておきましょう。
入院中に着るルームウエアもその後の育児中にも使えるようなものを選び、短い期間だけなので購入を悩むところです。
ですが、産褥パッドなどは支給されたものでは足りなくなった場合に病院内で購入すると高くつくこともあるので、同じ時期に出産を控えたママ同士で分け合って購入すると無駄がありません。
また、赤ちゃんの紙おむつは入院中は病院から支給品を使えますが、新生児は大量に必要になります。
だからと言って、すぐに大きくなるので新生児用のサイズはあまり用意しておかなくても大丈夫です。

また、出産準備としては母親学級や各種マタニティレッスンもあります。
母親学級は基本的に無料のところが多いので、積極的に活用しましょう。
マタニティスイミングやマタニティヨガなどは費用がかかりますが、産院併設の教室や自治体のレッスンは無料のものやごく少額で参加できるものもありますので、ぜひ調べて参加してみてください。

出産費用

出産費用の内訳は主に「入院費」「分娩費」「新生児管理保育料」になります。

入院費とは出産における入院にかかる費用のことで、部屋代と食事代を合わせたものです。
一般的な入院期間は5~7日ほどです。
利用する病院によって異なりますが、大部屋ですと1泊15,000円~30,000円かかります。
それを個室にした場合、1泊5,000円~10,000円ほど上乗せされることになります。

分娩費とは、分娩介助や手術にかかる費用のことです。
自然分娩だと健康保険は適用されないので全額自己負担となり、約15~25万円かかります。
帝王切開だと保険が使えますので自然分娩より安くすむ可能性もあります。
無痛分娩・和痛分娩は、麻酔の投与により痛みを取り除いた、あるいは痛みを和らげる分娩のことをいい、健康保険は適用されませんので、通常の分娩費に1~20万円が上乗せされます。

新生児管理保育料とは、生まれた赤ちゃんを保育するための費用のことで、おおよそ5万円ほどかかります。

まとめ

分娩の仕方よっては金額に大きな差が出ます。
自然分娩の場合、トータルすると分娩費用は約40~70万円になります。
帝王切開は約40~100万円、無痛分娩・和痛分娩だと約50~100万円ですが、さらに病院の種類により大きく異なってきます。
エステサービスや豪華な食事などはありませんが、総合病院などは費用を抑えることができます。
また、出産には公的な補助制度がいくつかあります。
それらをうまく利用して、最終的な支出を抑えられるよう賢いママになってください。

fba3be6a9c512a3475fac5fd54d28e97.dat
A.T

Mama writer
男の子の子育て奮闘中。子供から教わることばかりですが、日々幸せを感じる育児生活を送っています。お仕事で整体師やエステシャンをやっていたので体の事や美容の事で、少しでも皆様のお役にたてる情報をお届けできたらと思っております。

編集部おすすめ

MATERNITY SOUP

妊娠中の栄誉補給とマイナートラブルのために

マタニティスープ

妊娠中の食生活が気になるママに。
産婦人科 佐藤病院・妊産婦ケア専門の管理栄養士・お子さんのいるママの声から生まれた
妊娠中のママとおなかの赤ちゃんのためのスープです。

MATERNITY SOUP

妊娠中のママとおなかの赤ちゃんへの贈り物

マタニティスープギフト

これからママになる大切な人への妊娠祝いに。
妊娠中のママが元気に安心してマタニティライフを送れるように
家族や友人みんなで食生活をサポートするマタニティ応援ギフトです。

マタニティスープは妊娠中の女性たちととことん向き合って開発しました

最新記事