妊娠中でも飲酒をしたい!そんな妊婦さんでも飲めるノンアルコール飲料がおすすめ

マタニティスープは妊娠中の女性たちととことん向き合って開発しました
妊娠中でも飲酒をしたい!そんな妊婦さんでも飲めるノンアルコール飲料がおすすめ

多くの女性にとって妊娠はうれしいことですが、妊娠しているために我慢しなければならないことも少なくありません。
その一つが飲酒です。
お酒が好きな方にとっては、妊娠したらお酒が飲めなくなることで、強いストレスを感じてしまうことがあるかもしれません。
ですが、ストレスは妊婦さんにとっても、お腹の赤ちゃんにとっても、悪影響を及ぼすことがあります。

最近はアルコール飲料そっくり?ノンアルコール飲料がおすすめ

19d1e6d53a86553cb3f5e8d9a45c9736_m

妊娠しても少しくらいのお酒ならよいのでは、と思っている方もいるかもしれませんが、妊娠中の飲酒は厳禁です。
少しでもよいからお酒の席を楽しみたいという方は、ノンアルコールのカクテルなどで我慢することをおすすめします。
最近はノンアルコールでもアルコールに近い味のものや、カクテルと判別がつかないようなものもあります。
そういったノンアルコール飲料で我慢するようにしてください。

ただし、ノンアルコールといっても完全にアルコールゼロのものばかりではなく、微量のアルコールが含まれているモノもあるので注意が必要です。
完全にアルコールゼロのものを選びましょう。

妊娠中の飲酒は厳禁!赤ちゃんが奇形や障害を負うことも

140a3707bcb35081c1d07bd8f44dd21d_s

妊娠中の飲酒は厳禁とお伝えしましたが、では飲酒によるリスクにはどのようなものがあるのでしょうか。
妊娠中にお酒を飲むと、体内で分解され、血液を通してお腹の赤ちゃんにも影響します。
大人の身体にとっては問題のない量だったとしても、発育途中の胎児には大きな影響を及ぼすことがあります。

そういったアルコールによる悪影響は、「胎児性アルコール症候群」といわれています。
胎児性アルコール症候群には、低体重や低身長といった発達の遅れ、さらに身体の障害、難聴や奇形といった症状があります。
胎児性アルコール症候群については、まだわかっていないことも多いのですが、上記のような発達の遅滞や身体的な障害だけではなく、精神面の発達の遅れなどを引き起こす恐れもあります。
明確なことがわかっていないとはいえ、赤ちゃんの将来につながるリスクですから、やはり妊婦さんはお酒を飲まないに越したことはないでしょう。

妊娠4~15周目での飲酒はさらなるリスクも!

妊娠に気付かずに飲酒してしまったという方もいると思います。
特にお酒が好きな方や、職場での飲み会が頻繁にある方などは、妊娠がわかってから「あのとき、あんなに飲んで大丈夫だったかな?」などと心配されるケースもあるかもしれません。
もちろん、妊娠がわかる前の段階でもアルコールは摂取しない方がリスクは少ないのですが、赤ちゃんに与える影響という意味では、妊娠のどの時期の飲酒かによってもリスクは変わります。

妊娠中の飲酒でもっとも注意しなくてはいけないのは、妊娠4週目から15周目の妊娠初期です。
赤ちゃんの臓器などがつくられるこの時期は、アルコールの影響が赤ちゃんの身体や発育にも影響を与える可能性が高く、特に奇形のリスクが高くなると言われています。

食欲が戻ってきても油断禁物!妊娠安定期での飲酒が及ぼす影響

16周目以降のいわゆる安定期に入ってからでも注意は必要です。
妊娠16週目以降のアルコール摂取は赤ちゃんの神経系に影響を与える可能性があるといわれています。
それまでのつらかったつわりなどから解放され、食欲も徐々に戻ってくるタイミングのため、普段からお酒を飲んでいる方はお酒が飲みたくなる時期かもしれません。
ですが、生まれてくる赤ちゃんのことを考えると、飲酒は我慢したほうがいいでしょう。

安定期以降では、発達遅延や中枢神経系の機能不全などの異常が出る可能性があると言われています。
お腹の中で成長が遅くなってしまい、低体重・低身長の赤ちゃんが生まれてくるリスクもあります。
さらに、奇形などの外見だけではなく、言語発達や注意欠陥などの学習や発達における知能障害のリスクを高くなります。
日本では、約1~2万人のうちの1人に発症していると言われています。

もしうっかりお酒を飲んでしまったら?

a0001_014355

飲酒したからといって、必ず胎児性アルコール症候群になるわけではありません。
実は、「この量であれば大丈夫」といった明確な指標はないのです。
欧米では、胎児性アルコール症候群の危険はないとされる飲酒量は「1日1ドリンク、週に7ドリンク以下(1ドリンク:純アルコール10g、ビール250ml程度)」となっています。
ですが、日本人とは体型が違うため、当てはめて考えないほうが良いとされています。

妊娠発覚前にお酒を飲んでしまった、意図せずに妊娠中にアルコールを体内に入れてしまった、そんなこともあると思います。
普段からお酒を飲む習慣のある方の場合、妊娠がわかる前にまったくアルコールを摂らないというのは難しいかもしれません。
妊娠がわかる前に飲酒してしまったことは仕方のないことです。
気にしすぎるとストレスが溜まるだけなので、自分を責めないようにしてください。
「妊娠に気づく前にたくさんお酒を飲んでしまっていた…」という方でも、健康な赤ちゃんを生んだという事例はたくさんあります。
あまり神経質になってもよくありませんから、妊娠がわかったらやめるようにしましょう。

産後のお酒は?授乳期にアルコールが母乳に及ぼす影響

50818a76847c25cae2e8a59c194f17b2_s

禁酒などをして、我慢してめでたく出産となっても安心はできません。
というのも、授乳期にはママの摂取したアルコールが母乳を通して赤ちゃんの体内に入ってしまい、様々な問題を引き起こしてしまうからです。
赤ちゃんの脳や身体に発達の遅れ、具体的には低身長や低体重、記憶障害、学習障害などの悪影響を及ぼす可能性があります。
これは、もちろんお酒に限った話ではなくタバコなども同様です。
そのため、飲酒は授乳期が終わるまで我慢してください。
もちろん、タバコはそのまま禁煙を続けるのがベストです。

まとめ

妊娠中と授乳期のアルコール摂取は、決して赤ちゃんにとっては良いことはありません。
禁酒のためストレスを受けることもよくないで、ノンアルコール飲料などを代わりに飲むなどして、気分を紛らわしてみてはいかがですか。

もし妊娠に気づく前に飲酒をしてしまい、どうしても気になる方は、出生前診断などで胎児に異常がないか調べるという方法もありますので、ご夫婦でよく話し合って検討してみてください。

IMG_1348
Yuko

Mama writer
2人の男の子のママです。まだまだ戸惑う育児、時間に追われる家事ですが、夫婦で協力して忙しいながらも今しか味わえない日々を楽しめるようにしています。記憶に残るライターとして皆さまにお届けしていきます。

編集部おすすめ

MATERNITY SOUP

妊娠中の栄誉補給とマイナートラブルのために

マタニティスープ

妊娠中の食生活が気になるママに。
産婦人科 佐藤病院・妊産婦ケア専門の管理栄養士・お子さんのいるママの声から生まれた
妊娠中のママとおなかの赤ちゃんのためのスープです。

MATERNITY SOUP

妊娠中のママとおなかの赤ちゃんへの贈り物

マタニティスープギフト

これからママになる大切な人への妊娠祝いに。
妊娠中のママが元気に安心してマタニティライフを送れるように
家族や友人みんなで食生活をサポートするマタニティ応援ギフトです。

マタニティスープは妊娠中の女性たちととことん向き合って開発しました

最新記事