妊娠中につらい胃痛、胃もたれ!妊婦さんは胃薬を飲んでも大丈夫?

妊娠中につらい胃痛、胃もたれ!妊婦さんは胃薬を飲んでも大丈夫?

妊娠中につわりだけではなく、胃痛や胃もたれ、胃腸の不調に悩まされる方も多いと思います。
中には妊娠していることに気づかず、「胃薬を飲んでしまった!」と焦ってしまう妊婦さんもいらっしゃるかもしれません。
今回は、そんな妊婦さんのために妊娠中の胃の不調の原因や胃薬を飲んでも大丈夫か、また胃の不調の改善方法などまとめてみました。

妊娠中になぜ胃の不調が起きるの?

妊娠中は、胸やけや吐き気、空腹時の気持ち悪さ、みぞおちのあたりがキューッと締め付けられる、チクチク・キリキリ痛むなど、いろいろな胃の不快感に悩まされる方が多いかと思います。
妊娠中の胃痛の主な原因は、「ホルモンバランスの変化」「環境・心理的な問題」が大きく関わっていると考えられています。
また、妊娠中はホルモンバランスが変わるのと同時に自律神経のバランスも崩れやすくなります。
自律神経の働きが乱れると胃粘液分泌の減少や胃酸過多を起こし胃の粘膜を荒らしたり、消化不良を起こす原因を作ります。
そのため胃痛や吐き気、胸焼けを引き起こしてしまうのです。

妊娠初期の胃の不調が起こる原因

妊娠初期は主につわり症状のひとつとして胃もたれ等の不快な症状が現れます。
これは、妊娠すると女性ホルモンの一種であるプロゲステロンが大量に分泌されることが原因だと言われています。
しかし、プロゲステロンは妊娠を維持するために、胃腸の働きを抑制してしまう働きもあるのです。
胃腸の働きが弱くなるため、消化不良を起こしやすくなり、さまざまな胃の不快な症状が現れるのです。

また、吐きづわりが原因の場合もあります。
吐くと胃酸が食道に逆流するため、粘膜が溶けて炎症が起きてしまうのです。

妊娠中期~後期の胃の不調が起こる原因

妊娠中期~後期になると、大きくなった子宮が胃を圧迫することで胃の動きが悪くなったり、胃を押し上げられることが原因で、胃もたれや胸やけ、逆流性食道炎等の症状が現れやすくなります。
中には出産まで胃の不調が続く方もいるようです。

妊娠中は胃薬を飲んでも大丈夫なの?

妊娠中のつわりの他に、多くの方が抱える胃の不快感、吐き気、胸焼け、消化不良、胃もたれなどなど、胃にまつわる症状はさまざまです。
寝られないほどつらくて、胃薬に頼りたくなってしまう気持ちもわかります。
ですが、妊娠中は安易に薬を服用するのはやめましょう!

一般的に産婦人科で処方されることが多い胃薬は、「ムコスタ」「セルベックス」が多いようです。
しかし、妊娠中の服用に関する安全性が確立されていない胃薬が多いのです。
例えば「ムコスタ」は、説明書に「治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ」と記載されています。
しかし他の胃薬に比べて、リスクが低いと考えられているため、処方されるようです。

妊娠中に胃薬を服用する場合、かかりつけの産婦人科の医師に処方してもらいましょう。
また、もし家に市販の胃薬があり、飲んでも大丈夫か不安な場合も、産婦人科の医師に必ず聞いてみましょう。
決して、自己判断で大丈夫だろうと飲んでしまわないように気を付けてください。

妊娠中、胃薬を飲んだら赤ちゃんに悪影響がある?

もし万が一、妊娠中に市販の胃薬を飲んでしまうことがあるかもしれません。
その場合、お腹の赤ちゃんに影響がないか、心配になるかと思います。

ですが、妊娠中は100%大丈夫という保証はありません。
特に赤ちゃんに影響が出ると言われている妊娠初期は非常に注意が必要です。
中には「奇形児」や「発育不全」「流産」など、深刻な症状が起こる可能性があります。
ですので、妊娠中は胃薬を自己判断で服用することは絶対にやめましょう。

妊娠中、胃の不調の改善方法は?

消化に良いものを食べる

妊娠中、つわりの症状があるときは食べられるものを食べることが大事です。
しかし、胃もたれ等が起きている間は、食事は控え、胃を休めるようにしましょう。

症状が治まってきたら、胃に負担がかかる刺激物や脂っこい食べ物は避け、水分が多いものや温かい食べ物、消化の良いものをとるようにしましょう。
胃腸に優しいヨーグルトやミルクがオススメです。
これらの食品は胃酸をコントロールしてくれる働きがあります。
また、妊娠中は酸っぱい柑橘系の果物を食べたくなることもありますが、柑橘系の果物の酸は胃腸に負担になることもありますので注意が必要です。

食事を複数回に分けて、よく噛んで食べる

胃の負担を減らすためにも、食事は時間をとってゆっくりと食べるか、何回かに分けて少量ずつ食べると良いでしょう。
また、よく噛んで食べるようにすると唾液が多く分泌され、消化しやすくなり、胃の負担を減らすことができます。

ビタミンB6を摂取する

妊娠中に不足しがちな栄養素としてビタミンB6があります。
ビタミンB6が不足すると胃の粘膜がただれやすくなりますが、その結果、口内炎や口角炎に原因にもなります。
ビタミンB6が多く含まれる食品は、牛や鶏のレバー、鶏ひき肉などの肉類、まぐろやカツオなどの赤身の魚、ピーナッツやひまわりの種など種実類などです。
妊娠中はビタミンB6をしっかり摂るようにして、胃の粘膜を守りましょう。

寝る姿勢を工夫する

胃もたれなどがひどい場合、横になっていた方が楽な場合もあります。
ですが、吐き気が治まらないと、寝るのが逆につらい場合もあります。
逆流性食道炎の場合は食後にすぐ横になってしまうと、胃酸が逆流することもあります。
食後はなるべく上体を起こし、クッションなどを利用して楽な姿勢で休みましょう。
また、仰向けで頭を低くしてしまうと胃液が逆流しやすくなり胸やけの原因になります。
仰向けの場合は枕をやや高くしておきましょう。

就寝時は体の右側を下にして横向きで寝るのが良いでしょう。
妊婦さんは足がむくみやすくなるので、時々足の下に丸めたバスタオルなどを入れて足を上げ、むくみを防ぎましょう。

楽な姿勢は人によって異なるので、楽な姿勢を探してみましょう。
ですが、お腹を圧迫しないように気をつけましょう。

リラックスする

お腹を冷やしてしまうことは、胃の不調の原因のもなります。
妊娠中は冷たい飲み物や食べ物はできるだけ控えるようにしましょう。
胃の働きを回復させるためには、腹巻や湯たんぽなどでお腹を温めると効果的です。
また、お風呂にゆっくり浸かるのも良いですね。

この他、身体や胃を締めつけ過ぎる下着や洋服は避け、ゆったりとした服を着て過ごしてください。
またストレスを和らげるためにも、好きな本を読んだり、ゆっくり音楽を聴くのも良いでしょう。

胃の不調を改善するために温かいスープもオススメです


妊娠中、つわりの他に胃の不快感で、食事がとれずに悩んでいる方、また栄養バランスが心配な方、おなかの赤ちゃんに安心な物を食べたい方など悩みは人それぞれ。
そんな妊娠中のマタニティライフを美味しくサポートしてくれる食品も上手に利用してみましょう。

オススメは、妊娠中の「欲しかった」をママたちと産婦人科医・栄養管理士が形にした「マタニティスープ」。
スープは身体を温めてくれて、胃にも優しい食べ物です。
粉末のスープなので、いつでも誰でも簡単に作ることができて便利。
さらには胃にも優しいので、胃腸の不調でなかなか栄養が摂れないと不安な妊婦さんにはオススメですよ。

妊娠中の食生活の改善に!マタニティスープお試しセット実施中!!


送料無料のマタニティスープお試しセットを公式WEBサイトで発売中です。

『ほうれん草とじゃがいものポタージュ』『とうもろこしと豆乳のポタージュ』『わかめとガゴメ昆布の海藻スープ』『生姜トマトスープ』の4種類が楽しめます!

※お試しセットの内容は変更になる場合がありますので、詳しくは公式WEBサイトで確認してください。

4種類の味があるので、毎日飽きずに飲むことができます。
また、粉末のスープの素にお湯を注ぐだけなので、つわりや胃腸の不調で食欲がないときにも飲みやすく、妊娠中に必要な栄養素も手軽に摂れます!

さらには、マタニティスープは赤ちゃんに大切な栄養素の葉酸・鉄分・カルシウム・ビタミンがしっかり摂れる栄養機能食品でもあります。
安心安全にこだわって作られているので、化学調味料や着色料などは無添加というところも嬉しいポイントです。

なぜ栄養はスープで摂るの?

①サプリメントより2倍もカラダに吸収されやすい!

栄養は口の中(とくに舌下)からも吸収されやすく、胃や腸で吸収されるサプリメントよりもスープの方が、効率よく栄養が吸収されやすいのです。

②お腹を温め、冷えを解消!

お腹には、“第2の脳”とも言われるほど重要な臓器である腸があります。
温かいスープでカラダの中から温めて冷え対策をしましょう。

③朝スープでカラダを目覚めさせ、免疫力をUP!

36.5℃の体温が1℃下がると、免疫力は約3割も落ちるという説があるほど、体温と免疫力は密接に関わっています。
朝に温かいスープを飲むことでお腹(とくに腸)を温めることでリンパ球の働きが高められ、免疫力がアップすると考えられます。

お腹の赤ちゃんと妊婦さんの健康的な食生活のために、マタニティスープを取り入れたマタニティライフを始めてみませんか?

まなみ

writer/管理栄養士
2人の女の子のママです。職業は管理栄養士でただ今育児休業中。優しいパパに支えられながら、家事育児に奮闘中です。2人の子どもの成長と休日の家族団らんが今の楽しみです。

編集部おすすめ商品

MATERNITY SOUP

妊娠中の栄養補給とマイナートラブルのために

マタニティスープ

妊娠中の食生活が気になるママに。
産婦人科 佐藤病院・妊産婦ケア専門の管理栄養士・お子さんのいるママの声から生まれた
妊娠中のママとおなかの赤ちゃんのためのスープです。

MATERNITY SOUP

妊娠中のママとおなかの赤ちゃんへの贈り物

マタニティスープギフト

これからママになる大切な人への妊娠祝いに。
妊娠中のママが元気に安心してマタニティライフを送れるように
家族や友人みんなで食生活をサポートするマタニティ応援ギフトです。

マタニティスープは妊娠中の女性たちととことん向き合って開発しました

最新記事