妊娠中に保険に入れる?帝王切開での出産は保険対応?

マタニティスープは妊娠中の女性たちととことん向き合って開発しました
妊娠中に保険に入れる?帝王切開での出産は保険対応?

妊娠はうれしいけど、不安もいっぱい。お金のこと大丈夫?

妊娠のことを「おめでた」と表現するように、妊娠・出産はうれしい気持ちやおめでたい気持ちになるものです。
とはいえ、うれしい気持ちだけではなく不安な気持ちも当然あります。
特にお金の問題は現実的な話として不安を覚える方も多いのではないでしょうか。

健康保険証は妊娠・出産では使えない?

3073ade5f3ef337d67fb0433bce947a4_s

皆さんが病院で健康保険証を出すと医療費の一部を国などが負担してくれるため、自己負担分が少なくて済みます。
年齢などによって若干の差はありますが、多くの方は3割負担になります。
ですが、妊娠・出産の場合は、原則として健康保険証は使えません。
つまり、国などが代わりに医療費を負担してくれるわけではないということです。

その代わりに出産育児一時金というお金が支給されます。
現在は1児につき42万円の支給とされています。
また、妊娠にかかる検診については、自治体によっては無料の場合もあります。
無料の回数に制限があったり、一部負担金が発生したりと自治体によって制度が様々ですので、お住まいの地域の制度を一度調べてみてください。

帝王切開っていくらかかるの?やっぱり健康保健は使えないの?

5d586a12a3d68d8f9a02a757b2a54aeb_s

先ほど、出産には健康保険証は使えないと書きましたが、健康保健が適用されるケースもあります。
その一つが帝王切開での出産の場合です。
全国健康保険協会のホームページには出産と帝王切開について、このように書いてあります。
「正常な出産、経済上の理由による人工妊娠中絶は、療養の給付の対象になりませんが、帝王切開等による分娩の場合は療養の給付が行われます。」

療養の給付というのは、簡単にいうと健康保健の3割負担の制度が使えますということです。
つまり、帝王切開の場合には、医療費は全額負担ではなくて一部負担で済みます。

医療費が高かった場合には高額療養費で返金してもらうケースも

帝王切開などにかかる医療費が高額になった場合、かかった費用を返金してもらえる高額療養費という制度があります。
医療費がいくら以上の場合に返金してもらえるのかは所得に応じて変わりますが、仮に大きな負担になるような医療費がかかったとしても、返金してもらえるシステムがあるのは安心できます。
ただし、高額療養費は自分で申請しないと返金されない仕組みになっていますので、その点は注意しましょう。

民間の保険は利用できるの?

38958eb7797893c335795422962d5284_s

ここまでは健康保健のことについてお伝えしてきましたが、保険制度には健康保健のような公的な制度だけでなく、民間の保険会社が提供している保険もあります。
民間の保険会社の場合、医療保険の範囲で妊娠・出産についても保険がおりることがあります。
また、帝王切開についても特約をつけることで保険がおりることが多いようです。
民間の保険の種類は非常に多いので、一概に「絶対これでOK」とは言えませんが、今は入っている保険や、これから入る保険の検討材料にしてみるといいでしょう。

妊娠してからも民間保険は入れるの?

妊娠が判明した時点で民間の保険に加入していなかったという方もいると思います。
でも大丈夫です。
多くの民間の保険では妊娠6か月目くらいまでの間であれば保険への加入が可能です。

ただし、妊娠が判明してからの加入の場合には帝王切開などは保険の対象外となることがほとんどなので注意が必要です。
帝王切開以外にも吸引分娩や切迫早産、切迫流産などにかかる医療費も保険適用外となることが多くなっています。

保険会社によっては妊娠がわかってからの加入でも帝王切開が保険の対象となる商品もあるようですが、その場合でも「加入できるのは妊娠◯◯週まで」という条件がついていますし、保険料は他の保険に比べると割高になる傾向がありますので注意してください。

2回目以降の帝王切開には保険は適用されるの?

9cb0ca6abf121eaa292991f9c9dc3b8b_s

一度帝王切開で出産すると、それ以後の出産は基本的に帝王切開になります。
その場合に民間の保険会社の保険は適用されるのでしょうか。
保険会社によっても異なりますが、保険がきかないケースの方が多いようです。

なぜかというと、保険の契約上、帝王切開にかかる保険適用は1回までとか、一度帝王切開をした場合5年間は帝王切開にかかる保険適用はされないといった条件がついているケースが多いからです。
「5年間」などの期間が定められている場合には、その期間が過ぎれば再び保険が適用されますが、その間は保険適用されないので注意が必要です。

帝王切開が不安な場合には妊娠前の保険加入がおすすめ

ここまで妊娠・出産と帝王切開に関する保険のことをお伝えしてきました。
出産育児一時期と民間保険を利用すればお金に関しては充分は保証が受けられます。
なかには、おつりが来たという人もいるようです。
帝王切開にかかるお金が不安な方は妊娠前に民間保険に加入しておくと保険料などもお得になることが多いで、計画的に利用してみるといいでしょう。

IMG_1348
Yuko

Mama writer
2人の男の子のママです。まだまだ戸惑う育児、時間に追われる家事ですが、夫婦で協力して忙しいながらも今しか味わえない日々を楽しめるようにしています。記憶に残るライターとして皆さまにお届けしていきます。

編集部おすすめ商品

MATERNITY SOUP

妊娠中の栄誉補給とマイナートラブルのために

マタニティスープ

妊娠中の食生活が気になるママに。
産婦人科 佐藤病院・妊産婦ケア専門の管理栄養士・お子さんのいるママの声から生まれた
妊娠中のママとおなかの赤ちゃんのためのスープです。

MATERNITY SOUP

妊娠中のママとおなかの赤ちゃんへの贈り物

マタニティスープギフト

これからママになる大切な人への妊娠祝いに。
妊娠中のママが元気に安心してマタニティライフを送れるように
家族や友人みんなで食生活をサポートするマタニティ応援ギフトです。

マタニティスープは妊娠中の女性たちととことん向き合って開発しました

最新記事