妊娠中に出来る赤ちゃんに栄養を届ける方法!ポイントは食べ物にあり!

マタニティスープは妊娠中の女性たちととことん向き合って開発しました
妊娠中に出来る赤ちゃんに栄養を届ける方法!ポイントは食べ物にあり!

お腹に赤ちゃんがいるとわかってから、もう女性はママになります。
妊娠中からお腹の中の赤ちゃんのためにできることなら、何でもしたいと思って過ごしているでしょう。
やっぱり一番の役目は、ちゃんと赤ちゃんを育てること、です。
そのために重要なことといえば、食事ですね。
赤ちゃんはママが食べた食事に含まれている栄養で成長します。
栄養を届けるためのポイントは食べ物にありますね。
妊娠中にどんな食事をしたらいいのか、どうやって栄養を届けてあげたらいいのか、そのポイントをご紹介します。

赤ちゃんに栄養が送られる仕組み

251c354f9207da4d0a8507989118e91d_s

赤ちゃんにはママが食べた食事から栄養が送られているのですが、どのように送られているか知っていますか?
赤ちゃんは最初、自分の周りにある栄養で育ちます。
まだ胎盤ができていない時期は、ママから栄養が送られる仕組みができていないからです。
胎盤ができるのが14週目から16週目ごろといわれているので、胎盤ができあがると赤ちゃんへの栄養はママの食事から送られることになりますね。

でも、口から栄養を摂りこむわけではありません。
赤ちゃんは羊水の中にいます。
水の中にいる状態ですね。
そのため、ママと繋がっているのはへその緒を通じてです、へその緒は胎盤と繋がっていて、そこから酸素や栄養を補って大きくなっていきます。
そのため、ママの食事で摂取した栄養は、一度胎盤へ送り込まれます。
ママと赤ちゃんを結ぶ中継地点のようなものですね。
胎盤に蓄えられた栄養を少しずつ吸収して赤ちゃんは大きくなります。

妊娠中の食事で気を付けること

ce11c6b953c67d7a5ac32a78d3e5dbf0_s

たくさん食べ過ぎない

赤ちゃんのためだから、とたくさん食べるのがいいことのような気がしますが、実は間違いです。
前までは赤ちゃんのためにたくさん食べるべき、なんて言われていたので、まだその感覚が残っている人も多いです。
でも今は、あまり食べ過ぎないようにと指導される人が多いです。
体重があまりに増えすぎてしまうと、出産が難産になりやすいとか、妊娠高血圧のリスクが高まるといわれているからです。
病院によっても異なりますが、体重管理をしっかりするという産婦人科が増えてきています。
やはり少しでも出産時に怖いリスクを減らすために、多くの病院で取り組んでいるのでしょう。

質を高める

たくさん食べられないと栄養が足りないのではと思うかもしれませんが、食事は量より質です。
特に妊娠中は質にこだわってください。
おすすめしたいのは緑黄色野菜ですね。
ビタミンやミネラルなど、赤ちゃんが欲しがっている栄養を含んでいます。
また野菜は低カロリーなので体重増加もそれほど影響しないですし、たくさんの栄養が効率よく吸収できる食材です。

そして赤ちゃんの身体を作るためのたんぱく質も必須ですが、気を付けたいのは単一のたんぱく質ばかりを摂らないこと、です。
お肉も魚も卵も、いろいろなものを食べてください。
単一のたんぱく質を食べていると、アレルギーになりやすい、といわれています。
生まれてきてからのことを考えて、妊娠中から気を付けておきたいですね。

大事なのは効率よく届けること

8a64918db81f6fe32ed7f1055d083d36_s

食事をする上で大事なのは、効率よく届けることです。
栄養をたくさん摂取しようと思って量が多くなりすぎても大変ですよね。
食べられる量には限りがあります。
無理して食べるのはママの身体にも負担がかかりすぎるので避けてくださいね。
効率を重視した食事を心掛けましょう。

妊娠中の栄養補給にマタニティスープ

妊娠中は気を使う食事ですが、栄養がしっかりと補えていれば問題はありません。
後は先生と相談しながら、体重の増加ペースなども計算して考えていくことになります。
栄養補給は出来るだけ気軽にしたいけれど、食事にはこだわりたいという人におすすめしたいのが、ベジタルのマタニティスープです。

自分でスープを作ると大変ですが、お湯を注ぐだけという簡単なスープです。
あれもこれもと食材を入れる必要がないのに、ちゃんと栄養が補えます。
妊娠中には不可欠な葉酸はもちろんですし、それ以外にビタミンやミネラルなど、とにかく栄養バランスがいいのが特徴です。
食事に気を使っていると、栄養素の質などの心配になるでしょうが、添加物などもなくて妊婦さんでも安心して飲めるようになっています。
味も選べるので飽きも来ないですし、お腹は空いたけど体重が増えすぎて困っている…という妊婦さんでも飲めるようになっています。

お腹にいる赤ちゃんのためにも、そしてママのためにも、栄養が簡単に補えるスープを試してみませんか?

マタニティスープ 03-5256-6155(平日9:00~18:00)
http://maternitysoup.jp/

672_560_0002_モニター02
・現役ママ3000人、妊婦栄養研究の管理栄養士、産婦人科が共同開発!
・現役ママにも、未来のママにも、必要な栄養素が凝縮!
・化学調味料、合成着色料、人工保存料、人工甘味料、合成香料を使わず無添加!
・第三者機関による検査済み!

まなみ

writer/管理栄養士
2人の女の子のママです。職業は管理栄養士でただ今育児休業中。優しいパパに支えられながら、家事育児に奮闘中です。2人の子どもの成長と休日の家族団らんが今の楽しみです。

編集部おすすめ商品

MATERNITY SOUP

妊娠中の栄誉補給とマイナートラブルのために

マタニティスープ

妊娠中の食生活が気になるママに。
産婦人科 佐藤病院・妊産婦ケア専門の管理栄養士・お子さんのいるママの声から生まれた
妊娠中のママとおなかの赤ちゃんのためのスープです。

MATERNITY SOUP

妊娠中のママとおなかの赤ちゃんへの贈り物

マタニティスープギフト

これからママになる大切な人への妊娠祝いに。
妊娠中のママが元気に安心してマタニティライフを送れるように
家族や友人みんなで食生活をサポートするマタニティ応援ギフトです。

マタニティスープは妊娠中の女性たちととことん向き合って開発しました

最新記事