妊娠中に風邪を引いたときの対策とは?

妊娠中に風邪を引いたときの対策とは?

妊娠中の日々の体調管理はいつも以上に気を遣いますよね。
それでも妊娠中は体力や免疫力が低下し、風邪を引きやすくなります。
妊娠中の風邪は赤ちゃんに影響するの?薬を飲んでいいの?など、心配は尽きません。
妊娠中の風邪がお腹の赤ちゃんにどのように影響するか、また風邪対策についてまとめてみました。

なぜ妊娠中は風邪を引きやすくなるの?

妊娠中、風邪を引きやすくなるのはなぜでしょうか?
妊娠するとどんなに健康な人でもホルモンや自律神経のバランスが乱れやすいため、免疫力が低下しやすくなります。
そのため、細菌やウイルスを撃退する力が弱まってしまうので、風邪を引きやすくなってしまうのです。

妊娠中の風邪、赤ちゃんへの影響が心配・・・。

妊娠中の発熱

妊娠中に風邪を引き、発熱した場合、赤ちゃんへの影響が心配になりますよね。
発熱するのは、人の体の中に風邪やウイルスが入り込むと、熱を出してそれらの異物を退治しようとするからです。
ですので、発熱すること自体は決して悪いことではありません。
しかし、母体の体温が上がると、赤ちゃんの体温も上がります。
微熱程度、また高熱が出ても1日で治まる場合は心配いりませんが、38℃以上の熱が2日以上続いたり、40℃以上の高熱が出た場合は、母体も体力を消耗しますし、赤ちゃんの心拍が上昇するなどの影響も心配ですので、病院を受診しましょう。

妊娠中の咳

激しく咳をするとお腹に力が入るので、流産してしまうのでは?と心配になる方もいると思います。
けれども、咳が原因で流産のリスクが高まるということはありません。
軽い咳や睡眠の妨げにならない程度の咳で、数日で症状が治まるものなら、心配いりません。
しかし、激しい咳は体力を消耗しますし、咳が続くのは辛いので、長期間続くようであれば、病院を受診し咳止め薬を処方してもらいましょう。

妊娠中の下痢

風邪が原因で下痢や嘔吐を引き起こすこともあります。
下痢で腹圧がかかっても流産することはないと言われています。
また、食事が食べられなくても水分補給ができていれば、赤ちゃんへの影響は心配いりません。
しかし、下痢が続く場合、母体が脱水症状を引き起こすことがあります。
その場合、胎盤への血流量も少なくなってしまうので、症状が続くようであれば、一度受診しましょう。

妊娠中に風邪薬は飲んで良いの?

妊娠中風邪を引き、病院に行く時間がない場合、市販の風邪薬を飲みたくなるかもしれません。
けれども、その薬は妊娠中に飲んでも大丈夫なのでしょうか?

現在市販されている薬のうち赤ちゃんに強い影響を与えるものは、それほどないと言われています。
しかし、中には赤ちゃんに影響が出るものもあります。
市販の風邪薬を服用する場合は、安易に服用せず、必ずかかりつけの産科医に相談しましょう。

妊娠中お腹の赤ちゃんに薬の影響はいつから?

妊娠に気づかず「風邪引いたから薬を飲もう」と薬を服用してしまうこともあるかもしれません。
妊娠が発覚し、「薬飲んだけど大丈夫かな?」と不安になる方も多いと思います。
妊娠超初期(~妊娠4週未満)は、赤ちゃんの神経や身体の器官が作られる前なので、薬の影響はないと言われています。

薬の影響がもっとも赤ちゃんに出る可能性が高いのは、妊娠初期(妊娠4週目から妊娠7週目末)です。
この時期に心臓や神経、手足などの重要な器官がほとんど作られます。
妊娠8週目以降は、赤ちゃんの生殖器などの形成は続いている時期です。
リスクは低くなりますが、薬の影響が赤ちゃんに出る可能性は少なからずあります。
引き続き薬の服用には慎重になる必要があります。

妊娠中期の5ヶ月目(妊娠16週以降)以降は、一般的に安定期と言われる時期です。
この時期、体の器官はほぼ完成しているので、赤ちゃんの「奇形」の原因になることはありません。
しかし、薬の種類によっては、赤ちゃんの精神・知能の発達や身体の発育を妨げたることもあります。
そのため、引き続き注意が必要です。

妊娠中はインフルエンザワクチンは接種して良いの?

妊婦さんがインフルエンザにかかると、妊娠中は免疫力が低下しているので重症化する可能性があります。
インフルエンザは通常の風邪とは違い、高熱が出て、倦怠感など全身症状が現れ、体力が消耗します。

インフルエンザワクチンは毒性をなくした不活性ワクチンを使用しているので、お母さんにもお腹の赤ちゃんにも大きな影響はないと言われています。
病院によっては防腐剤の含まれていないワクチンが用意されていますので、気になる場合は先生によく相談してみましょう。

インフルエンザワクチンの接種時期は、妊娠全時期において可能とされています。
ただし、妊娠16週未満の妊婦や卵アレルギーのある妊婦はワクチンを打つことができないので注意が必要です。
病院によって、接種可能時期が異なるので、接種予定の病院に確認しておきましょう。

妊娠中の風邪の予防対策は?

うがい・手洗いは基本!

妊娠中は免疫力が低下しているので、風邪等の菌をもらいやすいです。
外出先から帰宅したら、必ず手洗い・うがいをしましょう。
水でうがいするよりも殺菌作用のあるお茶や紅茶でうがいをすると効果的です。
また、インフルエンザ等感染症が流行る時期であれば、マスクの着用も必須です。

睡眠・休養をたっぷり取りましょう

妊娠中は、普段よりも疲れやすく強い眠気に襲われることが多くなります。
免疫力を高めるためには、体を休めることが大切です。
妊娠中は普段よりも疲れやすく、強い眠気に襲われることが多くなります。
そんなときは、無理せずゆっくり寝るようにしましょう。

喉の乾燥を防ぎましょう

乾燥する時期、室内の湿度に注意しましょう。
喉が乾燥すると、ウイルスが付着しやすくなります。
加湿器を利用して、適切な湿度を保つようにしましょう。
また時々換気をすることも忘れずに!

バランスの取れた食事を心がける

栄養バランスの良い食生活を心がけましょう。
妊娠中の風邪のときにお勧めの栄養素は、「炭水化物」「タンパク質」「ビタミン」です。
また、体を温める食材も摂取するようにしましょう。

風邪からの回復を早める食べ物は、緑黄色野菜、柑橘系の果物、納豆、梅干し、ニンニク、しょうが、ネギ、ヨーグルト、豚肉、卵などがあります。
これらの食材を使って、体の温まる食事を作ると良いでしょう。

妊娠中は、つわりや嗜好の変化等で、食事内容が不規則になります。
無理のない程度で、できるだけ栄養のある食べ物をバランスよく食べるようにしましょう。

簡単に美味しく栄養補助食品を上手に利用してみましょう。

妊娠中は食事のことで悩まれる方が多いですよね。
つわりで食事がとれない方、栄養バランスが心配な方、おなかの赤ちゃんに安心な物を食べたい方など悩みがいっぱい。
そんなあなたのマタニティライフを美味しくサポートしてくれる栄養補助食品を上手に利用してみましょう。
妊娠中の「欲しかった」をママたちと産婦人科医・栄養管理士が形にした「マタニティスープ」。
「野菜不足かな、何か一品追加したいな、ちょっとお腹が空いたな・・・」そんな時におすすめなのがマタニティスープなんです。

まとめ

送料無料のお得なセットをまずお試しください!

マタニティスープには4種類の味があります。
「ほうれん草とジャガイモのポタージュ」
「とうもろこしと豆乳のポタージュ」
「生姜トマトスープ」
「ガゴメ昆布入り海藻スープ」
4種類の味があるので、毎日飽きずに飲むことができますよ。

また、粉末のスープの素にお湯を注ぐだけなので、つわり等で食欲がないママさんも簡単に作ることができるので、手軽に摂取することができます!
マタニティスープは安心安全にこだわって作られていて、安心の5大無添加。
また、どのスープにも葉酸・鉄分・カルシウム・ビタミンDが含まれているので、赤ちゃんに大切な栄養素が簡単に摂取できます。
お腹の赤ちゃんと妊婦さんの健康的な食生活のために、マタニティスープを取り入れたマタニティライフを始めてみませんか?

マタニティスープお試しセット実施中!!


送料無料の入りマタニティスープお試しセットを公式WEBサイトで発売中です。
お試し価格:780円(税込・送料無料)

『ほうれん草とじゃがいものポタージュ』『とうもろこしと豆乳のポタージュ』『わかめとガゴメ昆布の海藻スープ』『生姜トマトスープ』の4種類が楽しめます!

※お試しセットの内容は変更になる場合がありますので、詳しくは公式WEBサイトで確認してください。

ゆき

Mama writer/元看護師
2人の男の子のママで、現在第3子妊娠中。毎日家事育児に奮闘しながら、次男出産後に取得したアロマやデコパージュのレッスンの講師をしています。自分の経験を元に皆様に役立つ記事を書いていきたいと思います。

編集部おすすめ商品

MATERNITY SOUP

妊娠中の栄養補給とマイナートラブルのために

マタニティスープ

妊娠中の食生活が気になるママに。
産婦人科 佐藤病院・妊産婦ケア専門の管理栄養士・お子さんのいるママの声から生まれた
妊娠中のママとおなかの赤ちゃんのためのスープです。

MATERNITY SOUP

妊娠中のママとおなかの赤ちゃんへの贈り物

マタニティスープギフト

これからママになる大切な人への妊娠祝いに。
妊娠中のママが元気に安心してマタニティライフを送れるように
家族や友人みんなで食生活をサポートするマタニティ応援ギフトです。

マタニティスープは妊娠中の女性たちととことん向き合って開発しました

最新記事