妊娠中のアレルギーに気をつけよう!妊娠性鼻炎の3つの怖さ

マタニティスープは妊娠中の女性たちととことん向き合って開発しました
妊娠中のアレルギーに気をつけよう!妊娠性鼻炎の3つの怖さ

放ってはおけない妊娠性鼻炎

妊娠中には、女性ホルモンの変化に伴い「妊娠性鼻炎」が起きることがあります。
それまで鼻炎症状が起きなかった方でも発症するのが特徴で、鼻水やくしゃみに急に悩まされるようになります。
花粉症や風邪と間違えやすいのですが、産後1~2ヵ月すれば自然に治まります。
しかし、妊娠性鼻炎には主に3つの怖さがあると言われておりますので、妊婦さんにとって役立つ情報としてご紹介させていただきます。

不眠に陥る危険性あり!

97f68ba94f4ebb2e636903265237eb10_s

まず一つめは、鼻水やくしゃみが続くことによって不眠になってしまうケースがあるということです。
これは、出産後には治まるとわかってはいても、見過ごすことができない事態です。
なぜならば、不眠になってしまうことでストレスを抱え込んでしまい、うつ状態になってしまう危険性があるからです。

うつ状態は「慢性化」しやすい傾向の強い症状のため、「妊娠性鼻炎」による鼻水やくしゃみが完治しても、不眠に伴ううつ症状だけが残ってしまうケースが多々あります。
うつ状態が続いてしまうと、ますます不眠状態から抜け出せなくなり、赤ちゃんの子育てなどがおろそかになってしまうという負の連鎖を起こしかねません。
なので、妊娠性鼻炎そして不眠症状には細心の注意を払い、不安な事があればすぐに産婦人科に相談へ行くことをオススメします。

アレルギーとの勘違いに注意!

861288a71ee06e50de4e4adff23034e1_s

2つめは、妊娠性鼻炎と間違いやすいアレルギーによる鼻炎のケースです。
アレルギー性の鼻炎や、花粉症が原因になっている症状を「妊娠性鼻炎」と勘違いしてしまうと、場合によっては、非常に重篤な事態を引き起こす可能性があるのです。
妊娠性鼻炎と食物によるアレルギーを勘違いすると危険です。

食物アレルギーの危険性とは以下のようなものです。
ある食物にアレルギーを持つ人が、そのアレルゲンとなる食物を摂取してしまった場合にアナフィラキシーという症状になり、極めて短時間のうちに皮膚や消火器、循環器などに蕁麻疹が出て、そのために意識障害や血圧降下を招き、死に至る危険性があるということです。
食物アレルギーの危険性は、このような死のニュースが度々報道されていることでもわかるように、世間によく知られるようになってきました。
普通は、食物アレルギーと妊娠性鼻炎を勘違いすることはないと考えられますが、間違える可能性がないとはいえません。
そのあたりの見極めは素人には難しいため、産科あるいは皮膚科へ行ってみた方がよいでしょう。

妊娠性鼻炎がアレルギーを加速させてしまう不安も!

a4417f9c7b619dfe24312cb8ed59f3a6_s

3つめの例は以下のようなケースです。
妊婦さんが、たまたま花粉症であって、チリやホコリといったハウスダストに弱い場合に、妊娠性鼻炎によってアレルギー症状がよりひどくなってしまうことがあります。
ただでさえつらい花粉症が、よりつらくなってしまうのは避けたいところです。
さらには、妊娠初期にあるつわりも加わると、ストレスを抱え込みやすくなります。
アレルギーは、公衆衛生のレベルが高まった結果、菌に弱い人間が増えたために多くなってきた疾患で、その意味で現代病の一つといえます。

現代では先進国では無菌状態といってよい状態が維持されているため、雑菌に触れて強くなるということがありえません。
これについては昔に戻ることはできないので、アレルギー体質の人間を減らすのは不可能なのが現状です。

妊婦さんの食生活と胎児のアレルギーには連関性が全くありません。
しかし、このような珍説に根拠があるかのようにメディアで取り上げられたり、一般の方が話していたりするケースがあるので惑わされないようにしたいですね。

妊娠性鼻炎の対処法は?

1441b5c6730a9d0edd3833daf886f110_s

妊娠中の鼻水・鼻づまりの対象法としては、以下の3つの方法を試してみてください。

1.鼻を温める

鼻水・鼻づまりを和らげるには、鼻を温めて血行を良くすることが効果的です。
温かいタオルを鼻の付け根に乗せたり、お風呂の湯船にゆっくりとつかったりしてお温めてみてください。
他にも、加湿器で部屋の中を温かい蒸気で満たすのも効果的です。

2.鼻うがいをする

生理食塩水(1Lのぬるま湯に9gの食塩を入れる)を鼻から吸って口から出す鼻うがいをすると効果的です。
ただし、鼻うがいをすると鼻の粘膜を傷つける恐れもあるので、やりすぎには注意してください。

3.鼻拡張テープを貼る

市販されている鼻拡張テープを貼ると、鼻の通りがよくなって鼻水もおさまりやすくなります。
貼ったままで効果を発揮するので、とくに睡眠中の鼻水や鼻づまりにオススメです。

妊娠性鼻炎からのストレスを防ごう!

【大谷】これは便利!マタニティタクシーを知っておくと便利!気になるマタニティタクシーとは

基本的には妊娠性鼻炎は生理症状であって、風邪やアレルギーなどの疾患とは異なりますから、それ自体は恐れる必要はありません。
問題は、前述したように他の症状を招くことがありうるということです。
特にストレスから精神疾患を招くのが怖いところです。

この精神疾患には、妊娠中のうつ状態と産後うつという産後に起きる可能性のある病気が存在します。
妊婦さんにとってうつ状態になるリスクは、多々あるということです。
これに関しては、妊婦さんはできるだけ精神的にリラックスした状態で過ごすようにするのがベストだといえるでしょう。
また身近な人に相談する、あるいはLINEやメールなどを使って様々なかたに相談するのもよいでしょう。
現代は核家族が多いため、妊婦さんの親世代の方に相談するのが難しいケースもあるので、コミュニケーションツールをうまく使いたいところです。

ストレスを感じたら病院へ!

しかし、それでもなおつらいと感じたり、耐え難いと感じたりする症状があったり、精神的にまいってしまったりしたときには、すぐに産科あるいは精神科を受診しましょう。
うつ病もアレルギーも慢性疾患なので完治は難しく、じわじわと進んだり停滞したりを繰り返すという特徴を持つ病気です。
ぜひこれを機に、アレルギーに関する知識を身につけ、妊娠生活を快適に過ごせるようになって下さいね!

IMG_1348
Yuko

Mama writer
2人の男の子のママです。まだまだ戸惑う育児、時間に追われる家事ですが、夫婦で協力して忙しいながらも今しか味わえない日々を楽しめるようにしています。記憶に残るライターとして皆さまにお届けしていきます。

編集部おすすめ商品

MATERNITY SOUP

妊娠中の栄誉補給とマイナートラブルのために

マタニティスープ

妊娠中の食生活が気になるママに。
産婦人科 佐藤病院・妊産婦ケア専門の管理栄養士・お子さんのいるママの声から生まれた
妊娠中のママとおなかの赤ちゃんのためのスープです。

MATERNITY SOUP

妊娠中のママとおなかの赤ちゃんへの贈り物

マタニティスープギフト

これからママになる大切な人への妊娠祝いに。
妊娠中のママが元気に安心してマタニティライフを送れるように
家族や友人みんなで食生活をサポートするマタニティ応援ギフトです。

マタニティスープは妊娠中の女性たちととことん向き合って開発しました

最新記事