妊娠中の便秘はこうして解消!妊婦さんの切実な悩みをスッキリ!

マタニティスープは妊娠中の女性たちととことん向き合って開発しました
妊娠中の便秘はこうして解消!妊婦さんの切実な悩みをスッキリ!

便秘知らずだった私が妊娠をきっかけに便秘に!
そんな話をよく耳にしますが、もとから便秘だった人はさらに状態が悪くなりがちな妊娠生活。
どうして妊婦さんは便秘になりやすいのでしょうか。
ここでは、妊娠と便秘の切っても切れない関係の原因や、効果的な改善方法について詳しくご紹介します。
ぜひ、参考にしてくださいね。

妊娠したとたん便秘に!妊婦さんに便秘が多いのはなぜ?


妊娠前は毎日スッキリだったのに、妊娠してからお通じの調子が悪くなったという人はいませんか?
気がつけば1週間出ていないなどという話も珍しくはありません。
まずは妊婦さんが便秘になりやすい理由・原因を探ってみましょう。

妊娠すると便秘になりやすい原因①:ホルモン変化

妊娠すると黄体ホルモンの分泌が増加。
この影響で、腸の筋肉が緩和状態になるとされ、便を押し出そうとする「蠕動(ぜんどう)運動」が不活発になり、便秘になってしまうのです。

妊娠すると便秘になりやすい原因②:子宮が大きくなる

妊娠したとたん、子宮はどんどん大きくなります。
妊娠初期だとしても、その終盤(15週あたり)にはもともと鶏卵大だった子宮が新生児の頭くらいの大きさに!
そんなふうに大きくなった子宮に圧迫され、腸は動きが悪くなってしまいます。

妊娠すると便秘になりやすい原因③:運動不足

つわりの時期は体調がすぐれずに、横になったり休んだりしている場面が多いですよね。
安定期以降はお腹が重たくて、動くのがおっくうになり同じ姿勢で座っている機会も増えます。
運動不足で腸の周辺筋肉が衰えると、どうしても蠕動運動が鈍くなって便秘体質に。

妊娠すると便秘になりやすい原因④:食事管理が不十分

つわりの時期は特にそうですが、食欲不振・胃もたれ・胃痛が起こりやすいのが妊婦さん。
そうかと思うと妊娠中期以降には食欲が止まらなくなって大食い、などということもありますよね。
食べたくても質や量を確保できずに、便自体のかさが増えなかったり、暴飲暴食がたたって腸内環境や便の状態が悪くなったり、というのも、妊婦さんが便秘になりやすい要因です。

妊娠すると便秘になりやすい原因⑤:いきむのがこわい

お腹に赤ちゃんがいると、トイレでいきむことに対する恐怖心を感じる人がいます。
便意を感じてもしっかりいきめず、我慢しているうちに便秘になる場合があります。

便秘を放置したらどうなる?早く解消するべき理由とは?


便秘とは、便通の頻度が下がることだと思っていませんか?
医学的には、便の頻度ではなく、
硬さなど便の内容が問題になるのだといいます。
たとえ数日に1度のお通じでも、便の状態が硬すぎずやわらかすぎないのが理想。

それでは、便が硬くなって出にくくなり、その状態を改善しないでおくと、どうなってしまうのでしょうか?

便がかたくなり、しかも量が増えていくと、どんどん排出されにくくなって、排泄の際に肛門近くの大腸の粘膜を傷つけてしまいます。
これが排便のいきみで裂傷を起こす、いわゆる「切れ痔」。
一度切れ痔になると、排便のたびに患部が裂け、なかなか治りにくくなって長期化する場合も。

また、妊婦さんは子宮が大きくなって腸を圧迫されることで血行不良に陥り、肛門周辺がうっ血しやすくなります。
よく耳にする「イボ痔」とは、肛門の周囲の血管がコブ状に膨れた状態のこと。
このイボ(コブ)が排便のときに飛び出したり、大きくなって痛みや出血を増してきたりすると、医療機関での治療が必要となるケースもあります。

便秘の予防・改善とともに、血行を促すことも大切と言えそうですね。

便秘の神様!食物繊維の効果的な摂り方とは?


便秘を改善するのに効果的なのは食事管理と適度な運動です。
妊婦さんも体調と相談しながら、ウォーキングやマタニティヨガで体力・筋力づくりするのはとてもいいこと。
下腹部の筋力アップは、腸の動きを促すので便秘の解消に有効です。
ただ、安定期前や体調の悪いときには運動は避けなくてはなりません。
そこでいちばん取り組みやすいのが食事管理。
ここでは便秘の味方・食物繊維の効果的な摂取方法をお伝えします。

食物繊維を多く含む食品とは?

食物繊維には大きく分けて2種類あります。
それぞれを多く含む食べ物をご紹介します。

<不溶性食物繊維>

腸に長く留まって水分を保持し、便のかさを増やす食物繊維です。
量が増えると、排便はスムーズになります。
また、不溶性食物繊維は有害物質を体外へ排出する働きがあるので、大腸がん予防にも効果が!
セルロース・キチン・リグニン・βグルカンなどの種類があります。

▶︎不溶性食物繊維を多く含む食べ物
かたい根菜:ごぼう・大根など
穀類の外皮:玄米・ライ麦など
きのこ類
豆類:いんげん豆・大豆など

<水溶性食物繊維>

有害物質を包み込んで体外に排出させる効果があります。
また、水溶性食物繊維は脂質や糖質の代謝を改善させる作用があるので、ダイエットでも大活躍。
ペクチン・グルコマンナン・アルギン酸などの種類があります。

▶︎水溶性食物繊維を多く含む食べ物
果物:りんご・ももなど
こんにゃく
海藻類:わかめ・こんぶ・ひじきなど

食物繊維の作用を高める方法とは?

食物繊維を効果的に摂取するにはどのような方法があるのでしょうか。
次にお伝えします。

① 不溶性食物繊維と不溶性食物繊維の比率を2:1に!

食物繊維が豊富だからといって、ごぼうや豆類に多い不溶性食物繊維ばかりを摂っていると、便がかたくなって、より便秘症状が深刻になるケースもあります。
一般的に不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の摂取比率は2:1が効果的とされています。
厳密に計量する必要はありません。
だいたい2:1を目安としてみましょう。

② 乳酸菌やオリゴ糖を一緒に摂る

乳酸菌は、腸内で善玉菌を増やしたり、悪玉菌の増化を抑制したりする機能性成分。
食物繊維は乳酸菌の働きを活発にすることで知られています。
両者を同時に摂ることで、腸内環境の正常化はより効果的に!
ヨーグルト・チーズ・納豆・キムチなどに多く含まれています。

オリゴ糖は複数の糖類が結合してできた糖で、野菜や果物などに含有される成分。
腸内環境の整備と便通の改善に効果を発揮します。
天然の食品だけは十分摂取できないので、シロップ状に加工された製品を利用するのがおすすめ。

③ 食物繊維は加熱して効果アップ!

食物繊維は加熱すると膨らんで、腸を刺激する作用が高まることがわかっています。
水に溶ける性質を持つ水溶性食物繊維を効果的に摂るためには、加熱したうえに溶け出した水分そのものもいただけるスープ料理がおすすめです。

便秘解消に役立つ!妊婦さんにおすすめの食べ物最強コンビランキング

第1位 フルーツ×ヨーグルト


食物繊維と乳酸菌のコラボといえばこの組み合わせ。
腸内環境を良くする最強タッグであるうえ、ヨーグルトのタンパク質やカルシウムも摂取できるから妊婦さんには特におすすめ。

フルーツはりんごがベストです。
水溶性食物繊維であるペクチンを多く含んでいるため、腸内の乳酸菌を増やす役割も果たしてくれます。
食欲がなくヨーグルトを軽食代わりにするような場合にはバナナを合わせましょう。
食物繊維だけでなくオリゴ糖も含んでいるほか、手っ取り早くエネルギーに変化してくれる優秀選手です。

第2位 玄米ごはん×納豆+わかめのみそ汁


不溶性食物繊維たっぷりの玄米と、同じく不溶性食物繊維に乳酸菌も豊富な納豆の取り合わせは即効性も期待できる最高の取り合わせ。
ここに水溶性食物繊維の代表選手であるわかめのみそ汁を足しましょう。
味噌も発酵食品なので、腸内環境の改善に役立ちます。
ただし、塩分が多いので使用量には注意が必要。

第3位 にんにく×きのこ×チーズのパスタ


不溶性食物繊維たっぷりのきのことオリゴ糖を含むにんにくのパスタに、乳酸菌たっぷりのチーズをふりかけていただきましょう。
腸内環境の改善が期待できます。
水溶性食物繊維を足したい場合は、ももやキウイなどのフルーツをデザートに添えるといいでしょう。

たっぷり摂れるのは食物繊維だけじゃない!噂のマタニティスープとは?


ここまでは主に便秘の原因や食物繊維の有効摂取による便秘の解消法などについてお知らせしてきました。
ちょっとした食事の工夫で、食物繊維を効果的に吸収することは可能です。
でも、毎日毎食こうした努力を続けるのは、現実的にはなかなか難しいことですよね。

そこで、次にご紹介したいのは、献立作りや料理に疲れ果てる前に試してみてほしい「マタニティスープ」です。
口コミ評価急上昇の製品なので、気になっていたという人もいるのでは?

「マタニティスープ」は妊婦さんをはじめ、産後の授乳ママや妊婦さんを支えるご家族など多くの人から支持を集めている話題のスープです。
一度飲んだら手離せなくなってしまう人もいるマタニティスープのおすすめポイントをご紹介していきます。

食物繊維もたっぷり摂れる!すぐれた栄養バランス

マタニティスープは、赤ちゃんの元気な成長と妊婦さんの健康に必要な栄養素を過不足なくしっかり含んでいます。
不足することで赤ちゃんの正常な発達を阻害するおそれのある「葉酸」もしっかり摂取できるほか、鉄分・ビタミン・カルシウムも正しく補給できるよう計算されています。

もちろん、便秘解消の強い味方である食物繊維も多く含んでいます。
特にその点は、葉酸や鉄といったサプリメントとの大きな違いと言っていいでしょう。

これなら安心!安全性への深いこだわり

マタニティスープは、妊婦さんがいちばん気になる安全性への配慮を徹底しています。
化学調味料・合成着色料・人工保存料・人工甘味料・合成香料の5大添加物をすべて無添加。
残留農薬や放射能濃度検査も不検出です。
ママの不安に正面から応えている安心なスープなのです。

物足りないストレスにさよなら!マタニティスープは美味しくて低カロリー

マタニティスープは、体重管理もたいへんな妊婦さんにうれしい低カロリー。
どれも美味しいと評判の4種類のスープは、いちばんカロリーの高いものでも60kcalを下回っています。
低カロリー食品によくある物足りなさがなく、手の込んだスープと同じくらい優しく自然な美味しさが簡単に楽しめるので、何かとストレスフリー。

忙しいワーキング妊婦さんやつわりでしんどいプレママに便利

熱湯を注いでかきまぜ1分待てば完成のマタニティスープ。
職場で食べるお弁当に栄養を足したい場合や、仕事帰りで十分に食事の支度ができないときの栄養管理に大活躍します。
また、食欲がないつわり時期のプレママや、おやつが欲しいけれど体重を増やせない妊娠後期の妊婦さんにもぴったりです。

いかがでしたか?
時間や体調に余裕のあるときは、厳選食材でゆったりお料理するのもいいですが、忙しいときや体調が悪いときには、無理をしないでマタニティスープに頼ってみては。
温かいスープからしっかり摂った食物繊維が、きっと頑固なお通じに働きかけてくれるはずです。

IMG_1348
Yuko

Mama writer
2人の男の子のママです。まだまだ戸惑う育児、時間に追われる家事ですが、夫婦で協力して忙しいながらも今しか味わえない日々を楽しめるようにしています。記憶に残るライターとして皆さまにお届けしていきます。

編集部おすすめ商品

MATERNITY SOUP

妊娠中の栄誉補給とマイナートラブルのために

マタニティスープ

妊娠中の食生活が気になるママに。
産婦人科 佐藤病院・妊産婦ケア専門の管理栄養士・お子さんのいるママの声から生まれた
妊娠中のママとおなかの赤ちゃんのためのスープです。

MATERNITY SOUP

妊娠中のママとおなかの赤ちゃんへの贈り物

マタニティスープギフト

これからママになる大切な人への妊娠祝いに。
妊娠中のママが元気に安心してマタニティライフを送れるように
家族や友人みんなで食生活をサポートするマタニティ応援ギフトです。

マタニティスープは妊娠中の女性たちととことん向き合って開発しました

最新記事