妊娠中の太る、お腹がすく、食べ過ぎるを解決するコツを教えます

マタニティスープは妊娠中の女性たちととことん向き合って開発しました
妊娠中の太る、お腹がすく、食べ過ぎるを解決するコツを教えます

妊娠中は、つわりがある妊娠初期までの体重増加はあまりなく、妊娠中期にさしかかってつわりが終わると、食欲が一気にわいてくるものです。
今まで食べられなかった反動などもあるでしょうし、妊娠中ってなぜだかお腹がすくんですよね。
最近は2人分食べなさいといわれることもないですし、産婦人科も2人分食べていては食べ過ぎたという意見になっているので、2人分食べることはありません。
でも、2人分食べたいぐらいの食欲に襲われる妊婦さんもいます。

妊娠中に食べ過ぎて太ることはNGです。
今回は、太る、お腹がすく、食べ過ぎるを解決するためのコツをご紹介します。

妊娠すると太るもの?

14670710_1092485920828930_6558262018134146786_n1

妊娠をすると、必ず太ります。
妊娠する前と同じ体重で出産する人は一人もいません。
それはどうしてかというと、赤ちゃんの重さと、赤ちゃんを育てるために必要な羊水、胎盤、そして赤ちゃんを守るためにつく脂肪が必ず増えるからです。

赤ちゃんの重さは最終的に3キロぐらいになりますし、羊水や胎盤は合わせて1キロちょっと、そして赤ちゃんを守るための脂肪が、それ以外ということになりますね。

妊婦が増えてもいい体重とは?

妊娠すると体重は増えますが、どれくらいまで太っていいか気になりますよね。
産婦人科でどれくらいまでの体重が限度なのか、教えてもらいながら体重管理をしていると思いますが、元々の体型によって異なります。
痩せ気味でBMI値が18以下の人であれば、最大12キロまで体重増加が制限されています。
平均で10キロぐらいでしょうか。
脂肪がもともと少なかった分、赤ちゃんを出産するため、赤ちゃんを守るためにある程度は脂肪を付けなくてはいけませんね。

普通体型でとされるBMIであれば、最大で10キロ、大体7キロから8キロぐらいでしょうか。
赤ちゃんと羊水・胎盤プラス4キロぐらいです。

そして最後は、元々肥満体型だった場合ですが、最大で7キロぐらいが理想といわれています。
5キロぐらい増えればちょうどいいと思います。
脂肪が元から多いので、それ以上増やす必要はない、ということですね。

妊娠中の太りすぎが招く問題

02

妊娠中に太りすぎてしまうと、どんな問題が発生するか知っていますか?

・妊娠高血圧症候群

妊娠中の高血圧症状です。
妊娠中毒症と以前はいわれていました。
高血圧になったり、尿たんぱくが出たりします。
進行すると母子の身体に危険を及ぼす症状です。

・妊娠糖尿病

妊娠中の糖尿病です。
妊娠している間はインスリンが増加しやすいのですが、コントロールする機能が正常に機能しなくなって発生してしまいます。
妊娠中に糖尿病になると、巨大児が生まれるリスクが高まるといわれています。
また出生後の発育にも影響が出てしまいます。

・出産のリスク

太りすぎていると、産道に脂肪がつきすぎているので、出産に時間がかかります。
また陣痛が弱くなる微弱陣痛が続きやすいので、難産になるでしょう。
また出産後も、子宮筋の収縮がうまくいかなくなるので、出血しやすい状態になります。
会陰切開の傷なども治りにくくなります。

・赤ちゃんも肥満になる?

太りすぎている妊婦さんかから生まれた赤ちゃんは、肥満になりやすい傾向がある、といわれています。
また生活習慣病にもなりやすいなど、赤ちゃんに与える影響も大きいです。
ただしこれは太りすぎている場合だけではなく、痩せすぎている場合にも起こる問題なのだとか。
太りすぎはもちろん、痩せすぎも問題があります。
適正体重を心掛けることが大切ですね。

つわりが終わった妊娠中期に注意

妊娠初期の間は、食べすぎてしまう、体重が増えて太ってしまう、お腹がすいて仕方がない、と感じる人は少ないです。
それはどうしてかというと、つわりがあるからですね。
つわりを全く感じずにいつでも食欲がある、という人もいるのですが、大抵の人はつわりを経験します。
軽いつわりの人もいれば、つわりが重くて何も口に出来ない人もいます。
体重が増えるどころか、つわりの影響で本来目的ではないダイエットに成功するなど、体重が大幅に減少してしまう人もいるぐらいです。

でも、つわりは妊娠初期を通り過ぎ、妊娠中期といわれる安定期にさしかかると、終わっていきます。
そうなると怖いのが、食欲ですね。
つわりで食べられなかった反動で、食べられる喜びを感じるようになります。
やっと食べられるようになった!と心も開放的になり、好きな物を好きなだけ食べ過ぎてしまうのです。

つわりで食べられなかったときが辛く、やっと終わったからと好きな物を食べるのはいいのですが、そんな状態が長く続くと危険です。
体重はみるみる増えていきますし、食べ過ぎて食欲も止まらなくなってしまいます。
妊娠中期の時点で増えてもいい体重をオーバーする可能性もあります。

つわりで体重が減ってしまった人は、体重が減ったし元に戻るぐらいなら食べても大丈夫だろうと思っていると、その後赤ちゃんが成長していくたびに増える体重のほうが多くて、結局体重がオーバーしてしまいます。

そうならないように、つわりが終わったときは食欲のコントロールをしながら、食べ過ぎに気を付けてください。

妊婦はお菓子の食べ過ぎが危険?

7bfddee75506add37c1e7a2c7b06b9d4_s

妊婦でも、食べて太らないなら少しぐらい食べ過ぎたっていいのはと思うかもしれませんが、食べ過ぎた後って、身動きができないほど苦しさを感じることもありますよね。
苦しいほど食べるのは明らかに食べ過ぎなのですが、同じような思いを赤ちゃんもしていると考えてみたらどうでしょうか。

特に怖いのが、お菓子など甘いものを食べ過ぎることです。
甘いものを食べ過ぎていると糖分を多く摂取していることになります。
母親が糖分をたっぷり摂取しているということは、赤ちゃんにもその分たくさんの糖分が送られています。
お腹の中にいる赤ちゃんは糖分を分解するホルモンを出していますが、生まれてから糖分をそれほど摂らなくなったのに、赤ちゃんは今までと同じ量のホルモンを分泌してしまうので、低血糖症を招いてしまいます。

またお菓子は栄養分が少ないので、母親はお菓子でお腹がいっぱいになったとしても、必要な栄養素は摂取できていません。
赤ちゃんに必要な栄養が送られずに、神経の異常などを招いてしまう恐れもあります。

食べ過ぎを防ぐためには?

食べ過ぎてしまわないために、できることはたくさんあります。
まず、食事はよく噛んで食べることです。
食事の基本的なことなのですが、早食いの人は太りやすいと言われます。
あまり噛まずに流し込んでしまうからです。
人間は咀嚼することで脳の満腹中枢が刺激されます。
しかし噛む回数が少なければ、満腹中枢が刺激されにくく、満腹を感じづらくなって食べる量が増えてしまうのです。

しっかりと噛んで食べて、少量でもお腹がいっぱいになる自分を目指しましょう。

お腹のすきはごまかそう

妊娠中のお腹のすきは、我慢しすぎるのも辛いですしストレスですが、お腹がすいたからといって好きな物を食べていいわけではありません。
時にはお腹のすきを上手にごまかすことも大切ですね。

ではどうやってごまかすのかというと、まずは食べること以外の何かを考える、ということです。
人は何かに熱中しているときは、自然と食欲が抑えられるものです。
食欲はごまかすだけで自然と収まっていくので、何か熱中するものを見つけてみてください。

太りすぎを防ぐためには?

07

太らないためにできることは、太りづらい食事をすること、また食べた分だけ消費することですね。
食べた分だけ消費というのは、運動です。
運動といっても、妊婦ですと激しい運動はできません。
妊娠中期といってもまだ初期が終わったばかりなら、体調も安定しづらいですよね。
反対に後期になってしまうと、お腹が大きくなってバランスも崩しやすく、運動で転倒の危険性もあります。

妊婦ができる運動は限られてしまいますが、何もやらないよりもやったほうが消費カロリーは増えていきます。
太りすぎは食べ過ぎからの影響を受けてるので、まずは食べる量を減らしながら、運動をしてみてください。
食事制限も過度になると栄養不足なので、適度な食事制限を心掛けてくださいね。

カロリー控えめの食事を心がけよう

妊娠中に太りすぎてしまうと、様々な問題が発生します。
そのため、食べ過ぎを控えて適切な体重をキープ出来るように気を付けなくてはいけません。
しかし、問題は食欲をどう抑えるか、というところです。
無理に食欲を抑えるとストレスが溜まりますよね。
お腹の中にいる赤ちゃんにとっては、ママが幸せを感じながら生活しているのが理想です。
ストレスにも敏感に反応してしまうので、できるだけストレスを溜めこまないように我慢は禁物です。

どうしても抑えきれない食欲には、カロリー控えめの食事を心掛けて満腹を感じられるようにしましょう。

マタニティスープでカロリー控えめ生活

マタニティスープは、1杯あたり50キロカロリー以下という低カロリーです。
低カロリーなスープですが、栄養満点となっているので、必要な栄養はしっかりと補いながらも、余分なカロリーを摂らないためで太りにくいというメリットがあります。
さらに嬉しいのは、スープの食べごたえが抜群なところです。
お腹を満たしてくれないものでは、いくら低カロリーでも満足できずに違う食べ物に手が出てしまいますよね。
マタニティスープならしっかりお腹に溜まるので、食欲を満たせるでしょう。
低カロリーなのに満足できる、マタニティスープで妊娠中の食欲や太りすぎを抑えましょう。

マタニティスープお試しセット実施中!!

スクリーンショット 2017-03-06 11.03.14送料無料の8食入りマタニティスープお試しセット(4種類の味)を楽天市場で発売中です。
お試し価格:1,250円(税込・送料無料)

『ほうれん草とじゃがいものポタージュ』『とうもろこしと豆乳のポタージュ』『がごめ昆布入り海藻スープ』『生姜トマトスープ』各2食入り

※お試しセットの内容は変更になる場合がありますので、詳しくは楽天市場の公式サイトで確認してください。

まなみ

writer/管理栄養士
2人の女の子のママです。職業は管理栄養士でただ今育児休業中。優しいパパに支えられながら、家事育児に奮闘中です。2人の子どもの成長と休日の家族団らんが今の楽しみです。

編集部おすすめ商品

MATERNITY SOUP

妊娠中の栄誉補給とマイナートラブルのために

マタニティスープ

妊娠中の食生活が気になるママに。
産婦人科 佐藤病院・妊産婦ケア専門の管理栄養士・お子さんのいるママの声から生まれた
妊娠中のママとおなかの赤ちゃんのためのスープです。

MATERNITY SOUP

妊娠中のママとおなかの赤ちゃんへの贈り物

マタニティスープギフト

これからママになる大切な人への妊娠祝いに。
妊娠中のママが元気に安心してマタニティライフを送れるように
家族や友人みんなで食生活をサポートするマタニティ応援ギフトです。

マタニティスープは妊娠中の女性たちととことん向き合って開発しました

最新記事