妊娠中の悩みを食べ物で解決!妊婦さんにオススメ3つの朝食レシピ

マタニティスープは妊娠中の女性たちととことん向き合って開発しました
妊娠中の悩みを食べ物で解決!妊婦さんにオススメ3つの朝食レシピ

妊娠前は食べ物にそれほど気を遣わなかった方であっても、妊娠すると食事への意識が高まるという人は少なくありません。
自分ひとりの身体ではないので、食べ物に慎重になるのは当然かもしれません。
また、産婦人科や周囲から「食事に気を遣うように」と言われる機会も増えるでしょう。
とはいえ、妊娠中の食事は悩みがたくさんあります。
ひとことで妊娠中といっても妊娠初期、安定期、後期では食欲も体調も違いますから、食べられるものや身体が欲するものも変わってきます。
今回は、そんな妊婦さんのためにオススメの朝食レシピを3つご紹介します。

食欲が落ちがちな妊娠初期には豆類やスープがおすすめ

f83c852b906d328dce2af20964632c6f_s

つわりがひどい人だと、食欲がわかず、ほとんど食事をとれないという人も珍しくありません。
そんな妊娠初期には消化の良いものや、スープなどで手軽に食べられるものがおすすめです。
消化が良くスープにも合う食材として、豆類がオススメです。
また、体調が悪く調理をするのもできないという人には、マタニティスープで栄養を補ってみてはいかがですか。

妊娠中期は食欲旺盛な時期

afdcfd6c3e6852975f4780ab3a1d6a0c_s

つわりがおさまり、徐々に食欲が戻ってくるのが妊娠中期です。
この時期は食べ過ぎに注意が必要です。
赤ちゃんに栄養をたくさんとってもらうためにとたくさん食べる人がいますが、食べ過ぎ、とくに塩分の取り過ぎは妊娠高血圧症候群になってしまう可能性があるので注意が必要です。

ジャンクフードや濃い目の味付けが好きな方は、赤ちゃんの健康のためにも控えるようにしましょう。
また、この時期は食欲があるからこそ間食が増えたり、好きなものを食べて栄養が偏ったりしがちです。
栄養のバランスにも注意しながら食事をしましょう。

妊娠後期の食事は便秘対策が重要

bfeab97e35debed5321f738b6eda1dd2_s

妊娠後期になってくると、子宮が大腸を圧迫するため便秘になる人が多くなっています。
便秘対策といえば、食物繊維がもっとも効果的な栄養素です。
これは妊婦さんも同じことです。
意識して食物繊維が豊富な豆類や海藻類、野菜などを多くとりましょう。

さらに、この時期になるとお腹もかなり大きくなってきて、お腹の張りが苦しく、一度に食べられる量が減ってきます。
そういった場合には少なめの食事を何度かに分けて食べるようにしましょう。

妊婦さんにオススメ4つの朝食レシピ

8328bb74df9a4e65166ce18b826a2c23_s

ここからは具体的な妊婦さん向けのレシピをご紹介します。
特に今回は忙しい朝でも簡単に作れて、作り置きも可能な朝食をご紹介します。
料理は一例ですので、体調やお好みでアレンジしてみてください。
自分でレシピを考えて料理することで、妊娠中の気分転換にもなりますよ。

妊娠初期におすすめ!枝豆の豆乳スープ

食欲が落ちる妊娠初期には枝豆がおすすめです。
枝豆には葉酸やたんぱく質が多く含まれていて、妊娠中に摂りたい栄養素を複数兼ね備えています。

枝豆の豆乳スープの作り方

 ①枝豆を塩ゆでし、皮をむく。
 ②ゆでた枝豆をフードプロセッサーやジューサーなどにかける
 ③鍋にスープのもと(コンソメなど)と水を入れ5分ほど煮る
 ④②を③の鍋に入れる
 ⑤④に豆乳を入れ、よく混ぜて火を通す

味付けはお好みで塩やバターなどを加えてもいいでしょう。
豆乳が苦手な方は牛乳でも大丈夫ですし、いろどりが欲しい時はパセリや抹茶をトッピングするときれいですよ。

妊娠中期は食べやすくてご飯にも合う!納豆めかぶ

妊娠中期は食欲もでてくるので、食べ過ぎに注意が必要です。
また、この時期はまだまだ仕事もしながらという方も多いと思います。
そのため、今回は簡単にできる納豆めかぶをご紹介します。

納豆めかぶの作り方

 ①ひきわり納豆とめかぶを同じ容器に入れる
 ②醤油やポン酢で味付けし、混ぜる

たったこれだけ!
納豆+めかぶは、健康的な食材同士の組み合わせですので、健康的かつカンタンな料理として妊婦さんから大人気です。
もちろん、ご飯との相性もばっちり。
今回はひきわり納豆でのケースをご紹介しましたが、大粒の納豆でも大丈夫です。
また、お好みに合わせて、ゆず、ごま、たまご、しらすなどを加えるものも、栄養価がアップしてオススメです。
自分だけのベストの味を是非探してみてください。

妊娠後期は食物繊維で便秘対策!春キャベツとささみのおかか和え

妊娠後期には便秘になりやすくなるため、食物繊維を意識して摂るようにしましょう。
食物繊維の野菜といえばレタスが有名ですが、同じ葉物のキャベツもおすすめです。
特に春キャベツには食物繊維が多く含まれています。
オススメは春キャベツとささみのおかか和えです。

春キャベツとささみのおかか和えの作り方

 ①ささみを鍋でゆで、指でほぐす
 ②キャベツを千切りにする
 ③千切りにしたキャベツを熱湯でゆでる
 ④ゆでたキャベツをよく冷ます
 ⑤④とささみをまぜ、ポン酢、塩、おかかで味付けをする

味付けはポン酢以外にも、醤油とサラダ油などでもかまいません。
また、キャベツと一緒にさやいんげんなどを加えても美味しいですよ。

普段の食事にプラスαでマタニティスープもおすすめ

妊娠中の栄養摂取は食事からが基本ですが、つわりであまり食べられなかったり、便秘、貧血などのトラブルにお悩みの妊婦さんには、普段の食事にプラスしてマタニティスープもおすすめです。
粉末スープなので、忙しい朝にも手軽に美味しく、必要な栄養素を摂ることができますよ。
妊娠中だからこそ、朝食からしっかり栄養をとって、お腹の赤ちゃんを育んでいってください。

まなみ

writer/管理栄養士
2人の女の子のママです。職業は管理栄養士でただ今育児休業中。優しいパパに支えられながら、家事育児に奮闘中です。2人の子どもの成長と休日の家族団らんが今の楽しみです。

編集部おすすめ商品

MATERNITY SOUP

妊娠中の栄誉補給とマイナートラブルのために

マタニティスープ

妊娠中の食生活が気になるママに。
産婦人科 佐藤病院・妊産婦ケア専門の管理栄養士・お子さんのいるママの声から生まれた
妊娠中のママとおなかの赤ちゃんのためのスープです。

MATERNITY SOUP

妊娠中のママとおなかの赤ちゃんへの贈り物

マタニティスープギフト

これからママになる大切な人への妊娠祝いに。
妊娠中のママが元気に安心してマタニティライフを送れるように
家族や友人みんなで食生活をサポートするマタニティ応援ギフトです。

マタニティスープは妊娠中の女性たちととことん向き合って開発しました

最新記事