妊娠中の運動不足解消!気軽にできる4つの運動

妊娠中の運動不足解消!気軽にできる4つの運動

妊娠中の運動不足にご注意!!

妊娠中は過度な運動を控えるように!とはよく言われることですが、かといって、運動しないのも問題。
出産時に必要な体力の減少や、妊娠中特有の肥満につながることにもなります。
いったいどうやって妊娠中の運動をすればいいのやら・・・。
そんな、お悩みを持っている妊婦さんも多いのではないでしょうか?
今回は、そんな運動不足を解消したい妊婦さんに効果的な運動方法を4つご紹介したいと思います。

その前に!妊娠中の運動は、無理なくが原則。

c341f31c4f970970ce4dd9b6204e79cc_s

早速ご紹介していきたいところですが、その前に、妊娠中の運動には、「あくまで適度に無理なく」が原則です。
忘れてはいけないのは、大事な赤ちゃんをおなかにいるということです。
無理な運動をして、自分自身と赤ちゃんの負担になってしまうようでは本末転倒。
自分が「体調がいいな」と思うときに、無理なく進めていくのが大事になってきます。

妊娠中におすすめの運動

その1「ウォーキング」

184262e4e7bb8e6fdc1e3c6665fea3c5_s

ウォーキングは妊娠中に有効な運動方法として広く受け入れられ採用されています。
その理由は「空いた時間に無理なく始められ、ペースも調整しやすく、外の空間で行われるため気分転換にもなる」ためです。
ウォーキングは、安産に必要な下半身の筋肉を鍛えるのに効果的で、さらには妊娠高血圧症候群の予防やむくみ解消になります。
買い物や散歩のついでに行うことができるため、時間のない「働く妊婦さん」でも気軽に行えます。

効果的なフォームは、骨盤の動きを意識し、足を踏み出すようしっかりと進むようにすることです。
こうすることによりと高い筋力アップ効果が期待できます。
意識するだけでもだいぶ違ってきますよ。

その2「安産体操」

008fe23d55e9babc6c8b4731050103c8_s

安産体操は股関節を大きく広げたり、柔軟に伸ばしたりすることで、出産時の負担を低減するとともに、効果的な運動ができるように考案されたものです。
基本的には、「有酸素運動」になるものが多いです。
有酸素運動をすることにより、妊婦さん自身の血液の循環を助け、結果的に赤ちゃんへも新鮮な空気を届けることができます。
安産体操の方法としては、例えば

『ひざを曲げ、左右の足の裏を合わせるように座り、
ひざの上に手を添えて、ひざの部分が床によりつくように息を吐きながら下方向に伸ばす』

というものです。
最適な強さは「少々痛いぐらい」です。
人の体はそれぞれ微妙に違うので、この体勢自体がきつい方も多いでしょう。
その場合は、少しでもこの姿勢を維持することだけでも、ある程度の効果があります。

その3「水泳」

7a63fe289815db3e83087d8cbe39b035_s

妊娠中に有効な運動方法として水泳があります。
「え?妊娠中に水泳?水泳って激しい運動なんじゃ」と思うかもしれません。
しかし、妊娠中の水泳は「マタニティスイミング」とも呼ばれ、妊娠中の運動方法として推奨されています。
水の中では浮力があるため、陸上よりも無理なく体を動かせることができます。
体に負担をかけないように、ゆったりと運動を行うことができるので、とても効果的な運動方法です。

しかし、注意すべきことがあります。
それは、長時間の水泳により体を冷やさないようにすることです。
水にぬれた後は体が冷えないように、すぐにタオルで拭き、体を温めるようにしましょう。

その4「家事」

5db722b2afce4bc80fc1d4601af37025_s

妊娠中とはいえ、家事や仕事に追われてなかなかその時間が取れない!という妊婦さんも多いのではないでしょうか?
ですが、実はその家事も運動不足に有効な運動法のひとつでもあります。

何気ない普段の動きでも、意識して行うことで、効果的な運動にもなりえます。
もちろん、無理をして行うことはありませんが、台所で料理をしたり洗濯をしたり、掃除をしてみたりすることで、家事をこなしながら少しずつ運動を確保することは可能です。

例えば、普段はあまりやらない「雑巾がけ」。
雑巾がけは四つん這いの姿勢になるため、実は骨盤の体操にもなります。
雑巾がけをすることで、今まで見えなかったヨゴレもふき取ることができ、思わず時間も忘れて夢中になって、心もリフレッシュしまうかもしれません。

妊娠中で生活環境が変わり、できることも制限されてきて憂鬱な気分になってきたときでも、人は「何かをする、小さくとも仕事をこなす」ことでストレスを解消することができます。
そのためにも、妊娠中は出来るだけ家事をしてみましょう。

まとめ

b8a09f3370b8480467d9761706c8fb44_s

妊娠中は安静にしなければなりませんが、適度な運動は毎日少しずつでもいいので続けることが大切です。
適度に行うということは、なかなか難しいかもしれませんが、全く動かないのも問題です。
安産に向けて体づくりをするためにも、自分の体調を見ながら、無理せず出来る範囲で行なってみてください。

fba3be6a9c512a3475fac5fd54d28e97.dat
A.T

Mama writer
男の子の子育て奮闘中。子供から教わることばかりですが、日々幸せを感じる育児生活を送っています。お仕事で整体師やエステシャンをやっていたので体の事や美容の事で、少しでも皆様のお役にたてる情報をお届けできたらと思っております。

編集部おすすめ商品

MATERNITY SOUP

妊娠中の栄養補給とマイナートラブルのために

マタニティスープ

妊娠中の食生活が気になるママに。
産婦人科 佐藤病院・妊産婦ケア専門の管理栄養士・お子さんのいるママの声から生まれた
妊娠中のママとおなかの赤ちゃんのためのスープです。

MATERNITY SOUP

妊娠中のママとおなかの赤ちゃんへの贈り物

マタニティスープギフト

これからママになる大切な人への妊娠祝いに。
妊娠中のママが元気に安心してマタニティライフを送れるように
家族や友人みんなで食生活をサポートするマタニティ応援ギフトです。

マタニティスープは妊娠中の女性たちととことん向き合って開発しました

最新記事