妊娠中の頑固な便秘、なんとかしたーい!!

マタニティスープは妊娠中の女性たちととことん向き合って開発しました
妊娠中の頑固な便秘、なんとかしたーい!!

【一筋縄ではいかない妊娠中のお通じ事情】

妊娠をすると、今までは胃腸が丈夫で、いつでもどこでも快便だったという人が便秘になることがあります。
原因はホルモンバランスや食事の内容の変化、ストレス、運動不足など様々な要因がからみあっていると考えられています。
特に厄介なのはホルモンバランスで、これだけは変えようがありません。
便秘の原因になっている女性ホルモンは妊娠の状態を維持し、元気な赤ちゃんを産むためにとても重要な役割を果たしているので、ホルモンの分泌を抑えるといったことは現実的にできません。

一般的には食事の見直しや水分補給などが解消法として紹介されていますが、体の代謝を落とすことで赤ちゃんに栄養を供給しようとする体の本能が相手ですから、妊婦の便秘は簡単には治りません。

【強敵には「酸化マグネシウム」で対抗】

便秘薬の成分として有名なのが「酸化マグネシウム」です。
薬のパッケージに大きく「酸化マグネシウム」と書かれたものも存在するくらいで、普段から便秘薬を服用している方であれば知っている方も多いと思います。

酸化マグネシウムの特徴は腸で吸収がされにくく、腸内の浸透圧を高めることで便を軟らかくする作用があり、結果として排便がスムーズになります。
同時に消化器系の不調を整える効果もあり、胃腸の調子が悪いことが原因の便秘も防ぐことができます。

妊婦が薬の服薬というと不安を覚える方も多いかもしれませんが、マグネシウムはミネラルの一種で、もともと人間の体内にも存在する成分です。
毒性がないため、目立った副作用はありません。
適正な範囲内で服薬をする分には大きな問題はありませんが、心臓系の病気や腎臓などの病気の方は主治医の方と相談したうえで摂取することをお勧めします。

【欧州秘伝の技「オリーブオイル」】

f9f0f4ef2dd353d52f02976dff510eb1_s

ヨーロッパで古くからおこなわれてきたと言われている便秘の解消法がオリーブオイルを利用した方法です。
オリーブオイルは胃で消化されにくいため、その働きを腸まで届けることができるため便を軟らかくして排便を助ける効果があります。

「オリーブオイルって油でしょ?妊娠中に油をとって大丈夫なの?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、オリーブオイルは約70%がオレイン酸と呼ばれる成分で出来ています。
オレイン酸は抗酸化作用や悪玉コレステロールの改善、胃酸の分泌を助けるなどの効果があると言われていて、体に良い油として有名です。

便秘対策としてオリーブオイルをとるのであれば、朝食時に大さじ1杯程度のオリーブオイルをそのまま飲むという方法がおすすめです。
オリーブオイルは加熱してしまうと効果が薄れてしまうので、そのまま飲むというのがポイントです。
とはいえ、慣れない人はオリーブオイルをそのまま飲むのは抵抗感があると思います。
そこでおすすめなのが、ヨーグルトに混ぜたり、サラダにかけたりする方法です。
朝は和食派という方はキャベツの千切りにかけたり、納豆に混ぜたりという方法もおすすめします。
ポイントは食物繊維と一緒に摂取することです。

ただし、体質によってはオリーブオイルを多くとると下痢気味になってしまう方もいますので、ご自身の体質に合わせて使用するようにしてください。

【困った時の東洋医学「ツボ押し」でスッキリ】

77a1ad435981d9b831ede9bd2405171a_s

酸化マグネシウムもオリーブオイルも試してみたけど効果がない、体質的に合わないという方は西洋医学的にアプローチではなく東洋医学もおすすめです。
自分でもできるツボ押しで便秘を解消するのです。

・手のツボ

お通じに効果があるといわれているツボは手に多く集まっています。

間使(かんし)は手首を曲げるとしわができるあたりから指4本分ひじの方に向かった内側にあります。
腸のぜんどう運動を活発にして排便を助けてくれるツボで即効性が高いと言われています。
少し強めに約1分を目安に押してみてください。

ストレスが原因の便秘の場合は自律神経を整えてくれるツボを刺激することで改善することもあります。

神門(しんもん)は手の内側にある手首と手のひらのちょうど間くらいにあるくぼみにあるツボです。
位置としては小指の延長線上くらいの場所にあります。
このツボは強くおすのではなく、親指で軽く円を描くようなイメージでマッサージしてみましょう。
お通じの改善以外にも、心身初期で精神的に不安定になっている方にもおすすめできます。

・お腹のツボ

便が溜まるのはお腹ですから、お腹を直接刺激してあげることで便秘の改善をはかるツボもあります。
大巨(だいこ)はおへそから指2、3本程度外側に進み、そこから指2、3本ほど下の位置、おへその左右両側にあります。
お腹が張って苦しい時や、不快感が強いときに押すと効果があると言われているツボです。
慢性的な便秘に悩んでいる方に特におすすめします。
ツボを押すときは両手の人差し指と中指を重ねるような感じでゆっくりと押してもみほぐしてみてください。
ただし、妊娠中はあまり強く押しすぎないように注意しましょう。

※妊娠中の便秘にお悩みの方は『妊婦中の便秘解消に超効果的な栄養素とは?』もチェックしてみてください。

fba3be6a9c512a3475fac5fd54d28e97.dat
新米ママ A.T

Mama writer
0歳の男の子の子育て奮闘中。子供から教わることばかりですが、日々幸せを感じる育児生活を送っています。お仕事で整体師やエステシャンをやっていたので体の事や美容の事で、少しでも皆様のお役にたてる情報をお届けできたらと思っております。

編集部おすすめ

MATERNITY SOUP

妊娠中の栄誉補給とマイナートラブルのために

マタニティスープ

妊娠中の食生活が気になるママに。
産婦人科 佐藤病院・妊産婦ケア専門の管理栄養士・お子さんのいるママの声から生まれた
妊娠中のママとおなかの赤ちゃんのためのスープです。

MATERNITY SOUP

妊娠中のママとおなかの赤ちゃんへの贈り物

マタニティスープギフト

これからママになる大切な人への妊娠祝いに。
妊娠中のママが元気に安心してマタニティライフを送れるように
家族や友人みんなで食生活をサポートするマタニティ応援ギフトです。

マタニティスープは妊娠中の女性たちととことん向き合って開発しました

最新記事