妊娠中の風邪対策と予防方法

妊娠中の風邪対策と予防方法

妊娠して風邪をひくということは多くの妊婦が心配する事です。
十分に気をつけていたのに風邪をひいてしまった!
妊娠中でも風邪薬は飲めるのかな?
病院の受診は早めがいいの?
受診時の待合室で他の病気をもらったらどうしよう、など妊娠中は風邪の悩みがたくさんあります。
妊娠と風邪の関係について見ていきましょう。

 妊娠すると風邪をひきやすくなる?抵抗力とは?

妊娠中は抵抗力が下がってしまうため、人混みに行く時には冬だけでなく、普段からマスクを欠かさずに風邪に注意している妊婦が多いようです。
「家に帰ってきた時には必ずうがいと手洗いをする」そんな妊婦の話をよく聞きます。
それでも、気温の変化や気圧差、ちょっとした隙を見つけてウィルスは体に入り込んでくるのです。

妊娠中は抵抗力が落ちて、風邪をひきやすくなると言います。
それは、細胞性免疫という免疫の働きが低下することが原因とされています。

細胞性免疫というのは通常の妊娠していない状態では、体に異物が入った時に、異物を排除ようとして働いてくれる免疫の事を言いますが、妊娠している場合は、細胞性免疫がお腹の赤ちゃんを異物と認識して攻撃しないように、わざと免疫を低下させてお腹の赤ちゃんを守る働きをします。
そのため、妊娠中は風邪ウィルス、インフルエンザウィルスに感染しやすくなるのです。
妊娠中はどの妊婦にも必ず起こることなのです。
ですので、普段から抵抗力が落ちないように気をつける事が妊娠中の大切なキーワードとなります。

抵抗力を上げるにはどうしたらいいの?

妊娠と同時に細胞性免疫が落ちてしまうのに、免疫を高めようと考るのはなかなか難しいかもしれません。
ですが、免疫を高める方法は色々あります。

発酵食品を食べる

発酵食品には胃腸の働きを整えて善玉菌を増やす働きがあります。
ヨーグルト、納豆、キムチ、漬物、味噌なども善玉菌が増える発酵食品です。

質の良い睡眠をとる

大人の理想な睡眠時間は6時間~8時間と言われています。
そのなかでも午後10時は睡眠のゴールデンタイム!
肌にも良いとされている時間帯なので、夜更かしは避けて早めにしっかり眠るようにしましょう。

軽めの運動をする

妊娠時は激しい運動は禁物です。
適度な運動をする事で体力がつき、風邪にかかりにくくなるだけでなく、つわりの緩和にも効果があり、むくみの解消にも効果があると言われています。運動でストレス発散でき、体重管理にも気をつけられますね。

妊娠中の運動のススメ

妊娠中に体を動かす事が、風邪にも効果的だとわかりましたね。
体を動かすと言っても体をひねったり、激しい運動は禁物です。
軽めの運動の種類としては、ストレッチ、ウォーキングは想像がつきやすいですが、家事の中でも掃除は十分運動に入ります。

現在ではモップが主流になり、あまりしなくなった雑巾がけの四つん這いのポーズが良いと言われています。
四つん這いの態勢は腸の圧迫を軽減して便秘改善や、お腹の赤ちゃんの可動域が広くなるため、逆子にも効果があると言われています。
雑巾がけは、モップがけよりも床がさっぱりして、裸足でも気持ちがよく、家もピカピカになって一石二鳥ですよ。
また、入浴時にも運動することができます。
水の浮力を使うので、体に負担をかけずに運動する事が可能です。
また、意識を高めて心身共にリラックス効果の期待できる、マタニティースイミング、マタニティーヨガ、マタニティーピラティスもあり、妊娠中も楽しみながら運動ができます。
DVDも出ていますのでお金をかけずに楽しむ事もできますよ。

風邪の受診での悩みごと

妊娠中に風邪をひいてしまった!
冬場の寒い季節だけでなく、夏場も感染力の強いウィルスが存在したりと一年中注意が必要と考えられるでしょう。
また、病院の待合室に溢れている風邪ウィルス、産婦人科の妊婦や、妊婦が連れている子供からも風邪がうつるのでは?と小さな事にも心配になります。

私も出産予定日が12月末だったため、やはり風邪には敏感になっていました。
マスクをしたり、手洗いに敏感になったり、妊娠時は風邪という言葉にさえ敏感になり、うつされたりしないか、病院を受診するタイミングを迷ってしまう事があるかもしれません。

妊娠時の風邪薬について

そもそも妊娠時に飲める薬はあるのでしょうか。
妊娠時の風邪薬について見ていきましょう。
妊娠初期はお腹の中で赤ちゃんの体が作られる大事な時期です。
お腹の赤ちゃんの事を考えると、なるべく薬を飲まずに風邪を治したい!と言う妊婦は多いと思います。

薬害の可能性は低いとされていますが、全てとは言い切れないので、かかりつけの産婦人科の先生に、飲んだ薬の名前をメモなどに書き留めておき、受診の時に知らせるようにしましょう。
妊娠初期の4週~15週、妊娠中期の16週~27週は赤ちゃんの体が作られる大切な時期ですので、薬を飲む時期は特に注意しましょう。

妊娠中の予防接種について

母子感染とはママからお腹の赤ちゃんに、細菌やウィルスがうつってしまうことを言います。
風邪ですぐに頭に浮かぶのはインフルエンザではないでしょうか。
インフルエンザの予防接種は妊娠時も受ける事が可能です。
ただし、妊娠初期の妊婦は流産の可能性があるため避けたほうがいいということ、卵アレルギー、喘息などのある妊婦は注意が必要です。
予防接種に関しては、住んでいる家族も一緒に受けておくと更に予防につながりますよ。
インフルエンザの他に、麻しん風しん、水疱瘡も妊娠中に気をつけなければならないウィルス症状ですが、こちらはインフルエンザのワクチンと違って、生ワクチンなので妊娠前の接種が良いと言われています。

風邪をひいたときに食べやすい食べ物

気をつけていても風邪をひいてしまった場合には、風邪のひき始めから体を温めてくれる効果があり、胃腸の消化の良いものを食べるようにしましょう。
ビタミンCも一緒に取るようにし、ねぎ、ニラ、生姜、玉ねぎ、大根、ジャガイモ、みかん、いちご、レモン、ブロッコリー、キャベツ、などが、消化に良くて、ビタミンの取れる食材です。
また、梅干しには解熱効果があるので、発熱をしたら気にして摂取すると良いでしょう。

風邪に体の温まるマタニティースープを…

野菜の優しい甘みでお腹に優しいベジタルのマタニティースープ。
風邪で食欲がない時にも栄養たっぷりで、消化も良く、体も温まります。
一杯のスープの中に妊娠中に必要な栄養素、葉酸、鉄分、カルシウム、ビタミン10種類が入っていて、食物繊維も豊富に入っているので、風邪で食欲がない時にもしっかり栄養がとれます。
マタニティースープは現役のママの声、産婦人科、栄養管理士の協力のもとに生まれました。
『こんなスープが欲しかった!』と、沢山の声を寄せていただいています。
マタニティースープの良いところは妊娠中だけでなく、産後ママの赤ちゃんのお世話で忙しい時、赤ちゃんの離乳食と幅広くお使いいただけます。

まとめ

飲みやすくて、栄養たっぷりのマタニティースープを試してみませんか?

4種類の味を楽しめるマタニティースープは妊婦に必要な栄養素がたっぷり!こだわりの味に仕上げています。
全4食入りのお得なお試しセットは送料無料の780円。

《ほうれん草とじゃがいものポタージュ》
《がごめ昆布入り海藻スープ》
《とうもろこしと豆乳のポタージュ》
《生姜とトマトのスープ》

マタニティースープは粉末タイプですので、お湯さえあれば手軽に、美味しくて温かい栄養満点のスープが出来ます。
風邪で体調がすぐれない時、体の冷えを感じた時にも簡単に作ることができますね。
妊娠時の冷えは大敵です。美味しい一杯のスープで心もほっこり温まりますよ。
これを機にマタニティースープ生活を始めてみませんか?

マタニティスープお試しセット実施中!!


送料無料の入りマタニティスープお試しセットを公式WEBサイトで発売中です。
お試し価格:780円(税込・送料無料)

『ほうれん草とじゃがいものポタージュ』『とうもろこしと豆乳のポタージュ』『わかめとガゴメ昆布の海藻スープ』『生姜トマトスープ』の4種類が楽しめます!

※お試しセットの内容は変更になる場合がありますので、詳しくは公式WEBサイトで確認してください。

ユウコ

Writer/介護職
女の子2人のママです。仕事は介護職で産後のママさんのお家にも伺っています。忙しく過ぎていく日常の中で娘たちのちいさな成長が楽しみ!普段パパは忙しいのでワンオペ育児ですが、ママだけで休日どこまで楽しめるのか悪戦苦闘しながら育児をしています。

編集部おすすめ商品

MATERNITY SOUP

妊娠中の栄養補給とマイナートラブルのために

マタニティスープ

妊娠中の食生活が気になるママに。
産婦人科 佐藤病院・妊産婦ケア専門の管理栄養士・お子さんのいるママの声から生まれた
妊娠中のママとおなかの赤ちゃんのためのスープです。

MATERNITY SOUP

妊娠中のママとおなかの赤ちゃんへの贈り物

マタニティスープギフト

これからママになる大切な人への妊娠祝いに。
妊娠中のママが元気に安心してマタニティライフを送れるように
家族や友人みんなで食生活をサポートするマタニティ応援ギフトです。

マタニティスープは妊娠中の女性たちととことん向き合って開発しました

最新記事