妊娠中の食中毒に注意!妊婦さんはチーズを食べて大丈夫?

妊娠中の食中毒に注意!妊婦さんはチーズを食べて大丈夫?

妊娠中はいつも以上に、日々の生活や食事に気を遣いますよね。
これまで食べていたものが、食べられなくなってしまう!
妊婦さんの大きな悩みです。

その一つが「チーズ」。
「チーズ」が好きな方も多いと思いますが、妊娠中は「チーズ」も注意が必要な食べ物の一つです。
特に「ナチュラルチーズ」は注意が必要です。

今回は妊婦が食べても大丈夫なチーズ、食べるのを避けたほうが良いチーズや食べる際の注意点等をお伝えします。

妊娠中にチーズを食べても大丈夫?

さまざまな種類があるチーズ。
妊娠中に「チーズ食べて大丈夫?」と心配になっている方もいらっしゃるかもしれません。
でも全てのチーズが食べたらダメというわけではないので、安心してください。
妊娠中に注意が必要なのは、一部のチーズなのです。

食べても大丈夫なチーズ、ダメなチーズの違いは?

チーズには、「ナチュラルチーズ」「プロセスチーズ」の2種類があります。
2つはは製造方法の違いにより分けられます。

「ナチュラルチーズ」は、主に外国から輸入されたもの。
原料乳を加熱せずに発酵・熟成させたもので、菌が生きているチーズです。

一方、「プロセスチーズ」は、「ナチュラルチーズ」を加熱・溶解し、これに乳化剤を加えて保存できる状態にしたチーズのこと。
加熱過程で菌類は死滅するので、菌は生きていません。

そのため、食中毒の原因となるリステリア菌の感染に注意が必要なのは「ナチュラルチーズ」のほうなのです。

代表的なプロセスチーズは?

プロセスチーズは加熱処理されているので、妊娠中でも食べても大丈夫なチーズです。
一般的にスーパーで売られている日本メーカーのチーズの多くはプロセスチーズです。
代表的なものに、スライスチーズ、6Pチーズ、キャンディチーズ、ベビーチーズなどがあります。

クリームチーズはNG?

クリームチーズは調理する際に加熱せず、生のまま食べることが多いので、不安になりますね。
ですが、製造工程の中で加熱処理されていますので、一般的に日本国内で流通しているクリームチーズは食べても大丈夫です

チーズから感染?!リステリア菌って何?

チーズに潜む「リステリア菌」。
リステリア菌は河川や動物の内臓の中など自然環境に多く存在します。
大腸菌などと同じように、食中毒を引き起こす細菌として知られています。

人間への感染は主に乳製品や食肉を通して発生します。
リステリア菌は他の食中毒の細菌と同様に加熱処理にて死滅しますが、4℃以下の低温や12%食塩濃度下でも増殖するのが特徴です。
日本国内では、リステリア菌による食中毒の報告例はありません。
ですが、妊娠中は免疫力が低下しており、少量のリステリア菌でも発症してしまう可能性があります。
リステリア菌の感染を避けるためにも、念のため「ナチュラルチーズ」は避けたほうが安全かもしれませんね。

妊娠中にリステリア菌に感染するとどうなるの?

では、もしリステリア菌に感染するとどのような症状がでるのでしょうか。

軽症の場合、微熱、筋肉痛、発熱などの症状がみられますが、風邪やインフルエンザの症状に似ているため、リステリア菌に感染していることに気づかないこともあります。
健康な人が感染しても症状は軽く済みますが、妊婦や高齢者、幼児、免疫力や体力が低下している方の場合には症状が重症化し、肺血症、髄膜炎、中枢神経の障害などの重篤な状態に陥るおそれがあります。
また、妊娠中にリステリア菌に感染してしまうと、お腹の赤ちゃんにも影響があります。
胎児の水頭症や髄膜炎などを引き起こしてしまう可能性が高くなるのです。
このほか、妊婦がリステリア菌に感染すると、妊娠初期の段階では、流産のリスクが高くなり、妊娠中期以降に感染すると早産または死産を引き起こす可能性も高くなりますので、十分に気をつけていただきたいです。

代表的なナチュラルチーズは?

一般的に食べられているナチュラルチーズは、
・カマンベールチーズ
・リコッタチーズ
・モッツァレラチーズ
・ゴルゴンゾーラチーズ
・ブルーチーズ
・チェダーチーズ
などがあります。
購入する際には十分注意して選んでください。

妊娠中に食べても大丈夫なナチュラルチーズもあるの?

妊娠中はできるだけナチュラルチーズを食べるのを避けたほうが安心です。
けれど、ナチュラルチーズでも加熱殺菌されているものもあります。

日本国内メーカーのナチュラルチーズに関しては、厚生省の規定によりナチュラルチーズでも加熱殺菌処理が義務付けられています。
そのため、国内産のナチュラルチーズであれば、生のまま食べても問題ありません。
また、外国産のナチュラルチーズでも原料乳が「殺菌乳」であれば大丈夫です。
ただし、一般的にチーズの外見だけでは、「殺菌乳」なのか、「無殺菌乳」なのか区別がつきません。
店員さんに尋ねたり、心配な場合は食べるのを避けるようにしましょう。

とはいえ、リステリア菌への感染はやはり不安という方が多いかと思いますので、ナチュラルチーズは加熱調理してから食べるのがベストです。
外食の場合はどの程度加熱されているか判断するのが難しいため、食べるのを避けたほうが無難かもしれません。

海外での妊娠中のチーズ事情は?

日本では、加熱殺菌されているチーズが多いのですが、では海外ではどうなのか、気になる方もいるかと思います。
実は欧米では、ナチュラルチーズなどを食べてリステリア菌による集団食中毒が実際に起こっているようです。
日本とは違い欧米では加熱殺菌していないナチュラルチーズもあるので、チーズの消費量の多い欧米では食中毒が起こる危険性が高いようです。

チーズは妊娠中に必要なカルシウムが豊富!

チーズには赤ちゃんの骨の成長に大切な「カルシウム」が多く含まれます。
種類によって異なりますが、チーズは牛乳を濃縮して作るので、牛乳よりも多くカルシウムを含みます。
チーズ100gを作るのに必要な牛乳の量は10倍の1000ml。
つまりチーズを20g食べると、牛乳200mlを飲むのとほぼ同じ栄養が摂れるということです。
またチーズにはビタミンAやビタミンB2も豊富に含まれています。

ただし、栄養が摂れるからといっても食べる量には注意が必要です。
チーズ自体のカロリーは低めですが、ピザやグラタンなど調理した場合、カロリーが高くなりますますので、食べ過ぎには注意してくださいね!

妊娠中にオススメのマタニティスープからカルシウム補給!

妊娠中、日々の食事にはいろいろと気を遣いますね。
ですが、つわりや吐き気に悩まされていて、思うように食事がとれていない方、また日々の食事に気を付けていても「栄養足りているのかな?」とお腹の赤ちゃんへの栄養が心配になる方など、悩みもさまざま。
そんなあなたにオススメなのが、「マタニティスープ」
妊娠中の「欲しかった」を産婦人科医・栄養管理士と一緒に形にしたスープです。
1日に必要なカルシウムだけでなく、葉酸、鉄分、ビタミン、食物繊維もしっかり補ってくれる優れモノです!
マタニティライフを美味しくサポートしてくれるので、普段の食事の一品としてプラスするなど上手に利用してみてはいかがでしょうか。

妊娠中の食生活の改善に!マタニティスープお試しセット実施中!!


送料無料のマタニティスープお試しセットを公式WEBサイトで発売中です。

『ほうれん草とじゃがいものポタージュ』『とうもろこしと豆乳のポタージュ』『わかめとガゴメ昆布の海藻スープ』『生姜トマトスープ』の4種類が楽しめます!

※お試しセットの内容は変更になる場合がありますので、詳しくは公式WEBサイトで確認してください。

なぜ栄養はスープで摂るの?

①サプリメントより2倍もカラダに吸収されやすい!

栄養は口の中(とくに舌下)からも吸収されやすく、胃や腸で吸収されるサプリメントよりもスープの方が、効率よく栄養が吸収されやすいのです。

②お腹を温め、冷えを解消!

お腹には、“第2の脳”とも言われるほど重要な臓器である腸があります。
温かいスープでカラダの中から温めて冷え対策をしましょう。

③朝スープでカラダを目覚めさせ、免疫力をUP!

36.5℃の体温が1℃下がると、免疫力は約3割も落ちるという説があるほど、体温と免疫力は密接に関わっています。
朝に温かいスープを飲むことでお腹(とくに腸)を温めることでリンパ球の働きが高められ、免疫力がアップすると考えられます。

おなかの赤ちゃんと妊婦さんの健康的な食生活のために、一日1杯のマタニティスープで、マタニティライフを美味しくサポートしてみませんか?

まなみ

writer/管理栄養士
2人の女の子のママです。職業は管理栄養士でただ今育児休業中。優しいパパに支えられながら、家事育児に奮闘中です。2人の子どもの成長と休日の家族団らんが今の楽しみです。

編集部おすすめ商品

MATERNITY SOUP

妊娠中の栄養補給とマイナートラブルのために

マタニティスープ

妊娠中の食生活が気になるママに。
産婦人科 佐藤病院・妊産婦ケア専門の管理栄養士・お子さんのいるママの声から生まれた
妊娠中のママとおなかの赤ちゃんのためのスープです。

MATERNITY SOUP

妊娠中のママとおなかの赤ちゃんへの贈り物

マタニティスープギフト

これからママになる大切な人への妊娠祝いに。
妊娠中のママが元気に安心してマタニティライフを送れるように
家族や友人みんなで食生活をサポートするマタニティ応援ギフトです。

マタニティスープは妊娠中の女性たちととことん向き合って開発しました

最新記事