妊娠中も温泉行きたい!おすすめのマタニティ旅行4選

マタニティスープは妊娠中の女性たちととことん向き合って開発しました
妊娠中も温泉行きたい!おすすめのマタニティ旅行4選

妊娠をすると、子育てで忙しくなる前に旦那さんと旅行に行って、二人の時間を楽しみたいという妊婦さんも多いのではないかと思います。
だからといって、妊娠中に激しく動くレジャースポーツなどは難しいですよね。
そんな時にオススメな旅行といえば、体をゆっくりと休めながら旅行を満喫できる「温泉旅行」でしょう。
けれど、妊娠中に温泉に入っても大丈夫なの?と心配する妊婦さんも少なくないようです。
そこで今回は、妊婦さんが温泉に入ってもいいのか、また入るときの注意点、おすすめの温泉についてまとめました。

妊婦さんは温泉に入っても大丈夫なの?

ee4e639bf6080b657228ecf45f9fd453_s

結論から言えば、温泉も通常の家庭での入浴と同様になんら問題はありません。
温泉そのものが妊娠に悪影響を与えることは考えられませんので、安心して温泉に入って大丈夫なのです。
温泉は妊娠中であっても、女性の健康と美容に素晴らしい効果をもたらす自然の恵みです。

ただし、妊娠初期には流産があることや、出産が近づくとお腹が張ってきたり、破水を起こったりしやすくなります。
そのため、妊婦さんにトラブルが起こりやすいことも事実です。
しかし、だからといって温泉がダメというわけではありません。
このようなトラブルを避けるためには、熱いお湯や長湯はできるだけ控えることが大切です。
温泉に入ると体が温かくなるのはお腹にいる赤ちゃんも同じことです。
親子とものぼせないように、10分以上お風呂につかり続けないようにしましょう。
また、お風呂上りの水分補給も忘れずないようにしてください。
そして、お風呂上りの湯冷めにも気をつけてください。
湯冷めしてしまうと風邪をひきやすくなります。

もし万が一のぼせてしまったり、急に貧血になったり、意識を失ってしまうと非常に危険です。
できる限り付き添いを連れて入浴するか、人が入っている時間帯に温泉を利用するようにしたほうがいいです。

妊婦さんの入浴制限

3073ade5f3ef337d67fb0433bce947a4_s

温泉法第18条によれば、温泉を提供する者は注意事項を施設内に掲げる必要があります。
その注意事項の一つに、「禁忌症(きんきしょう)」というものがあり、『妊婦は心臓病や、貧血と並んで、禁忌症の1つ』としてあげられています。
この場合の禁忌症とは、「温泉浴に注意、もしくは利用を避けた方が良い症状」の事になります。
「一般的禁忌症」の症例を挙げると、「急性疾患(特に熱がある場合)」「活動性の結核」「悪性腫瘍(がん)」「重い心臓疾患」「呼吸不全」「腎不全」「出血性の疾患」「高度の貧血」「その他一般に病勢進行中の疾患」「妊娠中(特に初期と末期)」となっています。
以上の10項目中には温泉が危険だから入ってはいけないということはあげられていません。
事実、温泉による健康への作用を研究している「日本温泉気候物理医学会」においても、『温泉が胎児と妊婦に与える危険性』は確認されていません。

ではなぜ妊娠中の入浴が制限されるのかというと、万が一自身が提供する施設内で事故がおきてしまった時、施設はその責任を問われることになるからだと考えられます。
妊娠初期と後期では流産や出血、破水が起きやすかったり、貧血を起こしやすかったりするので、このようなトラブルを防ぐためにも、妊娠中の入浴は制限されているのだと思います。
ですので、妊娠中の温泉は周りの人の迷惑にならないように注意しましょう。

禁忌症から『妊娠中』が削除!

2014年7月から「温泉法第18条第1項の規定に基づく禁忌症及び入浴又は飲用上の注意の掲示等の基準」が改訂され、それまで禁忌症となっていた「妊娠中(とくに初期と末期)」が削除されました。
実は、研究者の中で心拍数や体温上昇に関する報告はあったようですが、危険性を示すものは一件もなかったため、環境省が見直しすべきと考えたようです。
また、クリニックからも「入院中の妊婦に温泉を利用してもらっているが、問題が生じたことは一度もない」という意見もあったため、削除されたようです。

妊婦さんにおすすめの温泉

15a2744735e96fc8c3ae9881ed92cb3b_s

吉祥CAREN

まず一つ目は、静岡県の東伊豆にある「吉祥CAREN」です。
静かな海沿いの高台にある隠れ家的リゾートは、女子旅や記念日旅にも人気があります。
掛け流しの温泉は豊富な湯量で、心からゆったりできる露天と内風呂で楽しむことができ、朝も夜も相模湾のすばらしい景色を堪能できます。
妊婦さんには、特別なマタニティプランが用意されています。
体に負担がかからない抱き枕やノンカフェイン飲料、ゆっくり入れる姉妹館「つるや吉祥亭」の貸切風呂などのサービスを提供してくれています。
伊豆北川・伊豆熱川駅からは送迎バスで10分の距離です。
ゆっくり温泉旅行を楽しみたい人には、落ち着いた雰囲気なのでぴったりです。

ホテル ウェルシーズン浜名湖

二つ目は、静岡県の浜松市にある「ホテル ウェルシーズン浜名湖」です。
地場産の野菜でつくる健康志向料理、旬にこだわったオリジナルメニュー、そしてパティシエメイドのスイーツなどヘルシーな料理が並ぶバイキングは妊婦さんにも大好評です。
低反発フロアチェアやマタニティナイトウェアの無料貸出など、妊婦さんにうれしいサービスがたくさんあります。

伊東ホテル聚楽

三つめは、静岡県の伊東市にある「伊東ホテル聚楽」です。
最上階にあるナチュラルスイートは絶景を望む露天風呂付きで、いつでも本物の温泉を楽しめます。
食事は個室風ダイニングで妊婦さんの栄養面に配慮した特別メニューを堪能することができます。

湯田上温泉 ホテル小柳

四つ目は、新潟県の田上町にある「湯田上温泉 ホテル小柳」です。
「妊婦さんが安心な旅を満喫できるように」とさまざまなサービスを提供してくれるホテルです。
夕食は新潟の旬がつまった体にやさしい安産会席を堪能できます。
抱き枕やクッションなどマタニティのママにうれしいグッズも豊富です。

まとめ

妊婦さんにとっても、温泉浴は普通の入浴と同様に考えても大丈夫です。
ですが、温泉に限らず入浴を提供する施設では、ご自分の体調に十分気を使って入浴を楽しんでください。

IMG_1348
Yuko

Mama writer
2人の男の子のママです。まだまだ戸惑う育児、時間に追われる家事ですが、夫婦で協力して忙しいながらも今しか味わえない日々を楽しめるようにしています。記憶に残るライターとして皆さまにお届けしていきます。

編集部おすすめ

MATERNITY SOUP

妊娠中の栄誉補給とマイナートラブルのために

マタニティスープ

妊娠中の食生活が気になるママに。
産婦人科 佐藤病院・妊産婦ケア専門の管理栄養士・お子さんのいるママの声から生まれた
妊娠中のママとおなかの赤ちゃんのためのスープです。

MATERNITY SOUP

妊娠中のママとおなかの赤ちゃんへの贈り物

マタニティスープギフト

これからママになる大切な人への妊娠祝いに。
妊娠中のママが元気に安心してマタニティライフを送れるように
家族や友人みんなで食生活をサポートするマタニティ応援ギフトです。

マタニティスープは妊娠中の女性たちととことん向き合って開発しました

最新記事