妊娠初期に発熱…これって風邪なの?

妊娠初期に発熱…これって風邪なの?

赤ちゃんを授かったと分かった時、とても幸せな気持ちになりますよね。
幸せいっぱいの妊娠初期ですが、初めての事ばかりで色々と不安になると思います。
そんな時に発熱してしまったら、どうしたら良いのか焦ってしまうと思います。
今回は、発熱してしまった場合、妊娠によるものか、他の原因によるものなのか、見分け方などをご紹介します。

発熱は妊娠初期の症状?

妊娠初期の症状にはさまざまなものがあります。
風邪の引き始めのような熱っぽさや、なんとなく体がだるい…怒りっぽくなる、下痢や便秘、眠気、食欲の変化、これらすべては妊娠初期の症状といわれています。
個人差はありますが、妊娠初期の基礎体温は、平熱より1度くらい高い、37度前後の微熱がでることが多く、これにより身体が熱っぽくなり、寒気や、だるさを感じてしまうのです。

妊娠初期にどうして熱が出るの?

妊娠初期には、黄体ホルモンが分泌され、周期的に下がるはずの体温が下がらず、ずっと高温を保つので、微熱っぽくなるのです。

妊娠と熱のメカニズム

妊娠すると、ホルモンのバランスがとても変わってきます。
いつもより体温が上がるのは、3つのホルモンによるものなのです。

女性の体温は月経(生理)の周期によって、低温期と高温期という2つに分けられます。
生理開始から排卵までは低温期、排卵後から黄体ホルモンの影響で体温が上昇し、高温期になります。
排卵された卵子が妊娠に至らなかった場合は、高温期が2週間ほど続いた後に体温が下がり、次の生理が始まります。

一方、排卵された卵子が精子とめぐり合い、受精卵となると、妊娠を維持するために、ヒト絨毛性ゴナドトロピン(hCG)というホルモンが、妊娠の超初期である受精直後から分泌され、妊娠黄体を刺激しエストロゲン、プロゲステロンを作らせます。
それらのホルモンの働きで、普段なら周期的に下がるはずの体温が下がらず、ずっと高温が続くため、妊娠初期には微熱を感じる事が多いのです。
妊娠16週目の妊娠安定期を迎えることによって黄体ホルモンの分泌も落ち着き、熱っぽさも下がっていきます。
ただし個人差があるので妊娠中期の24週ごろまで微熱が続く事もあります。

高熱が出た時は妊娠初期症状ではないの??

微熱が出る事が妊娠初期症状の一つだという事はお分かり頂けたと思います。
ですが、妊娠初期の高熱は少し注意しなければいけません。
次に、妊娠初期症状による発熱か、感染症による発熱か見分けるポイントや、対処の仕方についてご紹介していきましょう。

妊娠初期症状以外の発熱の見分け方はどうしたらいいの?

平熱が高めの人でも38度台になると、微熱とは言わず高熱になるでしょう。
妊娠初期は、免疫力が低下するので飛沫感染や接触感染でウィルスに感染しやすいのです。
ですので、38度以上の高熱の場合は、妊娠初期症状の可能性は低く、感染症による可能性が高いのではないかといえるでしょう。

感染症による発熱にはどんなものがあるの?

一般的な風邪の他に、特に考えられるのが、風疹、インフルエンザ、水疱瘡があります。
感染すると38度以上の熱や咳、発疹が出たりします。
高熱時は、羊水の温度が上がるなど赤ちゃんへの影響も心配されますので早めに病院を受診することが大切です。

麻疹(はしか)・風疹(三日ばしか)

風疹は二種類あり、「はしか」と呼ばれるものと、「三日ばしか」と呼ばれるものがあります。
感染者からの咳やくしゃみ等で飛沫感染します。
妊娠20週までに風疹(三日ばしか)に初感染すると、赤ちゃんが先天性風疹症候群になる事があります。
このため、妊娠初期の検査で、風疹の免疫があるかどうかを調べます。
風疹にかかった事がなかったり、免疫(抗体)が十分にない女性は注意が必要です。

症状

① 麻疹(はしか)
風邪症状が現れ、口の中の粘膜に小さい白い斑点が出ます。症状は10日~2週間程度でおさまります。

② 風疹(三日ばしか)
耳の後ろや首などのリンパ節が腫れた後、米粒からエンドウ豆ほどの大きさの淡いピンク色をした発疹が、顔や耳の後ろに現れます。
この発疹は1~2日で全身に広がり、3日程度で自然に消えていきます。発熱を伴う場合もあります。
症状自体は重症ではなく、3日もすれば落ち着いてくるので、「三日ばしか」という名前で呼ばれています。

赤ちゃんへの影響

「先天性風疹症候群」
白内障、先天性心疾患、難聴が三大症状です。
感染の時期によって症状は違います。
・白内障は妊娠3ヶ月以内の感染
・先天性心疾患は妊娠4ヶ月以内の感染
難聴に関しては妊娠4ヶ月以降でも発症のリスクがあります。
このほか網膜症、肝脾腫、血小板減少、糖尿病、発育遅滞、精神発達遅滞、小眼球症などの症状が出ることもあります。
流産、早産のリスクも高まり、発疹が出てから6日以内に分娩になった場合は、赤ちゃんが重症のはしかになる事もあります。

インフルエンザ

妊娠中にインフルエンザにかかっても、赤ちゃんに感染する事はありません。
ただし妊娠中は症状が重症化したり、心肺合併症を起こす可能性が高くなります。
よって日本産婦人科学会では、妊娠中の予防接種を推奨しています。
予防接種の際は医師の説明をよく聞き、家族も一緒に受けることが大切です。

妊娠中の風邪対策はどうしたらいいの?

妊娠前は、あまり考えずに市販薬で対処できていたのに、妊娠中は赤ちゃんへの影響を考えると、自己判断で薬を服用することができないので、困ったと感じる方もいるかと思います。
そんな時はどうしたらよいのでしょうか?

病院で診察を受け薬を処方してもらおう!

妊娠中は、風邪なのか分からない場合には、自己判断で薬を飲まずに、病院にかかるのがベストです。
出来るだけ薬を飲みたくないですが、感染症にかかって熱が高く、炎症が激しい場合には、妊婦さんに影響の少ない処方薬を使った方が、お母さんの体にも赤ちゃんにも良いケースが出てきます。
ガマンせず、病院で相談してみてください。

毎日の生活を少し気づかってみる!

日々の生活で免疫力アップを心がけて、感染症対策をしましょう。

・ マスクや手洗いなどで、風邪予防をする
・ 栄養のあるバランスの良い食事を心がける
・ 質の良い睡眠をしっかりとる
・ 疲れを溜めず、体を温めて血行を良くする
・ 感染症が心配な時は早めに受診する
・ 一人で悩まない

まとめ

妊娠すると、体も心も色々と変化があるため、戸惑う事も多いと思います。
悩み過ぎてしまうと、お母さんの体にも赤ちゃんにもよくありません。
無理をせず、ストレスを溜めないように、自分時間を大事にしてください。
わたしは妊娠中、つかの間の自分時間によくマタニティスープを飲みながら読書をしました。
スープで体が温まりほっこりしながら、大好きな読書…大好きな時間でした。
みなさんも、ステキな自分時間をみつけて、楽しいマタニティライフを送ってください♪

おまけ

わたしのほっこりタイムに欠かせなかったマタニティスープ♪
現役のママさんたちの声をもとに、産婦人科と栄養士さんが作ったベジタルのマタニティスープ。
安心、安全にもこだわっていて、1杯のスープで妊婦さんとおなかの赤ちゃんに必要な栄養が、ギュッと詰まっています!
・鉄分10mg
・カルシウム300mg
・葉酸200㎍

味も4種類あって、作り方もとっても簡単!
市販のスープと同じ、粉末のスープなので、お湯を注ぐだけ!
普段の食事にプラスしたり、ちょっとほっこりしたい時のお供にもおすすめです。

マタニティスープお試しセット実施中!!


送料無料の入りマタニティスープお試しセットを公式WEBサイトで発売中です。
お試し価格:780円(税込・送料無料)

『ほうれん草とじゃがいものポタージュ』『とうもろこしと豆乳のポタージュ』『わかめとガゴメ昆布の海藻スープ』『生姜トマトスープ』の4種類が楽しめます!

※お試しセットの内容は変更になる場合がありますので、詳しくは公式WEBサイトで確認してください。

*re-na*

Mama writer
二人の女の子のmamaです。仕事に家事にと、忙しく過ごす毎日ですが、今しか味わえない子供の成長を大事に日々を楽しんでいます。先輩mamaライターとして、みなさまにお届けしていきたいと思います。

編集部おすすめ商品

MATERNITY SOUP

妊娠中の栄養補給とマイナートラブルのために

マタニティスープ

妊娠中の食生活が気になるママに。
産婦人科 佐藤病院・妊産婦ケア専門の管理栄養士・お子さんのいるママの声から生まれた
妊娠中のママとおなかの赤ちゃんのためのスープです。

MATERNITY SOUP

妊娠中のママとおなかの赤ちゃんへの贈り物

マタニティスープギフト

これからママになる大切な人への妊娠祝いに。
妊娠中のママが元気に安心してマタニティライフを送れるように
家族や友人みんなで食生活をサポートするマタニティ応援ギフトです。

マタニティスープは妊娠中の女性たちととことん向き合って開発しました

最新記事