妊娠初期は体調管理がとっても大事!妊娠初期に行いたい事とは?

マタニティスープは妊娠中の女性たちととことん向き合って開発しました
妊娠初期は体調管理がとっても大事!妊娠初期に行いたい事とは?

妊娠初期は色々と体調が変化する時期です。
気分も心も優れないこともあるでしょう。
せっかくの妊娠を喜んでいたはずなのに、妊娠した本人が優れないままで過ごしている状態は、あまりいいとは言えませんよね。
体調管理をするため、妊娠初期に行いたいことについてご紹介します。

妊娠初期って?

01

妊娠初期と呼ばれるのは、妊娠4週~妊娠15週までの間、妊娠4ヶ月までの間のことをいいます。
妊娠初期の大きな変化として現れるのは、つわりです。
人によってつわりの強弱は違いますし、中にはつわりを全く感じずに妊娠初期を終える人もいます。
ただし、多くの妊婦さんが多少のつわりは感じるといわれています。
妊娠2ヶ月目あたりからつわりは発生するでしょう。
それ以外にも妊娠初期の変化はたくさんあります。

・常にだるくて眠気が襲ってくる
・めまいがしてふらつく
・イライラしやすくなる
・腰痛や腹痛
・肌荒れ
・下痢や便秘

などなど…まだたくさんあります。
人によってどんな変化が起こるかは異なりますが、妊娠初期でホルモンバランスが乱れることで、あらゆることが身体には起こります。

つわりで食事が食べられない!そんなお悩みをもつ妊婦さんには『つわりで食べられない人必見!妊娠中でも食べやすいもの5選』を参考にしてみて下さい!

身体の変化を受け入れる

妊娠すると、今までの自分ではないような気がして過ごし方に戸惑ってしまう人も多いのですが、最初はその変化を受け入れることから始めてみましょう。
妊娠初期はつわりなどを感じるようにもなり、身体が変化していくのを実感できます。
その変化が不安になってしまう原因なのですが、受け入れようと大きな気持ちで考えれば、あまり焦りや不安、イライラすることもなくなります。
ホルモンバランスも乱れてしまうので気持ちも同様に乱れてしまうものですが、考え方を変えるだけで落ちつけるはずです。

r01_300_250_0002_定期

摂取してはいけない食べ物を知る

つわりであまり食べられないとなると、「食べられるものを食べたいときに…」などと指導を受けると思います。
ただし、食べられるものであっても食べない方がいい食べ物もあります。

食中毒になるかもしれないもの

お刺身や火が十分に通っていないお肉、貝などは食中毒の恐れがあります。
特にお肉に関してはトキソプラズマに感染する可能性もあるので気を付けてください。

添加物が含まれているもの

手軽に食べられるカップラーメンなど、インスタント食品と呼ばれるものには長期的な保存をするために、添加物や保存料が多く含まれています。
多少なら問題ないでしょうが、赤ちゃんのことを考えたらあまりインスタント食品に頼るのはやめましょう。

子宮を収縮させてしまうもの

香辛料などは、血流をよくして身体を温めてくれますし、つわりで食欲がないときでもその香りで食欲を誘ってくれるのですが、たくさん摂取してしまうと子宮の収縮が起こってしまい、流産や早産といったリスクが高まってしまいます。

食べてはいけないもの、あまり食べないほうがいいものを知っておけば、赤ちゃんのためにもなります。

リラックスして過ごす

ec7f3ac7c225de3b1e39c6f346d4b731_s

急な身体の変化や襲ってくる不調に参ってしまいやすい時期ですが、妊婦生活はまだまだこれからです。
妊娠初期を乗り越えるために、自分なりのリラックス法を探してみましょう。
妊娠初期はまだあまり運動はオススメできませんが、軽く血行を促進するぐらいのストレッチなどは取り入れるといいですね。

マタニティヨガなども最近は人気が高いので、体調に余裕があれば挑戦してみましょう。
また眠気やだるさが襲ってきてなかなか起きられない日もあるかもしれません。
そんな時は無理せずに過ごしたい、という赤ちゃんからのサインだと思って、ゆったりとした毎日を過ごしてください。

妊娠期間中にもできるオススメのストレッチは『運動不足の妊婦さん必読!4つのおすすめ簡単ストレッチ』をご覧ください。

妊娠初期から習慣づけよう

マタニティスープは、妊活中から摂取できますし、もちろん妊娠初期でも摂取することでしっかりと必要な栄養素が摂取できます。
特に妊娠初期は、つわりなどがひどくてなかなか食事ができないものです。
でも赤ちゃんへの栄養も心配だし、なにより自分自身がしっかり食べて栄養補給をしないとつらいはずです。
つわりの影響で体力がなくなって、さらに体調が悪化…という悪循環を防ぐために、栄養はしっかり摂取したいですね。

固形の食べ物はダメでも、スープなら飲むだけなので口にしやすく、つわりの影響なども受けにくいといわれています。
マタニティスープは、とてもまろやかな味わいで妊娠初期のつわりで食事が受け付けなくて悩んでいる人でも飲みやすいスープです。
スープなのに栄養たっぷりで、妊娠初期のイライラなどもスープを飲んで身体を温めることでホッと一息つけるはずです。

r01_300_250_0002_定期

マタニティスープ 03-5256-6155(平日9:00~18:00)
http://maternitysoup.jp/

・現役ママ3000人、妊婦栄養研究の管理栄養士、産婦人科が共同開発!
・現役ママにも、未来のママにも、必要な栄養素が凝縮!
・化学調味料、合成着色料、人工保存料、人工甘味料、合成香料を使わず無添加!
・第三者機関による検査済み!

まなみ

writer/管理栄養士
2人の女の子のママです。職業は管理栄養士でただ今育児休業中。優しいパパに支えられながら、家事育児に奮闘中です。2人の子どもの成長と休日の家族団らんが今の楽しみです。

編集部おすすめ

MATERNITY SOUP

妊娠を望む全ての女性に

妊活ブレンド

女性特有の冷えや周期の乱れをサポートする妊活専用ハーブティー。朝食習慣や、仕事中のリラックスタイムにもオススメです。

マタニティスープは妊娠中の女性たちととことん向き合って開発しました

最新記事