妊娠初期時から起こりやすい繰り返す下痢の悩みって?

妊娠初期時から起こりやすい繰り返す下痢の悩みって?

妊娠すると多くの女性がすぐに体調の変化に気づきます。
体の変化の気づきは妊婦によりそれぞれですが、なかでも毎日のトイレについての悩みごとも、よく聞くことのランキング上位にあげられます。
なかでも、多くの妊婦は、便秘と下痢を繰り返す悩みが特に多いと言われています。
なぜ便秘と下痢を繰り返すのか原因を見ていきましょう。

妊婦の便秘と下痢は大丈夫なもの?

体調変化は妊娠初期からすぐに始まり、便秘になったと思ったら、下痢になったり、また便秘になったり、それを繰り返してお腹がスッキリすることはなかなかありません。
お腹がすっきりしないと気持ちもパッとしないものですが、やっと安定期に入って落ち着いたかと思ったら、なぜか便秘や下痢を繰り返すのです。
妊娠中は些細なことでも悩みがちですが、赤ちゃんに影響がないかなど心配になりますね。
なかには、下痢が長く続くことで流産の危険性があるのでは?と心配になってしまう妊婦もいます。
ですが、妊娠初期の下痢で子宮収縮が起きて、流産の関連性はないと言われています。

便秘を起こすと下痢にもつながってしまう!

妊娠中はホルモンバランスの変化により腸の動きが鈍くなり、便秘になってしまいがちです。
つわりで食べすぎたり、逆に食べられなかったりを不規則に繰り返すことでストレスにつながり、自律神経も乱れやすくなります。
つわりの影響で、食べ物や飲み物からの水分が取りにくくなってしまうため、水分が足りずに硬い便になってしまいます。
腸の蠕動運動(腸が便を運ぶはたらき)は自律神経と深く関わっていて、副交感神経という自律神経で調節されています。
妊娠していない人でも、自律神経は生活の乱れやストレスで崩れやすく、妊婦はそれに加えてホルモンバランスの崩れで自律神経の働きが乱れやすくなります。
自律神経が乱れると、蠕動運動が弱くなってしまい、便秘を起こしてしまいます。
便秘を起こしてしまうと、その後に下痢になりやすいので、リラックスをして副交感神経の動きを高めることで、腸の動きも自然と活発になり、便秘を改善することで下痢の予防にもつながります。

ウィルスと細菌による下痢を知ろう!

下痢は便秘によるものだけではありません。
細菌とウィルスは、主な下痢の感染源なので、妊婦は食中毒に特に注意をしないといけません。
主なウィルスをご紹介します。

カンピロバクター
生肉(特に鶏肉)ペットとして飼っているニワトリやうずらなどの鳥類より感染。

リステリア菌
加熱されていないナチュラルチーズ、生ハム、スモークサーモン。

トキソプラズマ
主に生肉に付着、猫の糞にもいることが多いので猫を飼っているお家は注意が必要です。

ノロウィルス
生肉は特に注意が必要で、O-157感染の心配もあります。
生肉は注意する菌が多いため、食べないことをオススメします。

食べ物や飲み物だけでなく、意外にもペットなどにも潜んでいることがあるので注意してくださいね。
古い食べ物も思い切って処分することも大切です。
普段はなんともないことでも、妊娠中は免疫力が低下しているので食べ物からの食中毒や、ウィルスなども十分に気をつけて、より質の高いマタニティーライフ送ってくださいね。

便秘や下痢を解消する規則正しいマタニティーライフ

普段から規則正しい生活をして、たくさん眠ることやストレスを溜めないなど、便秘や下痢解消の改善策として、まずは腸の綺麗な状態を保つこと、腸生活に気をつけることが大切です。
食べ物はゆっくりと噛んで食べることで、消化が良くなり、スッキリした排便につながります。
それと同時に、満腹感も得られるので食べすぎ防止にもつながります。
栄養バランスの整った食生活を、無理しない程度に心がけられると良いですね。
お腹の赤ちゃんのためにも安心できると思います。

妊婦は体を冷やさないで。無理をせずに水分を少しずつ取ろう!

便秘になった時は水分をしっかりとること、下痢をしやすい人は、冷たい飲み物はなるべく避けて温かい飲み物で水分補給をしてくださいね。
つわりで飲み物が飲みづらかったり、思い通りに水分摂取できなかったり、など色々あると思いますが、ここで無理は禁物です。
少量で回数を増やして少しずつ飲むことから始めてみましょう。
妊婦の便秘に良い飲み物は飲料水、オリゴ糖を含む飲料、温かい豆乳には食物繊維はもちろんのこと、固くなった便を柔らかくしてくれる働きがあります。
ホルモンバランスの関係で妊娠していない時よりも血行が悪くなるため、特に体を冷やさないことも大きなポイントですよ。

長く続く下痢には要注意!心配な時はお医者さんに相談しよう

水分コントロールを頑張っても下痢がうまく改善されない場合には、かかりつけの産婦人科で相談して整腸剤を出してもらってくださいね。
注意したいのは自己判断で市販薬を使わないこと、自身の自己判断で市販薬を使うことはあまりお勧めできません。
下剤の種類には子宮収縮を起こしてしまう恐れのあるものもあります。
長く続く止まらない下痢、下痢や便秘の時に不正出血や、嘔吐があったりする場合はお腹の赤ちゃんのためにもなるべく早めに病院へ行きましょう。
感染性ウィルス性胃腸炎の下痢の場合は感染の心配から、産婦人科では見てもらえない可能性もあるので、かかりつけの産婦人科へ症状を電話で伝えておくとどうすればよいのかを教えてくれます。

下痢の時には消化の良いものを食べよう!

下痢の時は、お腹に負担のかからない消化によいものがオススメです。
急性の下痢の場合には半日ほど何も食べずに待って様子を見て、お腹の状態が落ち着いたようであれば、消化の良い食べ物を少量から試すようにしましょう。
おかゆや煮込みうどん、柔らかく煮た野菜や、野菜のスープなどがお腹に負担がかからずに栄養がとれますよ。
肉や揚げ物、ケーキなどの油分の多いものは胃に負担がかかって、下痢や便秘の悪化につながってしまうので『食べられそうかも!』と思ったとしても食べないようにしてくださいね。

お腹に負担のかかりにくいマタニティスープ

野菜の優しい甘みでお腹に優しいベジタルのマタニティスープは、下痢でつらいお腹のあとにも消化がよくて、体調面でもしっかりとサポートしてくれる妊婦の強い味方!
消化に良いだけではなく、一杯のスープの中に妊娠中に必要な栄養素、葉酸、鉄分、カルシウム、ビタミン10種類が入っていて、食物繊維も入っているので便秘の時もオススメです。
マタニティスープは現役のママの声、産婦人科、栄養管理士の協力のもとに生まれました。
『こんなスープが欲しかった!』と、沢山の声を寄せていただいています。
マタニティースープの良いところは妊娠中だけでなく、産後のママの赤ちゃんのお世話で忙しい時、赤ちゃんの離乳食にと幅広くお使いいただけます。

飲みやすくて、栄養たっぷりのマタニティスープを試してみませんか?

4種類の味を楽しめるマタニティスープは、妊婦に必要な栄養素がたっぷり!こだわりの味に仕上げています。
全4食入りのお得なお試しセットは送料無料の780円。

《ほうれん草とじゃがいものポタージュ》
《がごめ昆布入り海藻スープ》
《とうもろこしと豆乳のポタージュ》
《生姜とトマトのスープ》
マタニティースープは粉末タイプですので、お湯さえあれば手軽にすぐに美味しくて温かい栄養満点のスープが出来上がるのも良いところです。
妊娠中の体調がすぐれない時にも簡単に作ることができますね。
これを機にマタニティースープ生活を始めてみませんか?

マタニティスープお試しセット実施中!!


送料無料の入りマタニティスープお試しセットを公式WEBサイトで発売中です。
お試し価格:780円(税込・送料無料)

『ほうれん草とじゃがいものポタージュ』『とうもろこしと豆乳のポタージュ』『わかめとガゴメ昆布の海藻スープ』『生姜トマトスープ』の4種類が楽しめます!

※お試しセットの内容は変更になる場合がありますので、詳しくは公式WEBサイトで確認してください。

ユウコ

Writer/介護職
女の子2人のママです。仕事は介護職で産後のママさんのお家にも伺っています。忙しく過ぎていく日常の中で娘たちのちいさな成長が楽しみ!普段パパは忙しいのでワンオペ育児ですが、ママだけで休日どこまで楽しめるのか悪戦苦闘しながら育児をしています。

編集部おすすめ商品

MATERNITY SOUP

妊娠中の栄養補給とマイナートラブルのために

マタニティスープ

妊娠中の食生活が気になるママに。
産婦人科 佐藤病院・妊産婦ケア専門の管理栄養士・お子さんのいるママの声から生まれた
妊娠中のママとおなかの赤ちゃんのためのスープです。

MATERNITY SOUP

妊娠中のママとおなかの赤ちゃんへの贈り物

マタニティスープギフト

これからママになる大切な人への妊娠祝いに。
妊娠中のママが元気に安心してマタニティライフを送れるように
家族や友人みんなで食生活をサポートするマタニティ応援ギフトです。

マタニティスープは妊娠中の女性たちととことん向き合って開発しました

最新記事