妊娠後期の貧血はどう対策すればよい?意識して葉酸を摂ると良い!

マタニティスープは妊娠中の女性たちととことん向き合って開発しました
妊娠後期の貧血はどう対策すればよい?意識して葉酸を摂ると良い!

お腹もかなり大きくなってきて、いよいよかなと感じる妊娠後期ですが、もうすぐ会えることに楽しみな反面、やはりまだまだ心配事はつきないですよね。
もうそろそろだからこそ、出産に対する緊張も高まりますし、赤ちゃんを無事に出産するまでは気が抜けません。妊娠後期になって感じる不調もあるはずです。
特に感じやすいのは、貧血ですね。
貧血が続くと普段の生活に支障が出てしまいます。
もしも突然貧血によるめまいや立ちくらみで、ふらふらとして転んでしまったら…と思うと心配になります。
妊娠後期に襲ってくる貧血にはどう対策をしたらいいでしょうか。

妊娠後期とはどんな状態?

36400b73a2ab3e048e1d5f5c6cd516fc_s

妊娠後期は、8ヶ月目から10ヶ月のことを指しています。
お腹の中で赤ちゃんが活動的になって、動いているなという感覚がしっかりとわかるようになります。
お腹はかなり大きくなってくるので、お腹が突き出てバランスを崩しやすくなる時期でもあり、慎重に毎日行動しなくてはいけません。

起こりやすい症状としては、子宮が大きくなって押し上げられることによる、胃のむかつき・不快感などです。
また膀胱の圧迫による尿漏れなどに悩む妊婦さんも多いです。
今まで経験したことがないような出来事が起こるのが、妊娠中です。
その都度対策をしていけるといいですね。

妊娠後期に起こる貧血について

15006c5dc132ef13500c614ba09a9584_s

妊娠後期になって起こる問題の一つに、貧血があります。
妊娠中は初期でも中期でも貧血を感じやすい状態ですが、後期も同じです。
貧血はママだけが辛いのではなく、実はお腹の中の赤ちゃんにも影響を与えてしまう恐れがある、と考えられています。
妊娠中、貧血で悩む人は全体の3割から4割です。
それだけ多くの人が貧血に悩んでいるので、よく起こりやすい症状ですね。
海外では積極的に貧血予防を行っているのですが、日本では貧血についてあまり予防などがされていないのが現状です。

貧血が起こる理由は、赤ちゃんに栄養を送っているからです。
赤ちゃんに栄養を送り込むのは血液の仕事ですから、血液が足りなくなって貧血を起こしてしまいます。
血液量は妊娠すると増えるのですが、それが間に合わなくなるのです。
もしも貧血が続いている場合、赤ちゃんに十分な栄養が行き届いていない可能性もあるでしょう。
特に妊娠後期になると貧血の症状も重くなってしまう可能性が高いため、早めの対策が重要です。

貧血に必要なのは葉酸

貧血が続く場合は、医師に相談しましょう。
定期健診などで貧血が続いていることを伝えると、血液検査を行います。
血液検査をして貧血になっているかどうかを判断しています。

身体がだるい、疲れやすい、めまいがする、動悸がする、氷を食べたくなるなど…貧血に伴って現れる症状はいくつかあります。
そういった症状も出来る限り医師に伝えてくださいね。

貧血対策としておすすめしたいのは、葉酸の摂取です。
葉酸は赤ちゃんが発育するために必要な栄養素として知られているのですが、貧血予防や対策にも効果が期待できます。
貧血には鉄分が良いのでは?と思うかもしれませんが、血液を作るのは葉酸です。
特に怖いのが、悪性の貧血ですね。
悪性貧血は赤血球が不足して全身が酸欠になります。
昔は死に至る病気とまでいわれていました。
今ではそんなこともなくなっていますが、早めに治療が必要です。

マタニティスープで葉酸を摂取できる

2015_12_180085

葉酸を摂取したいと考えていても、貧血だとあまり気分もよくないでしょうし、食事を口にするのも辛いという人もいます。
でも栄養は補わないと貧血も改善していきません。
自分でできる対策としておすすめしたいのは、マタニティスープを飲むという方法です。

葉酸をはじめとして、様々な栄養素を含むスープです。
たくさんの栄養を含んでいるのにもかかわらず、どれもシンプルでスープとして味が抜群のものばかりです。
貧血がつらくてなかなか食事ができないという人でも、お湯に溶かして飲むだけでいいので楽に栄養が補えます。

妊娠後期はお腹の大きさとともに貧血が現れ、もう動くのも辛いという時があるかもしれませんが、マタニティスープで栄養補給をして、貧血対策もしながら生まれてくるのを心待ちにしましょう。

マタニティスープ 03-5256-6155(平日9:00~18:00)
http://maternitysoup.jp/

672_560_0002_モニター02
・現役ママ3000人、妊婦栄養研究の管理栄養士、産婦人科が共同開発!
・現役ママにも、未来のママにも、必要な栄養素が凝縮!
・化学調味料、合成着色料、人工保存料、人工甘味料、合成香料を使わず無添加!
・第三者機関による検査済み!

貧血を感じたらゆっくり過ごそう

【大谷】産後のイライラの原因と対処法を紹介

貧血の症状が辛いままで頑張りすぎるのは危険です。
特にめまいや立ちくらみは、急に起こって転倒してしまうリスクがあります。
お腹から転倒してしまって赤ちゃんにもしものことがあったら…と思うと心配なので、貧血症状が辛い時はゆっくり過ごすことを心掛けてほしいと思います。

まなみ

writer/管理栄養士
2人の女の子のママです。職業は管理栄養士でただ今育児休業中。優しいパパに支えられながら、家事育児に奮闘中です。2人の子どもの成長と休日の家族団らんが今の楽しみです。

編集部おすすめ

MATERNITY SOUP

妊娠中の栄誉補給とマイナートラブルのために

マタニティスープ

妊娠中の食生活が気になるママに。
産婦人科 佐藤病院・妊産婦ケア専門の管理栄養士・お子さんのいるママの声から生まれた
妊娠中のママとおなかの赤ちゃんのためのスープです。

MATERNITY SOUP

妊娠中のママとおなかの赤ちゃんへの贈り物

マタニティスープギフト

これからママになる大切な人への妊娠祝いに。
妊娠中のママが元気に安心してマタニティライフを送れるように
家族や友人みんなで食生活をサポートするマタニティ応援ギフトです。

マタニティスープは妊娠中の女性たちととことん向き合って開発しました

最新記事