妊娠糖尿病を予防しよう!原因と食生活について

マタニティスープは妊娠中の女性たちととことん向き合って開発しました
妊娠糖尿病を予防しよう!原因と食生活について

近年、妊婦に急増している「妊娠糖尿病」。
早産や流産に関係するだけではなく、胎児の脳の発育や先天性障害にも深く関わっていき、子どもの糖尿病の原因となるリスクを高めます。
家族の健康を考える上でも、今回は妊娠糖尿病の原因と予防についてお伝えしていきます。

妊娠糖尿病ってなに?

04

妊娠糖尿病は妊娠がきっかけで健常者より血糖値が高めの状態である糖代謝異常を発病してしまう病気を言います。
妊娠するとホルモンバランスが変化する影響で、血糖値を下げるホルモンであるインスリンの効き目を抑えてしまう作用「インスリン抵抗性」が高くなります。
そのため、血糖値コントロールが難しくなることが原因で妊娠中期・後期に発症すると考えられています。

妊娠糖尿病は、もともと肥満傾向の人や高齢妊娠に多いといわれていますが、血糖値を下げるホルモンも関わっているため、痩せ型の妊婦も発症する可能性があります。
妊娠糖尿病は、誰しも無関係な病気ではなく、妊婦の約15%が経験をするのです。
また、妊娠糖尿病の人が将来的に糖尿病を発症するリスクが約7倍も高くなるため、早い段階から予防の意識を持つことが大切なのです。

妊婦特有の症状です

妊娠糖尿病が一般的な糖尿病と違うのは、「出産後には治る傾向がある」ということです。
つまり、妊娠中に限定される一時的な糖尿病なのです。
糖尿病とは区別され、もともと糖尿病の患者が妊娠した場合は、「糖尿合併症」と言われています。

ですが、発症した女性は35%〜60%が将来的に糖尿病を発症すると言われているため、一時的だからと言って安心できるわけではありません。

妊娠糖尿病になりやすい人は?

・もともと肥満傾向がある
・高齢出産
・多胎妊娠
・妊娠してから急激に体重が増えた
・初めての妊娠
・高血圧、糖尿病、腎臓病などの持病がある(糖尿病の家系)
・過去の妊娠で妊娠糖尿病を発症した

特に気をつける必要性がある人は、「体重が重い」、「両親や兄弟に糖尿病患者がいる」、「35歳以上の妊娠」、「流産・早産の経験がある人」です。
妊娠糖尿病の検査は、妊娠したら全員受ける必要性がありますが、特にこれらの項目に一つでも当てはまる人は積極的に検査を受けるようにしましょう。

妊娠糖尿病の予防

妊娠前の食生活を振り返り、予備知識をしっかり持つことは、赤ちゃんの肥満や糖尿病を予防する上でも大切なことです。

血糖コントロール

3食規則正しく食べてください。
野菜から食べるようにして、炭水化物や砂糖の摂りすぎには注意してください。

野菜・海藻・キノコをたっぷり

食物繊維が血糖値の急上昇を抑えてくれます。

低GIを心がける

GI(グリセミック・インデックス)とは食後の血糖値上昇度合いを指数化したものです。
数値が100に近いほど血糖値が上昇しやすくなります。

血糖値上昇の原因となる高GIである精米の穀物を避け、未精米の発芽玄米・雑穀米・全粒粉・そばなど、白いものより茶色のものを選ぶようにしてください。

適切な体重を心がける

急激な体重増加は、体への負担を大きくします。

砂糖に要注意

ケーキ類や甘い飲み物には要注意です。
食べる量と頻度を抑えるようにしてください。

定期検診を受ける

血液検査・尿検査は早期発見につながりますので、定期的に行きましょう。

母体と赤ちゃんへの影響は?

05

母体に与える影響

妊娠糖尿病が母体に与える影響としては、「妊娠高血圧症候群」「羊水過多症」「早産」「流産」などがあります。
また高血糖・尿糖により感染を起こしやすくなるので、「尿路感染症」などの妊娠合併症が増えます。

赤ちゃんに与える影響

妊娠糖尿病が赤ちゃんに与える影響としては「巨大児」「子宮内死亡」などがあります。
また、妊娠前から血糖値が高かった場合は流産しやすく、生まれた赤ちゃんが「先天性奇形」を合併していることもあります。
必要以上にブドウ糖を与えられた赤ちゃんは脂肪に変えて蓄えることで肥満児になりやすくなり、帝王切開のリスクが高まるだけではなく、「高インスリン血症」「低血糖」になると命の危険性があります。
さらに、妊娠合併症により「早産」「胎児難産」のリスクも高まります。

糖尿病患者でも出産することは珍しくなくなりましたが、妊娠前からの血糖値コントロールが大切になってきます。

食事と運動

e95608cda943fed6e111d5917e062e18_s

妊娠糖尿病と診断された場合ですが、重症度に応じてインスリン治療を行う場合もありますが、予防と対処方の基本は「食事」と「運動」です。

食事もただ単に食べる量を減らすだけでは、たんぱく質・ビタミン・ミネラルが欠乏してしまい、さらにはおなかの赤ちゃんにうまく栄養を与えることができずに、かえって危険を起こす原因にもなりかねません。
カロリーを減らすだけではなく、血糖値が上がりにくい低GIの食事内容を考えることが大切です。

血糖値を上昇させやすいのは、精白された食品や飲料です。
そのため、白米や真っ白な食パンは高GI食品になります。
一方、精白度の低い蕎麦や玄米、胚芽パンなどは食後の血糖値上昇が緩やかな低GI食品になります。

ダメな組み合わせは?

高GIな食品に(食パン、白米、麺類など)

高GIな食品を組み合わせると(砂糖、餅、菓子パンなど)

血糖値は急上昇!
インスリンの大量分泌に!

どうしても高GIなものを食べたいときは?

高GIな食品に(食パン、白米、麺類など)

低GIな食品を組み合わせると(豆類、たんぱく質、食物繊維など)

食後の血糖値の急上昇を抑制!

日本人は糖尿病になりやすい?

d09745895beeca59872350efc058a7c8_s

40歳以下の4人に1人が糖尿病という日本ですが、実は、糖尿病患者の約60%がメタボリック症候群ではないのです。
家族の健康を考える上で「太っていなければ大丈夫」という思い込みは危険なことかもしれません。

日本人は特に糖尿病になりやすい民族と知られていますが、砂糖や小麦粉といった血糖値を急上昇させる食品が登場したのは戦後しばらく経ってからのことです。
それまでの日本人は、長い間「穀類」を中心にした食生活を送ってきたため、少量のインスリンしか必要としてきませんでした。
ですが、現代では大量のインスリンを必要とする食生活に変化してきたため、インスリンホルモンを分泌する膵臓(すいぞう)が対応しきれていないのではと言われています。

特に、親が糖尿病患者である場合、子供にも糖尿病のリスクは高まります。
家族の健康を守るためにも、日本人の体質や遺伝子を無視することはできません。
家での食事は低GIを心がけて、ウォーキングなどの有酸素運動を積極的に取り入れて糖尿病を予防していきましょう。

まとめ

昔と比べ食生活が大きく変わったことにより増えてきた妊娠糖尿病。
ですが、食事に気をつけることで予防ができます。
まずはこれまでの食生活を見直し、原因を見つけて、低GIの食生活に改善していきながらしっかり予防をしていきましょう。

c95ffbd08b669f535f83df000895065f.dat
宮川修一

株式会社ベジタル 代表
ウェルネス・アンバサダー
2011年12月生まれと2015年5月生まれの男の子の父。サラリーマン時代にスープ専門店を経営。妻の妊娠を期に、子供の食育はお腹の中から始まっていることを知り、産前・産後の健康をサポートするマタニティスープを開発。プレママ・ママが住みやすい環境づくりを応援するためベイビースタイル、まえばしマタニティサークルなどを実施中。

編集部おすすめ商品

MATERNITY SOUP

妊娠中の栄誉補給とマイナートラブルのために

マタニティスープ

妊娠中の食生活が気になるママに。
産婦人科 佐藤病院・妊産婦ケア専門の管理栄養士・お子さんのいるママの声から生まれた
妊娠中のママとおなかの赤ちゃんのためのスープです。

MATERNITY SOUP

妊娠中のママとおなかの赤ちゃんへの贈り物

マタニティスープギフト

これからママになる大切な人への妊娠祝いに。
妊娠中のママが元気に安心してマタニティライフを送れるように
家族や友人みんなで食生活をサポートするマタニティ応援ギフトです。

マタニティスープは妊娠中の女性たちととことん向き合って開発しました

最新記事