妊娠糖尿病を食事で予防!なりやすい人は?赤ちゃんへの影響は?

マタニティスープは妊娠中の女性たちととことん向き合って開発しました
妊娠糖尿病を食事で予防!なりやすい人は?赤ちゃんへの影響は?

妊娠中にかかるリスクのある病気として代表的なのは、妊娠高血圧症と妊娠糖尿病。
どちらも妊婦さん自身やお腹の赤ちゃんへの影響が心配な妊娠期間中に特有の病気です。
この記事では、妊娠糖尿病についてどこよりもわかりやすく解説。
これを読めば、妊娠糖尿病がどんな病気なのか、原因は何か、お腹の赤ちゃんにはどんな影響があるのかなどが一度にわかります。
おすすめの食事対策もご紹介しますので、ぜひ、健康で快適な妊娠生活を過ごすための参考にしてくださいね。

目次

妊娠糖尿病ってなに?どこよりもわかりやすく解説!

妊娠糖尿病とは、妊娠前には糖尿病ではなかった人が、妊娠をきっかけに初めて糖尿病になることをいいます。
ただし、状態が悪い場合、通常の糖尿病と診断されるケースがないとは限りません。

一説には、すべての妊婦さんの10%以上がかかるとされているので、必ずしも珍しい病気とは言えません。

そもそも糖尿病ってどんな病気?やさしく解説します

糖尿病とは、インスリンというホルモンが不足しているか、または上手に機能せず、血液中の糖度が高まり、余計な糖分が尿に流れ出てしまう病気です。
結果的に身体の機能が落ちて衰弱し、さまざまな合併症を引き起こすこわい病気として知られています。

インスリンってなに?

インスリンとは、私たちが食事から摂取した糖分(主に炭水化物など)をエネルギーに変えたり脂肪として蓄えられたりするなど、体内に取り込む作業を手伝ってくれるホルモンの一種です。

なぜ尿に糖が出てくるの?

インスリンの分泌量が少ない場合やインスリンがうまく働かない場合、食事から摂った糖分(炭水化物など)をエネルギーに変えられないため、取り込むことができなかった血液中の糖分が尿に排出されてしまうからです。

妊娠糖尿病の症状は?

真性の糖尿病でもそうと言われますが、大きな自覚症状がないことも多いのが妊娠糖尿病のこわいところ。
まれに喉の渇きや頻尿といった症状がありますが、これは妊娠にもありがちな特徴ですので、判別しにくいというのが実情です。

どうやって診断される?治療法は?

妊婦健診時の尿検査で尿糖が高い値を2回以上示した場合にさらに検査を進めて診断されたり、同じく健診の血液検査でわかったりする場合もあります。

治療法は症状の深刻さによりますが、血糖値のコントロールが目的になります。
食事指導で症状を進行させないようにしたり、必要に応じてインスリン注射などで対応されたりすることもあります。

妊娠糖尿病になっても正常に出産できる?

だいじょうぶです。
妊娠糖尿病にかかっても、何の問題もなく無事に出産される方は多く、心配しすぎることはありません。
医師と相談しながら適切に食事療法などを進めることで血糖値をコントロールできれば、自然分娩も十分可能。
元気な赤ちゃんを産むことができます。

妊娠糖尿病の原因は?なりやすい人はどんな人?

糖尿病は生活習慣病の一種で、中高年以降に多いイメージを持っている人も多いですよね。
どうして妊娠すると糖尿病になるケースがあるのでしょう。
次に解説します。

妊娠糖尿病の原因は?妊娠して糖尿病になるのはなぜ?

そもそも妊娠すると血糖値は高めになるものです。
それに加え、胎盤からはインスリンの分泌を阻害するようなホルモンが出るというので、自ずとインスリンの機能は弱まっていくものと考えられます。

また、自分の力で分泌できるインスリンの量に対して、身体が必要としているインスリンの分泌量の差を「インスリン抵抗性」といいますが、妊婦さんはこのインスリン抵抗性が比較的大きくなりがちとされています。

妊娠前は、本来分泌しているインスリン量で十分な糖代謝(糖分をエネルギーに変えること)ができていても、赤ちゃんができたことをきっかけに、もっとエネルギーが欲しい!という信号が出てしまうのに、それに対してインスリンの分泌量は変化しない、といったイメージでしょうか。

他にも、肥満・運動不足・心身のストレスがかかっている・高齢などのケースで、インスリン抵抗性は大きくなりやすいといわれています。
生活習慣病のひとつに数えられるゆえんですね。

妊婦さんの中でも特に妊娠糖尿病に気をつけるべき人は?

妊婦さんなら誰でも妊娠糖尿病にかかる可能性はありますが、次に挙げるタイプの方は、特に気をつけましょう。

・肥満気味な人
・妊娠してから体重増加が急で激しい人
・家族に糖尿病を患っている(いた)人がいる人
・35歳以上(高年出産)の人
・流産や早産を経験したことがある人
・巨大児を出産した経験がある人

妊娠中のおやつはダメ?妊娠糖尿病にならないための食事対策とは?

糖といっても、単純に「あまいもの」というわけではありませんが、もしも妊娠糖尿病と診断されたら、医師の指導を受けながら食事療法することが必要です。

妊娠糖尿病を恐れるあまり、極端に糖分を減らすことは危険です。
エネルギー不足になれば、赤ちゃんの発育に影響を及ぼしかねません。

糖尿病といっても、その「糖」とはどちらかというと、炭水化物(ごはんやパン)・穀物(じゃがいもなど)・果物など、食生活の中で多く摂取されて私たちが活動するための主なエネルギーになるものの影響が大きいと考えられます。

単純におやつを食べなければ妊娠糖尿病にかからないとか、おやつを食べてはいけない、ということではなさそうです。
ただ、もちろん甘いものはなるべく控えめに。
ケーキよりは和菓子がおすすめです。

妊娠糖尿病を予防したい!食事でできる対策はある?

体質や個人差があるので、絶対ならないという予防策はありません。
でも、食事面で注意できることがあります。
以下に食事の中でできる対策を挙げていきましょう。
たいせつなのは、摂取した糖分をしっかりとエネルギーに変換できる身体づくりです。
血糖値を急激に上げたり下げたりするような食べ方はNG!

・1日3食をきちんと食べる
・栄養バランスの良い食事を心がける
・暴飲暴食はしない
・よく噛んでゆっくりと食べる
・食事のはじめに野菜を食べる
・血糖値下げる効果が期待できるお茶(ノンカフェインのルイボスティーなどがおすすめ)を飲む

妊娠糖尿病の予防に役立つ栄養素や食べ物はある?

必ず防げるとか治せるというものではありませんが、血糖値を下げたり正常値に導いたりするのに有効とされる栄養素や食べ物はあります。
次にご紹介していきます。

・食物繊維

食物繊維意は食後の血糖値の上昇を抑える効果があることがわかっています。
根菜・緑黄色野菜などに多く含まれているのですが、難点は食べ物からの吸収率が悪いこと。
ごぼうや大根がおすすめ!

・サボニン

サボニンは大豆や大豆製品に多く含まれているポリフェノールの仲間です。
血糖値を下げる効能を持っています。
抗酸化作用も強く、若返りにも期待ができるほか、血行を促す作用もある優秀な栄養素です。
豆腐や納豆に多く含有されています。

妊娠糖尿病になると赤ちゃんに影響がある?

脅かすつもりはありませんが、妊娠糖尿病になるとエネルギーを上手に摂り込めないため、どうしてもお腹の赤ちゃんにもリスクが出てしまいます。
基本的に妊娠糖尿病にかかると、糖をエネルギー化しにくくなるので、どうしても太りがちになっていまいます。
その肥満がもとで、さまざまなリスクを生んでしまうことも…。
それはどんなものでしょうか。
次に解説致します。

・妊娠高血圧症を合併してしまう

妊娠高血圧症とは、妊娠中に血管や腎臓に大きく負担がかかり、赤ちゃんが育ちにくくなったり、常位胎盤剥離など深刻な病気を引き起こしたりする場合もある病気。
糖尿病になると、血液中に糖が増えることで血管に負担がかかるので、高血圧になりやすくなってしまうのです。

・感染症にかかりやすくなる

糖尿病は体の機能を弱くしてしまう病気です。
妊婦さんはもともと抵抗力が弱いものですが、妊娠糖尿病によってさらに身体機能が悪くなるため、感染症にかかる率が上がります。
感染症の種類やかかるタイミングによっては、胎児への影響も出てきます。

・赤ちゃんが巨大児になるリスクが上がる

妊娠糖尿病が出産まで継続した場合、赤ちゃんが巨大児として生まれてくるリスクが上がります。
血糖値を下げる努力が必要です。

・赤ちゃん低体重児になるリスクが上がる

妊娠糖尿病が重症のケースでは、赤ちゃんがうまく育たずに低体重児になる危険が増します。
赤ちゃんがママの栄養不足で低体重児になった場合、出生後将来的に生活習慣病にかかるリスクが高くなるという研究もあります。

・赤ちゃんに呼吸障害が起こる場合がある

中には、赤ちゃんに呼吸障害が出てしまう例もあります。

妊娠糖尿病になると将来的にも糖尿病になる?

はじめにお伝えしたとおり、妊娠糖尿病は出産したとたんに回復し、正常な状態に戻るケースがほとんど。
期間限定の糖尿病とされています。

ただし、妊娠糖尿病にかかったおよそ半数の人が、将来的に真性の糖尿病にかかるリスクを持っています。
出産したからといってすぐに気を緩めず、きちんとした栄養管理のもとで健康的な生活を送ることが大切なのですね。

糖も大事な栄養!糖質との上手なつき合い方とは?

ここまで妊娠糖尿病の原因やかかりやすい人、胎児への影響などについてお伝えしてきました。
糖質ってこわい!と思ってしまった人はいませんか?
もしそう思われたのだとしたら、こわがって極端に摂取量を減らすことのないようにしてください。

先ほどもご紹介したように、糖質を極端に減らすと、ママ自身が疲れやすくなったり、集中力がなくなったりしてしまいますし、だんだん筋肉量が減っていくなどということに…。
何よりも赤ちゃんの成長に悪影響を及ぼしかねません。
あくまで、適量を安定的に摂取することが大切。
そして、食事の中でちょっとしたことに工夫して、糖と上手につき合いましょう!

糖質と一緒に摂るのがおすすめな栄養素①ビタミンB1

炭水化物などの糖質と一緒に摂るのが望ましい栄養素は、ずばり、ビタミンB1です。
糖質がエネルギーに変えられるとき、ビタミンB1が必要であることがわかっています。
糖質をしっかりと分解する優秀なビタミンB1は、エネルギーを作り出す名人。
また、体内に疲労物質がたまっていくのを予防する作用もあります。

ビタミンB1を多く含む食べ物
・玄米
・豚肉(ヒレ・ももがおすすめ!)
・うなぎ
・ぶり
・大豆
・まいたけ

糖質と一緒に摂るのがおすすめな栄養素②カルシウム

意外と思われるかもしれませんが、本来は骨や歯を丈夫に形成するのに必要な栄養素として知られているカルシウム、実は不足すると血管が収縮してしまうことがわかっています。
妊娠糖尿病でこわいのは高血圧の合併症。
これを予防するためには、カルシウムをしっかりと摂ることが大切です。
塩分ひかえめもお忘れなく。
妊娠糖尿病予防にもなって赤ちゃんの骨格形成にも役立つ一石二鳥のカルシウム摂取、ぜひ覚えておいてくださいね。

カルシウムを多く含む食べ物
・ヨーグルト
・牛乳
・プロセスチーズ
・煮干
・モロヘイヤ
・小松菜
・ひじき
・ごま

妊娠糖尿病対策!食事以外で気をつけることとは?

もともと糖尿病は生活習慣病と呼ばれています。
生活習慣病の大敵は、肥満と運動不足とストレス。
妊娠糖尿病の対策としても同じことがいえるでしょう。

ただ運動は安定期に入って体調が許せば、ゆるやかな有酸素運動を行うことは体力作りや体重管理に役立つのでおすすめですが、激しい運動はやめておきましょう。

妊婦さんが頑張れる妊娠糖尿病対策は、食事以外となるとやはりストレスに注意することです。
ただでさえ心身の負担が多い妊娠生活。
そのストレスは、妊婦さん自身が想像する以上に身体にダメージを与えてしまうもののよう。

パートナーと相談して、家事や仕事で無理をしないように気をつけることはとても大事。
なるべくゆったりとした気持ちで過ごしましょう。
入浴はシャワーだけで済ませず、あたたかいお湯に浸かって1日の疲れをとり、睡眠時間をしっかり確保。
何もかも頑張り過ぎないように、少し自分を甘やかす時間も必要なのではないでしょうか。

妊娠糖尿病対策にもおすすめのマタニティースープとは?

妊娠糖尿病予防でおすすめの栄養素や食材、糖質と一緒に摂ることが望ましい栄養素などをお伝えしましたが、栄養バランスを優先にした献立を考えたり、献立が決まらないままお買い物に出かけたり、そして手間と時間をかけてお料理したり…。
妊婦さんにとって頭が痛いのは何と言っても食事管理ですよね。

朝食や軽めの昼食、そして妊娠中でも仕事を頑張る妊婦さんは職場でのランチなどで、何とか手間いらずの栄養食を摂られないものだろうか?
そう考える妊婦さんはとても多いはず。

そこでおすすめしたいのが「マタニティスープ」です。
これは本当に優秀!
その驚きの栄養バランスや安全性など、すぐれた点をわかりやすくご紹介します。

マタニティスープとは?

マタニティスープとは、もともとスープの開発・製造を専門としてきた株式会社べジタルという会社が、妊婦さんとお腹の赤ちゃん、引いては赤ちゃんの生涯の健康にまで思いを馳せて完成させたスープです。
スープ専門会社のノウハウを駆使し、妊婦さんや胎児に必要な栄養バランスはもちろん、美味しさや安全性にまでこだわり抜いて製造されています。

マタニティスープのすぐれた栄養バランスとは?

妊娠糖尿病の予防の項で、血糖値の上昇を抑える効果があることをお伝えした食物繊維。
食べ物から理想量を摂取するのが難しいとされるこの食物繊維を、マタニティスープはしっかりと配合しています。
また、糖をエネルギーに変える天才とご紹介したビタミンB1も補給可能。

しかも、それだけではないのです。
マタニティスープは、妊婦さんが摂取するべき栄養素をたっぷり、しかも過剰症にならないよう緻密な計算のもとで、バランスよく含んでいます。
マタニティスープから摂取できる妊婦さんに必須の栄養素を挙げていきましょう。

・葉酸

ビタミンBの一種。
ビタミンB12と結合して造血作用を発揮したり、遺伝子情報の入ったDNAを合成したり、とまさに妊婦さんと胎児のためのビタミンです。
妊娠初期に不足すると神経管閉鎖障害という異常につながるという指摘があり、妊婦さんは意識的に摂取することが大切!

・鉄分

血液中のヘモグロビンを造る材料となる成分。
不足するとヘモグロビンが足りなくなって貧血に。
血液中で酸素の運搬を担っているヘモグロビンが足りなくなると、赤ちゃんにしっかりと酸素や栄養を届けることがむずかしくなってしまいます。

・ビタミンD

脳の発育や骨・歯の形成に不可欠なビタミン。
カルシウムの吸収を助けることでも知られています。
新生児ビタミンD欠乏症は赤ちゃんに多く見られる症状。

マタニティスープの安全性は大丈夫?

マタニティスープを製造する中で情熱を注いでいるのは栄養バランスだけではありません。
お腹の赤ちゃんへの影響が心配な5大添加物(化学調味料・合成着色料・人工保存料・人工甘味料・合成香料)をすべて無添加。
残留農薬検査と放射能濃度検査も、第三者機関の厳しい目で不検出の結果を得ています。

手軽で栄養補給がしっかりできるマタニティスープは全ての妊婦さんの強い味方!

マタニティースープは、次のような悩みを持つ妊婦さんを力強くサポートしてくれます。
・つわりがつらくてうまく食事が摂れず、赤ちゃんに栄養がいっているか心配
・栄養バランスの良い食事なんて毎食作ることができない
・栄養補給にサプリメントを使ってきたけど、過剰症や添加物が不安
・栄養を摂りすぎて、今度は病院から体重増加を指摘されてしまった

熱湯を注いでかき混ぜ、1分待つだけの手軽さ、すぐれた栄養バランス、添加物ゼロの安心、4つの味すべて60kcal以下の低カロリー、もちろん塩分もひかえめです。
愛飲している妊婦さんの中からは、今まで悩んでいたのは何だったのかしら!という喜びの声も多く聞かれるマタニティスープ。
妊娠糖尿病予防を考えている妊婦さんに、自信を持っておすすめできる美味しいスープです。

参考記事
http://www.jsog.or.jp/public/knowledge/ninshintonyobyo.html
http://www.tounyou.tank.jp/01.html

まなみ

writer/管理栄養士
2人の女の子のママです。職業は管理栄養士でただ今育児休業中。優しいパパに支えられながら、家事育児に奮闘中です。2人の子どもの成長と休日の家族団らんが今の楽しみです。

編集部おすすめ

MATERNITY SOUP

妊娠中の栄誉補給とマイナートラブルのために

マタニティスープ

妊娠中の食生活が気になるママに。
産婦人科 佐藤病院・妊産婦ケア専門の管理栄養士・お子さんのいるママの声から生まれた
妊娠中のママとおなかの赤ちゃんのためのスープです。

MATERNITY SOUP

妊娠中のママとおなかの赤ちゃんへの贈り物

マタニティスープギフト

これからママになる大切な人への妊娠祝いに。
妊娠中のママが元気に安心してマタニティライフを送れるように
家族や友人みんなで食生活をサポートするマタニティ応援ギフトです。

マタニティスープは妊娠中の女性たちととことん向き合って開発しました

最新記事