妊娠線に悩むママ必読!編集部おすすめの妊娠線予防クリームBEST5

妊娠線に悩むママ必読!編集部おすすめの妊娠線予防クリームBEST5

産後に影響が残る妊娠線は、ママにとっては気になるところですよね。
妊娠線のケア用品は多くの種類がありますので、自分に合ったクリームを選び出すのは大変です。
ここでは、妊娠線ができてしまったママのお悩みを解消するため、妊娠線予防クリームのおすすめ商品5品や、レビューの評価などをご紹介します。
最後に出来てしまった妊娠線を薄くするための方法もご紹介いたします。

妊娠線はどうしてできる?

3fe026b7bc3b6f807f25100e665ebb22_s

妊娠線ができる原因を大きく分けると2つあります。

1つ目は、妊娠による皮膚の急激な伸びによるもので、妊娠5ヶ月あたりからお腹が大きくなっていきますが、皮膚の下にある真皮、コラーゲン、弾性繊維は皮膚の伸びについていくことが難しくなり皮膚が断裂してしまいます。
そして、赤紫色の線状斑ができてしまいます。

2つ目は、コルチステロイドというホルモンの分泌量の増加です。
このコルチステロイドが増加することにより、肌の新陳代謝が抑制されるため、肌はリバウンド力を失い、断裂が起きやすくなってしまうため、妊娠線ができてしまうこととなります。

この妊娠線を回避させるために効果的なのが、妊娠線予防クリームです。
では、早速編集部オススメの妊娠線予防クリームBEST5をご紹介します。

予防クリームBEST5

2f4089c50ef2342892e47503837e7dcb_s

1位 シンスボーテボディミルクローション

保湿力、安全性、使い心地が◎の評価で、人気、信頼とも他のクリームより群を抜いています。
シンスボーテボディミルクローションは、赤ちゃん用の日焼け止めで名高い国産オーガニックベビースキンケアブランドです。
産前・産後ママに特化したブランドと言えます。
全製品が国産であり、99%以上天然由来成分という徹底的に成分にこだわって製造されているのです。
このクリームはオーガニックのため、妊娠中のデリケートな肌に対しても安心して使えますので、妊娠中のママさんにふさわしいクリームといえます。
保湿力はヒアルロン酸の約10倍とされており、希少な高級海藻成分であるスイゼンジノリも配合されています。
無香タイプのクリームではないのですが、微量の天然アロマの香りがリラックスできると評判よく、悪阻中も無理なく使用可能であるという愛用者が多いのです。
妊娠中のお腹にも塗りやすいという評価を受けています。

2位 エルバビーバストレッチマーククリーム

100%オーガニック成分で、妊娠中にも安心して使用できるというのがこのクリームの最大の特徴です。
シアバターやナツシロギクなどの天然保湿成分が、大きくなるお腹の皮膚をきちんと保湿して妊娠線を予防します。
ヒアルロン酸の持つ保湿力をさらに強化するために、化粧品メーカーによって開発されたアセチル化ヒアルロン酸ナトリウムの別名であるスーパーヒアルロン酸や、高分子コラーゲンと低分子コラーゲンを二重で配合したダブルコラーゲンや、セラミド、プラセンタ、コラーゲンが満遍なく入ったダブルセラミドも配合されており、保湿力に特化しているクリームです。

3位 キャリネスボディクリーム

他のクリームと比較すると少し割高というのが難点ですが、妊娠線ができやすいお腹やお尻などの広い範囲で使えるようにと、クリームの風合いにこだわっており使いやすさが好評です。
その上、無香タイプの妊娠線予防クリームなので、匂いに敏感な妊婦さんにおすすめです。
ハンディタイプでかつポンプタイプなので、使いやすいことも好評でママさんたちの支持を得ています。

4位 ママアンドナチュラルマーククリーム

コストパフォーマンスの評価が高いクリームとして知られています。
手軽な価格で、毎日のスキンケアができることで人気を集めています。
育児雑誌で馴染みのあるママと赤ちゃん向けのスキンケアブランドである「ママアンドキッズ」のナチュラルマーククリームは、妊娠線予防に効果があるとされる「カレンデュラ」やヒアルロン酸などの高保湿成分を配合しています。
肌への馴染みが良好で、べたべたしない妊娠線予防クリームです。

5位 クラランスストレッチマークボディクリーム

ボディスキンケアに定評のあるフランスの高級スキンケアブランド「クラランス」のストレッチマーククリームは、効果の高さが評判となっています。
高貴で弾力のあるクリームが滑らかに伸び、厄介な妊娠線を予防します。
そして柔らかな肢体へと導きます。
しっかりとした保湿力の高さが強みのクリームです。

妊娠線を防ぐには食事と運動も大切

f83c852b906d328dce2af20964632c6f_s

妊娠線を薄くするためのクリームをご紹介しましたが、それ以外の予防法は栄養バランスの良い食事を摂ることと、適度な運動です。
われわれ人間の身体は食べ物から摂れる栄養素からできていますので、常日頃から栄養バランスの良い食事を心がけることが何よりも重要な要素です。
それにより、体の血液のめぐりがよくなり、栄養素の届きにくいお肌まで栄養が届くのです。
そして適度な運動をすることで、身体の代謝をあげることが可能となります。
運動をして代謝を上げる事により、汗などの老廃物を外に押し出す作業がスムーズになり、肌の新陳代謝が良くなっていきます。
当然のことながら、運動をすることで、血液の循環が良くなり、お肌に栄養がいきわたるようになるという利点もあります。
妊娠線を薄くする方法は、クリームを使ったケアに加え、運動や食事の栄養バランスに気を付けて妊娠生活を送ってもらいたい!というのが、ママさんたちへのエールです!

fba3be6a9c512a3475fac5fd54d28e97.dat
A.T

Mama writer
男の子の子育て奮闘中。子供から教わることばかりですが、日々幸せを感じる育児生活を送っています。お仕事で整体師やエステシャンをやっていたので体の事や美容の事で、少しでも皆様のお役にたてる情報をお届けできたらと思っております。

編集部おすすめ商品

MATERNITY SOUP

妊娠中の栄養補給とマイナートラブルのために

マタニティスープ

妊娠中の食生活が気になるママに。
産婦人科 佐藤病院・妊産婦ケア専門の管理栄養士・お子さんのいるママの声から生まれた
妊娠中のママとおなかの赤ちゃんのためのスープです。

MATERNITY SOUP

妊娠中のママとおなかの赤ちゃんへの贈り物

マタニティスープギフト

これからママになる大切な人への妊娠祝いに。
妊娠中のママが元気に安心してマタニティライフを送れるように
家族や友人みんなで食生活をサポートするマタニティ応援ギフトです。

マタニティスープは妊娠中の女性たちととことん向き合って開発しました

最新記事