妊娠7週目のママの体の変化は?マイナートラブルとおすすめの食材・料理をご紹介

マタニティスープは妊娠中の女性たちととことん向き合って開発しました
妊娠7週目のママの体の変化は?マイナートラブルとおすすめの食材・料理をご紹介

心も体も変化する妊娠7週目

「においに敏感になった」「なんかだるくて熱っぽい」など、妊娠7週目となると、妊婦さんの体にはさまざまな変化があらわれます。
体の変化だけでなく、7週目には健診で赤ちゃんの心拍を確認することができるため、ママとしての実感が少しずつ湧いてくる方も多いようです。
今回は、妊娠7週目に多いマイナートラブルと、おすすめの食材・料理をご紹介します。

妊娠7週目の赤ちゃんってどんな様子なの?

この時期の赤ちゃんは、1㎝くらいとまだまだ小さいのですが、7週目から赤ちゃんの体はどんどん変化しています。
数週前までは手も足も、他の器官もまだできていなかった赤ちゃんの体も、この時期になると目や耳、心臓などその他の器官ができて人間らしい形に近づいていきます。
妊娠7週目の赤ちゃんのついて詳しく知りたい方は『赤ちゃんの心拍が確認できる!知っておきたい妊娠7週目のコト』をご覧ください。

7週目に悩まされるマイナートラブル

赤ちゃんの体が急激に変化していくのと同様に、ママもつわりや肌の乾燥、頭痛やめまいが多くなったりと、さまざまな体の変化に悩まされることがあります。
このような妊娠中に起こる治療するほどではないが不快な症状や、体の不調のことを「マイナートラブル」と呼びますが、妊娠初期からこのことに悩まされる妊婦さんはとても多いのです。
具体的な症状としては、

・つわりによる吐き気、嘔吐、胸やけ
・頭痛
・ めまい
・静脈瘤:血液が心臓に戻りにくくなるため、静脈に瘤(こぶ)ができること
・ 胸部の痛み
・手足のしびれ
・ 抜け毛
・ 便秘、下痢
・妊娠顔貌:妊娠によって妊婦さんの顔つきが変わること

などがあります。
原因としては、妊娠によるホルモンバランスの変化がありますが、マイナートラブルは妊娠が終わることで自然に解決されることが多いため、期間限定のトラブルだと思って気持ちを楽にして過ごすようにしてください。

この時期ってどんな食事がいいの?

この時期になると、赤ちゃんのことが気になり食事のバランスにも気を遣う方も多いのではないでしょうか。
そんな方のために、まずは妊娠初期に大切になる栄養素を紹介したいと思います。

1 葉酸

妊娠したら葉酸ということは耳にしたことがある方も多いと思います。
厚生労働省も妊娠中の葉酸の摂取を勧めているほど、妊婦さんにとって葉酸は必須の栄養素です。

2 タンパク質

タンパク質は命の材料とも呼ばれるくらい大切な栄養素ですが、多くの日本人には不足しているようです。
タンパク質は、赤ちゃんの脳や筋肉をつくるために必要になるため、不足しないように摂りたいですよね。

3 食物繊維

さきほど紹介したマイナートラブルの1つである便秘や下痢などの症状にも妊婦さんは悩まされることが多いようです。
食物繊維は腸内環境の調子を整える効果がありますので、便秘や下痢の解消にも役に立ちます。

4 亜鉛

亜鉛は、細胞分裂に関わる栄養素です。
赤ちゃんの体が活発に細胞分裂をしているこの時期だからこそ、不足しないようにしたい栄養素の1つです。

5 ビタミンB12

ビタミンB12は、さんまや牡蠣などの魚介類に多く含まれている栄養素です。
葉酸と一緒に働いて、妊娠中に多い貧血予防の役割をはたします。

それぞれの栄養素については関連記事を参考にしてみてください。


※ 関連記事
『葉酸は妊娠になぜ必要なの?赤ちゃんの成長と葉酸の大切な関係』
『赤ちゃんのカラダを作るたんぱく質!妊娠中の食事のとり方は?』
『知っておきたい妊娠初期の便秘解消法』
『妊婦に大切なミネラル!異常出産予防に欠かせない亜鉛とは?』
『ビタミン特集!妊婦さんが必要なビタミンを食事で摂ろう』

妊娠7週目のママさんにおすすめの食材・料理 6選

お腹の赤ちゃんの成長のためにも、必要な栄養素をしっかり摂れるおすすめの食材・料理をご紹介します。

1 ブロッコリーを使った料理

妊婦さんには欠かせない栄養素である「葉酸」は、緑黄色野菜に多く含まれますが、その中でもブロッコリーは葉酸が豊富な食材です。
葉酸の吸収を高めてくれるビタミンCも豊富なので風邪の予防に良く、食物繊維も比較的多いので便秘がちな方にもおすすめの食材です。
ブロッコリーは、塩で茹でるだけで、簡単に食べることができますし、サラダやシチューや和え物など使い方はたくさんあります。

2 さつまいもを使った料理

さつまいもには、食物繊維が豊富に含まれており、腸内環境の調子を整えてくれるだけはなく、便秘の解消にも効果があります。
食物繊維だけでなく、ビタミンCやビタミンEなども多く含まれており、血行促進にもなります。
食べ方としても、サラダにいれたりするだけでなく、お菓子としても食べることができるため、おやつの食材としても適切です。

3 牛肉を使った料理

牛肉の赤身肉には、妊婦さんが不足しがちな鉄分を豊富に含んでいます。
また、細胞分裂に関わる亜鉛も豊富です。
牛肉だけではなく、小松菜などのたくさんの野菜と一緒に調理して、ヘルシーな食事を心がけるといいですよ。

4 しじみを使った料理

妊娠中は、カルシウムや鉄分が不足しがちです。
そのため、毎日の食事で不足しないよう、しっかり摂ることが大切です。
しじみには、カルシウムや鉄分の栄養素が豊富な食材です。
しじみ料理といえば、お味噌汁ですが、お味噌汁にわかめなどの海藻類をいれれば、さらにミネラルなどの栄養素も摂ることができます。
また、温かいお味噌汁は体を温めてくれるので、冷えに悩む妊婦さんにはおすすめです。

5 いちごやキウイを使った料理

7週目になるとつわりが本格化する妊婦さんも多いのですが、つわりの症状の一つに空腹になると感じやすくなる『食べづわり』があります。
そのため、1日3食にして食事をとるのではなく、小分けにしてとることで空腹の状態をつくらないことが大切かもしれません。
そんなときにおすすめなのは、いちごやキウイなどの果物を摂ることです。
いちごやキウイには葉酸やビタミンが豊富に含まれており、妊婦さんにとっては嬉しい食材です。
ヨーグルトなどと一緒に食べて、カルシウムも摂れるとさらにいいですね。

食べづわりついて詳しく知りたい方は『妊婦さん必見!妊娠中の食べづわり対策をご紹介!』をご覧ください。

6 あさりを使った料理

あさりには、鉄分が豊富な食材です。
妊娠中は鉄分が失われやすいので、これまで以上に摂る必要があります。
あさり料理としておすすめはズバリ「リゾット」です。
豆乳や野菜などを加えて、十分に栄養を補給しましょう。

食事の基本は、バランスよく!

赤ちゃんのためにも、妊娠中の食事はバランスよくとりたいですよね。
でも、つわりで食欲がない、料理が面倒で手抜きしたい…、ちゃんと摂れているか心配というママにはマタニティスープがぴったり!
産婦人科や管理栄養士も推奨している栄養補助食品なので、赤ちゃんにもママにも安心ですよね。

まなみ

writer/管理栄養士
2人の女の子のママです。職業は管理栄養士でただ今育児休業中。優しいパパに支えられながら、家事育児に奮闘中です。2人の子どもの成長と休日の家族団らんが今の楽しみです。

編集部おすすめ商品

MATERNITY SOUP

妊娠中の栄誉補給とマイナートラブルのために

マタニティスープ

妊娠中の食生活が気になるママに。
産婦人科 佐藤病院・妊産婦ケア専門の管理栄養士・お子さんのいるママの声から生まれた
妊娠中のママとおなかの赤ちゃんのためのスープです。

MATERNITY SOUP

妊娠中のママとおなかの赤ちゃんへの贈り物

マタニティスープギフト

これからママになる大切な人への妊娠祝いに。
妊娠中のママが元気に安心してマタニティライフを送れるように
家族や友人みんなで食生活をサポートするマタニティ応援ギフトです。

マタニティスープは妊娠中の女性たちととことん向き合って開発しました

最新記事