妊婦が結婚式にお呼ばれしたときの服装は? 注意すべき点は?

マタニティスープは妊娠中の女性たちととことん向き合って開発しました
妊婦が結婚式にお呼ばれしたときの服装は? 注意すべき点は?

郵便受けから取り出した瞬間に結婚式の招待状とわかる手紙が目に入る。
大学時代の友人からだった。
友達のお祝いをしたいし、大学時代の友人たちにも会いに行きたい。
でも、2か月後ってことは、私は妊娠8か月目。
着ていくドレスはあるのかな?
料理は普通に食べられるのかな?

同年代であれば結婚や出産の時期が重なることも珍しくありません。
そのため、妊婦が結婚式に呼ばれることもあります。
今回は妊婦が結婚式へ参加する際に注意すべき点について、特に服装のことを中心にお伝えします。

【妊婦さんが、結婚式に参加して大丈夫なの?】

58d4f806af31dac160d106e37996f973_s

結婚式に誘われてまず悩むのは、そもそも出席して大丈夫なのかどうかという点だと思います。
お祝いの場に参加したい気持ちもあるかもしれませんが、一番大切なのはご自身の体調です。
まずはご家族や主治医に相談し、周囲の理解を得てから参加することも大切です。
周囲に妊娠中に結婚式に参加したことのある方がいれば、そういった方に相談してみるのも良いでしょう。
実体験に基づいたアドバイスがもらえるはずです。

【妊婦だっておしゃれがしたい!】

参加が決まったら、今度は何を着ていくのかが問題です。
友人としての参加なのか、二次会だけなのか、親族としての参列なのかなど、状況によっても着ていくべきものは変わります。
最近のマタニティドレスはフォーマルなものからカラフルなものまで種類も豊富にそろっていますから、注意すべきポイントをしっかり押さえて、オシャレを楽しむことができます。

【マタニティコーディネートの基本は「ゆったり」】

妊娠中の服装の基本は「ゆったりめ」です。
全体的にゆったりとしたデザインで着心地の良い服を着るようにしましょう。

特に妊娠後期になると、個人差はあるもののかなりお腹が大きくなりますから、腹囲は意識的に大きめの服装をチョイスしましょう。
人によっては1週間でお腹が見違えるくらい大きくなる人もいるので、試着のタイミングにも注意が必要です。
試着の段階でピッタリサイズを選ぶよりも、少し余裕がある服装を選ぶ方が良いでしょう。

【「マイナス3センチ」の意識がオシャレのポイント】

お腹が膨らんでいる妊婦が意識すべき大切なポイントは、前側の着丈が3cm~5cm短くなるということです。
たかが3cm、されど3cm、甘く見てはいけません。
着丈が短くなることを意識しなかったため、「座った時に太ももが大きく見えてしまって恥ずかしかった」という失敗談もあります。

特に、マタニティドレスとして人気の高い、すそが細めのタイトスカートやコクーン形のドレスはお腹が大きいと着丈があがりやすくなっているので注意が必要です。
まだお腹があまり目立たない妊娠5~6か月目くらいまでであれば良いかもしれませんが、妊娠後期にはあまり向いていない服装かもしれません。

【大きいのはお腹だけじゃない。胸の大きさもワンサイズアップがおすすめ】

最近、妊婦の中で人気の高いドレスに胸の下を絞って、お腹周りをゆったりさせているタイプもあります。
全体的にシルエットがキレイに見えるので人気が高いのですが、妊娠中はお腹だけでなく胸のサイズも大きくなっています。
普段と同じサイズの服装を注文してしまうと、胸のところが苦しい、胸のところでファスナーがつっかえてしまう、なんてことになりかねませんので注意しましょう。
イメージとしては、胸も普段よりもワンサイズアップしたサイズを注文しておくと安心です。

【オシャレは足元から。でも、妊婦に高いヒールは似合いません。】

3f1bb12bf094667dd374044c90931969_s

着ていくドレスが決まったら、次に靴を選びましょう。
普段であれば高いヒールを履いている方であっても、妊娠時には高いヒールは避けた方が無難です。
お腹が大きくなっていると、お腹で足元がみえにくくなっていることもありますし、バランスを崩す危険性もあります。
おしゃれも大切ですが、一番はご自身の身体とお腹の赤ちゃんです。
できるだけ低いヒールのものを基本に、時にはぺたんこの靴でも大丈夫です。
妊婦であれば周囲も寛大に受け入れてくれるので安心しましょう。
最近ではぺたんこの靴であっても花などの装飾がついたものや、高級感のある生地のものもありますので、ヒールの高さ以外の部分でおしゃれを楽しみましょう。

【迷ったときは、動きやすさを優先】

ここまで妊娠したときのドレス選びのポイントをお伝えしてきましたが、実際にドレス選びをすると、デザイン、サイズ、色、金額など様々な要素で迷うことも多いと思います。
そんなときは試着をしてみて、動きやすさを確かめてみてください。
特に結婚式は座っている時間も長いですから、座ったときに苦しくないかを確認してみるのが大切です。

靴も同じで、動きやすくて疲れないものが基本です。
写真撮影のために立っている時間やちょっとした段差であっても妊婦にとっては負担になることもあります。
せっかく授かったお腹の赤ちゃんに負担をかけず、自分自身も結婚式を楽しみましょう。

fba3be6a9c512a3475fac5fd54d28e97.dat
新米ママ A.T

Mama writer
0歳の男の子の子育て奮闘中。子供から教わることばかりですが、日々幸せを感じる育児生活を送っています。お仕事で整体師やエステシャンをやっていたので体の事や美容の事で、少しでも皆様のお役にたてる情報をお届けできたらと思っております。

編集部おすすめ商品

MATERNITY SOUP

妊娠中の栄誉補給とマイナートラブルのために

マタニティスープ

妊娠中の食生活が気になるママに。
産婦人科 佐藤病院・妊産婦ケア専門の管理栄養士・お子さんのいるママの声から生まれた
妊娠中のママとおなかの赤ちゃんのためのスープです。

MATERNITY SOUP

妊娠中のママとおなかの赤ちゃんへの贈り物

マタニティスープギフト

これからママになる大切な人への妊娠祝いに。
妊娠中のママが元気に安心してマタニティライフを送れるように
家族や友人みんなで食生活をサポートするマタニティ応援ギフトです。

マタニティスープは妊娠中の女性たちととことん向き合って開発しました

最新記事