妊婦さんが必ず知っておきたい産婦人科の出産費用とは?

マタニティスープは妊娠中の女性たちととことん向き合って開発しました
妊婦さんが必ず知っておきたい産婦人科の出産費用とは?

子どもが欲しいと望んでいたとき待望の妊娠がわかったら、本当にうれしいですよね。
でも喜ぶ時期を過ぎると、現実的な問題として気になるのはお金のこと。
「何回も病院へ行くんでしょう?」とか「出産は健康保険がきかないって聞いたことがある」などなど、不安は尽きません。
産婦人科の費用ってどれくらいかかるんだろう。
そんな不安を少しずつ解消していきましょう。

妊娠に出産、いつ費用がかかるの?

01

まず、妊娠に関係する検査等は基本的に健康保険が適用されません。
「妊娠は病気ではない」とよく言われますが、「治療をして治すものではない」と解釈すればわかりやすいですよね。
だから当然、経過途中で医療行為が発生した場合は健康保険が適用されます。

たとえば妊娠高血圧症候群の治療、あるいは普通分娩の予定が帝王切開に切り替わるなどの突発的な事態への対処は健康保険の対象になります。
病院関係で大きな金額を用意しておきたいのは、大まかに言って「妊娠中」と「出産時」です。
「妊娠したかな?」と思った時にまず病院へ行き、確定されたら定期的に健診へ通います。

出産する時にかかるお金は産む場所やオプションによります。
個人産院や総合病院、大学病院、助産院など「どこでどのように産みたいか」を考えながら探してみましょう。
さらに、無痛分娩を希望したり個室の意思表示をしたりすると価格も変わりますので、ご注意ください。

妊娠がわかったら

産婦人科でまずお世話になるのは、妊娠の判定。
血液検査やエコー検査などで1万円から3万円くらいかかると言われています。
行く病院によってまちまちだそうです。
また、持病があるがゆえに健康保険を適用してもらえたり、逆に検査項目が増えてしまったりしてそれ以上にかかる方もいます。
少しお財布に余裕をもって受診すると良いかもしれません。

妊婦健診の費用は?

妊娠が確定したら、定期的に妊婦健診を受けることになります。
一回の健診で5000円程度かかることが多く、厚生労働省が「望ましい基準」と示している回数は14回です。
「そんなにかかるのか」とお嘆きかもしれませんが、大丈夫。
多くの自治体で補助がありますので、お住まいの管轄がどうなっているか役所へ問い合わせてみてください。
健診の助成以外にも「超音波検査の無料券」や「通院のためのタクシー券」がつくこともあるようですよ。
妊娠の経過観察は命に係わる非常に大切なものですので、しっかり通ってください。

出産時の費用は?

そして出産時。
一般的な分娩費用は40万円から50万円と言われているようです(病院や症状による)。
こちらは健康保険からの補てんがあります。
出産の際の一時金として42万円が支給され、企業によっては付加給付があることも。
健康保険証を基に確認してみてください。
「出産育児一時金」という名称を使っているのが一般的です。

領収書は忘れずに!

重要なことですが、病院で受け取った領収書は必ず保管しておきましょう。
「高額療養費制度」といって、同一の月に支払った金額が上限を超えてしまった分を払い戻してもらえます。
また「医療費控除」という制度もあり、年間の医療費が多かった世帯の税金を安くしてもらえたり、還付金をもらえたりする可能性もあります。

妊娠中も仕事をするときは?

ede5d4ac1a6f1be6e042b9616f099c4b_s

お仕事をしている方はいつから休暇を取るか迷うことと思います。
まず制度としては、産前産後休暇(いわゆる産休)が定められています。
産休中の経済的補助として「出産一時金」というものがあり、産前42日(多胎の場合は98日)から産後56日までのうち、会社を休んだ期間の分だけ給与の2/3をもらうことができます。
ただし、自営の方が加入している国民健康保険は対象外なので要注意です

メンタルや身体に負担をかけないように

心理面として、仕事にやりがいや責任を感じていたり、あるいは経済的な心配を減らすため仕事のペースをあまり落とせないでいたりする方も多いかもしれません。
業務が忙しくて周りに打ち明けづらいなど、それぞれ事情はあるでしょう。
ただ、そのことに気を取られて体調が悪化してしまっては本末転倒。
業務の軽減や時差通勤など、身体に負担がないよう仕事仲間に助けてもらいましょう。
頑張って無理をしてしまうのは、母体や胎児だけでなく周囲の人にも負担が増えてしまいますよ。
指定の産前休暇から早く休んでも大丈夫なよう、自分の健康や仕事の状況を見極めたいですね。

まとめ

07

マタニティライフは予測不能。
どのタイミングで体調が崩れるかわかりません。
いつから仕事を休むかは人それぞれ。出産ギリギリまで働ける人もいれば、妊娠初期から体調不良が強い人もいます。
どうしても長期休養が必要な場合は「傷病手当金」を使用することもできます。
給与の2/3を支給してもらえるので頭に入れておきましょう。
ただし、「出産一時金」の支給と重なる時期は受給できない可能性も多いとの事なので、ご自身の会社の担当部署に確認してみてください。
妊娠期間は本当に特殊で貴重な時間です。
お金の心配を少しでも減らして、お腹の中の赤ちゃんを慈しみながら、ゆったりとした気持ちで過ごしてくださいね。

IMG_1348
Yuko

Mama writer
4歳と1歳の男の子のママです。まだまだ戸惑う育児、時間に追われる家事ですが、夫婦で協力して忙しいながらも今しか味わえない日々を楽しめるようにしています。記憶に残るライターとして皆さまにお届けしていきます。

編集部おすすめ

MATERNITY SOUP

妊娠中の栄誉補給とマイナートラブルのために

マタニティスープ

妊娠中の食生活が気になるママに。
産婦人科 佐藤病院・妊産婦ケア専門の管理栄養士・お子さんのいるママの声から生まれた
妊娠中のママとおなかの赤ちゃんのためのスープです。

MATERNITY SOUP

妊娠中のママとおなかの赤ちゃんへの贈り物

マタニティスープギフト

これからママになる大切な人への妊娠祝いに。
妊娠中のママが元気に安心してマタニティライフを送れるように
家族や友人みんなで食生活をサポートするマタニティ応援ギフトです。

マタニティスープは妊娠中の女性たちととことん向き合って開発しました

最新記事