妊婦さんっていつまでなら仕事を続けられる?妊娠中の過ごし方

マタニティスープは妊娠中の女性たちととことん向き合って開発しました
妊婦さんっていつまでなら仕事を続けられる?妊娠中の過ごし方

働くママにとって妊娠がわかった時、今の仕事をそのまま続けるか悩みますよね。
仕事を続けたい人もいれば、これを機に辞めたい人もいます。
辞めるタイミングによっては、もらえる給付が変わってくることもあり、タイミングは重要です。
そこで、妊娠が分かってから仕事を休むまで気をつけるポイントを紹介していきます。

【妊婦が働ける期間は?】

96334b10e47f50389f7c9c60dfe13196_s

そもそも妊婦が働ける期間に決まりはあるのでしょうか?
労働基準法では、出産予定日の6週間(多胎妊娠の場合は14週間)以内、つまり1ヶ月半は、妊婦本人が会社に休業を申し出た場合は、会社はその女性を働かせてはいけないという決まりがあります。
逆にいうと、本人が休業を申し出ない限り、会社は働かせても良いということになるので、体調に問題がなく本人が希望すれば出産の直前まで働くことが可能というわけです。
しかし、妊娠中の身体は特に初期と後期には急な変調が起きやすいので、身体を最優先に考え、無理をして身体に負担がかかるような働き方は避けた方が良いでしょう。

妊娠がわかってすぐには、その後の体調がどうなるかは全く予想ができません。
経過を見ながらいつ頃まで働くか、自分の身体と相談しながら決めればよいことではありますが、仕事を続けるにせよ辞めるにせよ働いている間はみんなが気持ち良く働きたいものです。
妊娠は病気ではないけれど、急な体調不良でフォローをしてもらう場面もたくさんあるので、なるべく早い時期に上司や周りの人に妊娠していることを知ってもらい、協力体制を築くことが長く働き続けるための秘訣です。

【妊婦時期別の働き方】

e27be930d388109dc6804d1027a71b85_s

では、実際に妊婦さんが無理なく働くにあたって、どのような働き方をすることが望ましいのでしょうか?
ここからは妊娠時期に現れる体調の変化と注意すべき点について見ていきましょう。

*初期(妊娠1〜4ヶ月)

この時期に妊娠して一番始めに感じる変化として、つわりが出てきます。
つわりの症状は人によってさまざまですが、食事がとれなくなってきて、貧血になってきたら要注意です。
また、一番流産の可能性が高い時期でもあるので、お腹が張ったり出血などがあるようなら迷わず仕事を休んで安静にする必要があります。

ですから、いつ言うか悩む時期でもありますが、早めに妊娠を報告して、必要であれば仕事内容の見直しや勤務時間の調整をお願いしたり、休みをもらうこともお勧めします。
もしそれが出来なような職場でしたら、ここで一度その職場で仕事を続けるかどうか考えた方が良いかもしれません。

*中期(5〜7ヶ月)

安定期に入り、つわりの症状も良くなってくる時期です。
お腹もまだ目立たず、体調も良くなってくるので動きやすい時期になります。
赤ちゃんが順調に育ってきているならお仕事も問題なくできそうですが、その分無理をしやすかったりしますので無理は禁物です。

また、妊娠初期に比べて食欲も増してくる時期なので、妊娠中毒症のサインとなる血圧の上昇や尿タンパク、むくみ、尿糖などが出てきやすくなります。
一度妊娠中毒症になってしまうと、食生活の見直しや安静を指示されることもあります。
もし症状がひどいようでしたらお仕事を続けるのが難しくなることもありますので注意が必要です。

*後期(8〜10ヶ月)

この時期はいつ産まれてもおかしくない時期です。
お腹も大きく目立つようになって動くのも大変になってきます。
この時期まで体調に問題がない人は、これから仕事をどうしていくか考えているはずです。
働く妊婦さんはゆっくり休んで赤ちゃんを迎える準備するというわけにはなかなかいきません。
体調がすぐれないようであれば早めに休みに入ったり、動けるうちに早めに退職をして準備や自分の時間を楽しむのも良いでしょう。

体調が特に問題がないのであればギリギリまで働くのも良いと思います。
会社の健康保険に1年以上加入して、出産予定日より42日前以降も働いていなければ『出産手当金』がもらえます。
その他もらうための条件がありますので、会社の担当者に相談すると良いでしょう。

【多胎妊娠だったら?】

1aee810e5c619235f036bcbb58bb9dff_s

多胎妊娠には安定期がないと言われるように、ちょっとしたことが赤ちゃんたちに影響がおよんでしまうため、多胎妊娠の人が仕事を続けることはなかなか難しいようです。
多胎妊娠がわかった場合は、早々に上司に相談して、状況を理解してもらった上で仕事の調整をしてもらいましょう。
また、多胎妊娠の場合は、予定日の14週前から取得できますが、急な体調の変化に備えて、周りへの配慮や仕事の引継ぎをしっかり行っておきましょう。

妊娠経過は人それぞれです。
妊娠前となんら変わらず働いて出産を迎える人もいれば、初期から不調が続き仕事がままならなかった人もいます。
仕事は大事なことですが、無事に出産を迎えることも大事なことです。
自分の体調と赤ちゃんのことを最優先させて、無理することなく悔いのない妊婦生活が送れますように。

IMG_1348
Yuko

Mama writer
4歳と1歳の男の子のママです。まだまだ戸惑う育児、時間に追われる家事ですが、夫婦で協力して忙しいながらも今しか味わえない日々を楽しめるようにしています。記憶に残るライターとして皆さまにお届けしていきます。

編集部おすすめ

MATERNITY SOUP

妊娠中の栄誉補給とマイナートラブルのために

マタニティスープ

妊娠中の食生活が気になるママに。
産婦人科 佐藤病院・妊産婦ケア専門の管理栄養士・お子さんのいるママの声から生まれた
妊娠中のママとおなかの赤ちゃんのためのスープです。

MATERNITY SOUP

妊娠中のママとおなかの赤ちゃんへの贈り物

マタニティスープギフト

これからママになる大切な人への妊娠祝いに。
妊娠中のママが元気に安心してマタニティライフを送れるように
家族や友人みんなで食生活をサポートするマタニティ応援ギフトです。

マタニティスープは妊娠中の女性たちととことん向き合って開発しました

最新記事