妊婦さんなら知っておきたい!妊娠中の夏場の危険と対策方法

妊婦さんなら知っておきたい!妊娠中の夏場の危険と対策方法

妊婦さんは夏場がつらい!

妊娠すると夏場の暑さが以前にも増してつらく感じてしまします。
涼しい朝のうちに買い物をするため、近くのマーケットに徒歩で外出しただけでも、汗をびっしょりかいて、息切れしてしまうことも。
その原因は、妊娠すると体温が高くなり、体温の調整がいつものように適切にできないことにあります。
そのため、妊娠中の夏場には熱中症や脱水症状に気をつける必要があります。
他にも夏バテで食欲をなくし、夜は暑過ぎて不眠になり、入浴するとのぼせあがり、発汗であせもになりやすくなるなど、夏場は妊婦さんにとって悩みが多くなる季節です。
今回は、妊婦さんの夏場の体調管理などの不安を少しでも解消するために、オススメの対策法をご紹介します。

妊婦さんにとっての夏場の危険!

夏の旅行で妊婦が気をつけなければいけないこととは?

妊婦さんにとって夏場は危険がいっぱいです。
『暑さ』だけではなく、『冷え』にも注意が必要になってくるのです。
このどちらにも気をつけないと、場合によってはお腹の赤ちゃんにも悪影響を及ぼしかねません。

妊婦さんは熱中症に注意!

妊娠すると体温が高くなるため、夏場はとくに熱中症になりやすくなります。
熱中症になると失神して転倒する危険性があり、また、意識を失ってしまうと酸欠にもなります。
そうなると、胎児も酸欠状態になるため、かなり危険な状態に陥ります。
そうなる前に、日中の外出をできるだけ控えたり、家にいるときはエアコンで部屋を涼しくするなど、快適な環境で過ごしてください。

妊婦さんは脱水症も注意!

最近の日本は、温帯性気候というより亜熱帯のような気候になってきています。
一般の方でも体調を崩しやすくなっていますが、妊婦さんはそれ以上に体調を崩しやすい状態になるのでより注意が必要となります。
とくに、体温が高くなり、汗をかきやすくなるため、脱水症状に注意が必要です。
夏バテと脱水状態が重なると危険な状態になるので、こまめに水分補給などをしてください。

シミにも注意が必要!

日差しの強い夏場の悩みのひとつが『シミ』です。
とくに妊娠するとメラニンを刺激するホルモンが身体中に多く分泌されるようになるため、シミができやすくなります。
乳輪が黒くなるのもこのためです。
シミを防ぐには、もちろん日焼け止めクリームが有効です。
けれども、敏感肌になりやすい妊婦さんにとって、日焼け止めクリームは刺激が強過ぎることもあるので、できる限り肌に優しく赤ちゃんの肌にでも使えそうな低刺激性のクリームを使用した方がよいでしょう。
さらには、UVカットの洋服や帽子、日傘、そしてアームカバーなどを使用して対策してみてください。

冷房はうまく活用すべきですが、身体が冷えないように注意!

623c818c7876156236e7518d0a2b5151_s

妊婦さんにとって熱中症を含めた暑さは大敵といえます。
だからといって、エアコンで部屋を冷やしすぎるのも問題です。
身体が冷えすぎてしまうと、血行不良の原因となり、赤ちゃんにも影響を及ぼすことにもなります。
夏場の冷え対策のためにも、室内を冷やし過ぎず、熱中症にはならない程度の涼しさを保つように温度や風の強さ、また風が直接当たらないように調整していきましょう。
設定温度を高めに設定(約28℃前後)して、部屋を適度に冷やすのがベストです。
夜間はずっとエアコンをつけておくというのがよいのですが、直接風が当たらないように注意が必要です。
とくにお腹を冷やすことは赤ちゃんにとってもよくありませんので、腹巻を巻いて寝るのも冷え対策の一つです。
また、夏場でも朝と夜に温かいお湯やスープで身体を温め、1日の冷えをとって血行改善を促すこともおすすめです。

体調管理のためにもしっかり食事を!

夏場になるとは妊娠していなくても、食欲がなくなりがちです。
だからと言って、何も食べないのは赤ちゃんに良くはありません。
暑くて料理をする気力がないときは、レンジで温めるだけの簡単な料理や、そうめんなどの夏場でも食べやすい麺類などをうまく食事に取り入れてみましょう。

ですが、だからといって同じものばかり食べて食事が偏ると、体温調整に必要なビタミンやミネラルが不足し、さらに夏バテになりやすくなります。
スープやサラダなどでしっかり野菜を食べるようにしましょう。
料理が大変なときはマタニティスープで栄養をしっかり摂るのもおすすめですので、手軽に栄養を摂る工夫もしてみてください。

妊婦さんにとって最適な夏の過ごし方とは?

b3adb4483f00b23330db00324fb2abdc_s

妊婦さんにとって最適な夏の過ごし方はどのようなものでしょうか。

まずは、海のレジャーは避けるようにしましょう。
とくに海水中の細菌に感染しやすくなるため、海の中に入ることは避けてください。

また、午前10時~午後4時ごろまでは紫外線が強いので、この時間帯の外出はできるだけ控え、買い物や散歩は夕刻に行うようにしましょう。
だからといって、家に引きこもってばかりいると精神的によくありません。
出産に向けて適度な運動も必要なので、外出するときは朝早い時間、または夕方以降にして、暑い屋外にいる時間をあまり長くしないようにすることも肝心です。

日中に外出するときは、ショッピングモールなどの建物のなかで、ゆっくりと過ごせる場所へ出かけましょう。
また、外出時にはこまめに水分がとれるように、飲み物を持っていくようにしましょう。
注意してもらいたいのは、電車や建物内の冷房の効き過ぎで体が冷えてしまうことですので、ひざ掛けや羽織れるものを持っていくのもおすすめです。
いつどこで気分が悪くなっても対応できるように母子健康手帳や健康保険証は必ず持ち歩くことも忘れずに!

まとめ

妊婦の夏は水分補給をこまめにとって!その他必要な栄養素も紹介

妊娠中の夏場は、これまで以上に体調管理には気を遣わなければなりません。
暑さによる熱中症や脱水症状だけではなく、エアコンなどによる冷えにも注意が必要になってきますので、しっかり暑さ対策、冷え対策の両方を準備してくださいね。

fba3be6a9c512a3475fac5fd54d28e97.dat
A.T

Mama writer
男の子の子育て奮闘中。子供から教わることばかりですが、日々幸せを感じる育児生活を送っています。お仕事で整体師やエステシャンをやっていたので体の事や美容の事で、少しでも皆様のお役にたてる情報をお届けできたらと思っております。

編集部おすすめ商品

MATERNITY SOUP

妊娠中の栄養補給とマイナートラブルのために

マタニティスープ

妊娠中の食生活が気になるママに。
産婦人科 佐藤病院・妊産婦ケア専門の管理栄養士・お子さんのいるママの声から生まれた
妊娠中のママとおなかの赤ちゃんのためのスープです。

MATERNITY SOUP

妊娠中のママとおなかの赤ちゃんへの贈り物

マタニティスープギフト

これからママになる大切な人への妊娠祝いに。
妊娠中のママが元気に安心してマタニティライフを送れるように
家族や友人みんなで食生活をサポートするマタニティ応援ギフトです。

マタニティスープは妊娠中の女性たちととことん向き合って開発しました

最新記事