妊婦さんの夏の外出は熱中症対策が必須! 大切なのは水分と栄養補給

妊婦さんの夏の外出は熱中症対策が必須! 大切なのは水分と栄養補給

夏場、毎年問題になってくるのが熱中症です。
高齢者や子供が熱中症になりやすいといわれていますが、誰にでも熱中症になってしまう危険性はあります。
熱中症はひどくなると命を落とすこともあるぐらい、甘く見てはいけない症状です。
特に妊娠中はデリケートな時期なので、十分注意が必要です。
今回は、暑い夏に熱中症にならないための適切な対策をご紹介します。

熱中症って?

c9cbeae6886f79b9b4fd261e1a6626f8_s

熱中症は、体内の熱がこもってしまうことが原因です。
本来なら体温調節機能が体温をベストで保っているはずなのですが、その機能が暑いところにいるうちに狂ってしまい、不調になります。
最近は日本でも熱中症になる人が増えているので、気を付けなくてはいけません。

熱中症のためにできる対策

熱中症にならないように、予防することが何より大切です。
どうしたら熱中症を予防することができるでしょうか。

・水分をこまめにとる

959fe7f7541ab1924e7323f1323af7db_s

水分不足になると熱中症になりやすくなります。
汗が出なくなる分、熱が体内に溜めこんでしまって、体内温度が上がって熱中症になるのです。
汗を出すためにも、しっかり水分補給が必要です。
喉が渇いてから飲むという状態では、すでに身体が水分不足で水分を欲している証拠です。
そうなる前に飲むことをおすすめします。

また一気にたくさん飲むのではなく、こまめに少しずつ飲むようにしましょう。
常に水分が足りている状態にすることが大切です。
スポーツ飲料や経口補水液などの、補給する水分の中に所領の塩分や糖分が入っていのがベストです。
特に塩分は汗をかくことで失われてしまうので、水分補給と同時に補ってあげてください。

・快適に眠れる環境を作る

熱中症は起きているときだけ、暑い昼間だけではありません。
実は怖いのが、寝ている間の熱中症です。
寝ている間って意識がないので、熱中症になっても気づきにくいのです。
そのままで過ごしていると、ひどい熱中症になることもあります。
寝ている間の温度や湿度を快適に保ち、寝具の見直してみるのもおすすめします。

寝ている間はたくさん汗をかきますが、なかなか水分補給ができません。
妊娠中というデリケートな期間だからこそ、すぐに水分補給ができるよう寝ている横に飲み物を用意したり、エアコンで室内温度を調節するなど睡眠をとりやすいような工夫も必要です。

・温度と湿度を調整する

日中も暑いなと思ったら、涼しくする工夫をしましょう。
日差しを遮る、涼しい場所に移動する、風が通るようにするなど、出来る工夫はあります。
また、今自分が何℃のところにいて、どれくらい湿度があるのか…できれば確認しておくようにしてください。

・衣類を選ぶ

夏に着る服は、薄手のものが中心になると思いますが、素材にもこだわってみてください。
通気性が良い洋服は夏に必須です。
麻や綿などは通気性が良いため、汗をこもらせることなく放出することができます。
また下着も汗を吸ってくれるものを選ぶなど、衣類で熱中症対策をしましょう。

・外出では日差しを浴びない

夏の旅行で妊婦が気をつけなければいけないこととは?

妊婦さんには、夏場の昼間の外出をできるだけ控えることをおすすめします。
どうしても出かけなくてはならないこともあると思いますが、そういう時に気を付けて欲しいのは『熱中度指数』です。
最近では熱中症を警戒するために、この熱中症指数が意識されています。
危険な数値になっているときは外出を控えたり、より念入りな熱中症対策をしましょう。

どうしても外出しなくてはいけないときは、日差しを浴びないようにしてください。
日差しは肌にも悪影響を与えるので、出来るだけ避けるようにして過ごしてください。
日傘をするなど、日差しを遮る方法はたくさんあります。
日差しが遮られると、それだけで体感温度は低くなります。
ただし、アスファルトから反射する光が顔に当たってしまうので、日焼けには気を付けてください。

熱中症指数とは?

熱中症指数(WBGT指数)とは、「温度:湿度:輻射熱=1:7:2」の割合で計算される値で、単位は気温と同じ「℃」で表されます。
気温とは違い、人体と外気との熱のやり取りに着目した値になります。
実は、温度よりも湿度の方が7倍も重要度が高いため、同じ温度でも湿度が高いと圧倒的に熱中症の危険性が増します。
外出するときは、環境省の熱中症予防情報サイトで熱中症指数をチェックしてみてください。

熱中症になったかも?と思ったら…

fe8c5a81b25677c0ed8b40df094487e6_s

いくら予防をしていても、場合によっては熱中症になってしまうこともあります。
もしかして熱中症かも、と思ったらすぐに応急処置です。
吐き気や頭痛というような症状が熱中症の初期サインです。
何だか調子がおかしいなと思ったら熱中症を疑ってみてください。

暑い場所から涼しい場所に移動して、締め付けている衣類を緩めたり、身体を出来る限り冷やすようにしましょう。
動脈の太い部分や首や足の付け根などを冷やすと、早く身体を冷やすことができます。
そして塩分が入った水分を飲んで落ち着かせます。
ただし、これらは基本的な応急処置なので、熱中症かもと思ったら必ず病院で診察を受けてくださいね。

不足しがちな栄養を補っておこう

熱中症対策におすすめしたいのが、必要なミネラル、ビタミンをしっかり補給できるマタニティスープです。
熱中症の原因は、体内のミネラル、ビタミンなどの栄養分が不足することでも起こりやすくなります。
水分不足とともに栄養不足も影響してくるので、熱中症予防にも常に補給しておきましょう。

まなみ

writer/管理栄養士
2人の女の子のママです。職業は管理栄養士でただ今育児休業中。優しいパパに支えられながら、家事育児に奮闘中です。2人の子どもの成長と休日の家族団らんが今の楽しみです。

編集部おすすめ商品

MATERNITY SOUP

妊娠中の栄養補給とマイナートラブルのために

マタニティスープ

妊娠中の食生活が気になるママに。
産婦人科 佐藤病院・妊産婦ケア専門の管理栄養士・お子さんのいるママの声から生まれた
妊娠中のママとおなかの赤ちゃんのためのスープです。

MATERNITY SOUP

妊娠中のママとおなかの赤ちゃんへの贈り物

マタニティスープギフト

これからママになる大切な人への妊娠祝いに。
妊娠中のママが元気に安心してマタニティライフを送れるように
家族や友人みんなで食生活をサポートするマタニティ応援ギフトです。

マタニティスープは妊娠中の女性たちととことん向き合って開発しました

最新記事