妊婦さんの食事ナビ|妊婦さんは牡蠣を食べても大丈夫?

妊婦さんの食事ナビ|妊婦さんは牡蠣を食べても大丈夫?

妊婦さんは、日々の食事にいつも以上に気を遣いますよね。
妊娠中食べて良いか疑問に思う食材に「牡蠣」を思い浮かべる方も多いのではないのでしょうか。
牡蠣は食中毒の原因になる食材の一つ。
しかし、牡蠣には、栄養素が豊富に含まれています。
今回、妊婦さんが牡蠣を食べてよいか?牡蠣を食べるときの注意点や牡蠣の栄養素等についてお伝えします。

妊婦さんは牡蠣を食べてもいいの?

妊婦さんでも基本的には牡蠣は食べても大丈夫です。
牡蠣は「海のミルク」として有名で、鉄分や亜鉛などのミネラル、ビタミン、タウリンなどの栄養素が豊富に含まれているので、正しい食べ方をすれば問題ないとされています。
では、なぜ妊婦さんは牡蠣を食べないほうが良いと言われているのでしょうか?
それは、食中毒の危険性が高いからです。
「牡蠣を食べないほうが良い」というよりも「生牡蠣を食べないほうが良い」ということなんですね。

妊婦さんはなぜ生牡蠣を食べたらいけないの?

牡蠣には、食中毒を引き起こす「ノロウイルス」や「大腸菌」、「腸炎ビブリオ」といったウイルスに感染してしまう恐れがあります。
ノロウイルスは、85℃以上で1分間中心部まで加熱処理すると死滅します。
新鮮な牡蠣でも生または半生で食べるとノロウイルスに感染するリスクが高まります。
妊娠中は抵抗力が低下しているので、妊娠前に比べて菌に感染しやすい状態です。
ですので、妊婦さんが牡蠣を食べる場合は、必ず加熱してから食べるようにしましょう。

牡蠣のおすすめの食べ方は?

妊婦さんが牡蠣を食べる際の調理方法は、牡蠣フライ、鍋の具などがオススメです。
中までしっかりと火を通すことが必須です。
中まで火が通ったかわかりにくい時は、食べる前に一度切って中が半生になっていないかを確認するようにすると良いですね。
また、つわりが酷いときには、「牡蠣ぞうすい」がオススメです。
牡蠣の栄養分が溶け出して、あっさりとしているので、食べやすいですよ。

牡蠣には食中毒の他にも危険性がある?

生牡蠣以外のもう一つの危険性は「貝毒」です。
貝毒とは、二枚貝が有毒なプランクトンを食べた結果、毒素を蓄積していること。
貝毒は加熱してもなくならないので、厄介です。

市販の牡蠣は、厚生労働省が定める基準値を下回るものだけ販売しているので、貝毒に関しては基本的には心配いりませんが、知り合いの方が潜って取ってきた牡蠣等は検査されていないので、貝毒にかかる心配があります。
貝毒による食中毒の症状は、牡蠣を食べてからだいたい30分~4時間程度で発症することが多いと言われています。
「唇のしびれ・舌のしびれ・顔面全体のしびれ・手や足のしびれ・下痢・嘔吐・腹痛・皮下出血斑(あざ)・歯茎の出血」などです。
貝毒は呼吸困難などの重症化するケースもありますので、心配な妊婦さんは牡蠣を食べないという選択をすることも必要です。

妊婦さんが食中毒になったら、胎児に影響が出るの?

妊婦さんがノロウイルス等に感染しても、胎児に直接的な影響があったという報告はありません。
しかし、間接的な影響として、食中毒による激しい下痢や嘔吐が子宮収縮を引き起こすことで、胎児にまで悪影響が及ぶため、切迫流産や切迫早産を招くリスクが高まります。
また母体への影響としては脱水症状があげられます。

妊婦さんが食中毒にかかってしまったら?

もしも妊婦さんが牡蠣を食べて食中毒にかかってしまったら、すぐに病院に駆け込まないこと!
ノロウイルスは感染力が高いので、他の妊婦さんや赤ちゃんに移ってしまっては大変です。
病院を受診する場合は、必ず電話をしましょう。

また、吐いてしまい辛いかもしれませんが、脱水にならないように水分補給をするように心がけましょう。
飲めなくても舌を湿らす程度でも良いので、脱水症状にならないように意識することが大切です。

妊婦さんが牡蠣を食べるとどんな栄養が取れるの?

牡蠣は「海のミルク」と呼ばれ、豊富な栄養素が含まれているので、正しい食べ方をすれば、妊婦さんに必要な栄養が取れます。

葉酸

葉酸はお腹の中の赤ちゃんの成長に必要な栄養素の一つです。
妊婦さんにとっても欠かせないため、積極的に摂取したい栄養素です。
牡蠣に含まれる葉酸は100g(牡蠣約2個分)あたり40㎍で、魚介類の中では高い含有量です。

鉄分

妊婦さん(特に後期)は貧血になりやすいので、普段から意識的に鉄分を摂取する必要があります。
牡蠣に含まれる鉄分は、100gあたりの含有量はうなぎの約2倍です。
鉄分は、ヘム鉄と非ヘム鉄の2種類がありますが、牡蠣には人間の体内に吸収されやすいヘム鉄が含まれています。

カルシウム

牡蠣は、カルシウムを多く含んでいます。
妊娠中は、お腹の中の赤ちゃんの骨や歯を形成するためカルシウム不足になりやすいので、必要な栄養素ですね。
またカルシウムには、イライラしたときにも良いとされています。
神経を鎮静する作用があるそうですよ。

亜鉛

妊婦さんにとって、亜鉛も赤ちゃんの体を作るために必要な栄養素とされています。
亜鉛が不足すると、赤ちゃんが低体重になる恐れもあります。
また妊婦さんの免疫力を上げるのにも必要な栄養素です。
牡蠣は食品の中でもっとも亜鉛を含んでいます。
牡蠣100gあたりの亜鉛含有量は、13.2mgです。
妊婦さんが1日に必要な亜鉛の量は11mgなので、1日に2~3個の牡蠣を食べることで、必要な栄養を摂ることができます。

食中毒が怖くて牡蠣を食べられない、牡蠣のような豊富な栄養を補いたい方には?

普段は牡蠣が大好きだけど、「食中毒が怖いからから、妊婦の間は牡蠣を食べたくない」又は牡蠣が嫌いだけど、「牡蠣のような豊富な栄養を補いたい」等と思っている妊婦さんも多いのではないでしょうか。
妊婦さんは、つわりで食事がとれない方、栄養バランスが心配な方、おなかの赤ちゃんに安心な物を食べたい方など食事についても悩みがいっぱい。
そんなあなたのマタニティライフを美味しくサポートしてくれる栄養補助食品を上手に利用してみましょう。
妊娠中の「欲しかった」をママたちと産婦人科医・栄養管理士が形にした「マタニティスープ」。
「野菜不足かな、何か一品追加したいな、ちょっとお腹が空いたな・・・」そんな時におすすめなのがマタニティスープなんです。

送料無料のお得なセットをまずお試しください!

マタニティスープには4種類の味があります。
「ほうれん草とジャガイモのポタージュ」
おなかの赤ちゃんの成長に必要な「葉酸」「鉄分」を補給します。
「とうもろこしと豆乳のポタージュ」
お腹の赤ちゃんの成長に必要な「たんぱく質」を補給します。
「生姜トマトスープ」
女性にとって大切な「ビタミン」を補給します。
「ガゴメ昆布入り海藻スープ」
不足しがちな「カルシウム」などのミネラルを補給します。

4種類の味があるので、毎日飽きずに飲むことができます。
また、粉末のスープの素にお湯を注ぐだけなので、つわり等で食欲がないママさんも簡単に作ることができるので、手軽に摂取することができます!
マタニティスープは安心安全にこだわって作られていて、安心の5大無添加。
また、どのスープにも葉酸・鉄分・カルシウム・ビタミンDが含まれているので、赤ちゃんに大切な栄養素が簡単に摂取できます。
お腹の赤ちゃんと妊婦さんの健康的な食生活のために、一日1杯のマタニティスープで、マタニティライフを美味しくサポートしてみませんか?

マタニティスープお試しセット実施中!!


送料無料の入りマタニティスープお試しセットを公式WEBサイトで発売中です。
お試し価格:780円(税込・送料無料)

『ほうれん草とじゃがいものポタージュ』『とうもろこしと豆乳のポタージュ』『わかめとガゴメ昆布の海藻スープ』『生姜トマトスープ』の4種類が楽しめます!

※お試しセットの内容は変更になる場合がありますので、詳しくは公式WEBサイトで確認してください。

ゆき

Mama writer/元看護師
2人の男の子のママで、現在第3子妊娠中。毎日家事育児に奮闘しながら、次男出産後に取得したアロマやデコパージュのレッスンの講師をしています。自分の経験を元に皆様に役立つ記事を書いていきたいと思います。

編集部おすすめ商品

MATERNITY SOUP

妊娠中の栄養補給とマイナートラブルのために

マタニティスープ

妊娠中の食生活が気になるママに。
産婦人科 佐藤病院・妊産婦ケア専門の管理栄養士・お子さんのいるママの声から生まれた
妊娠中のママとおなかの赤ちゃんのためのスープです。

MATERNITY SOUP

妊娠中のママとおなかの赤ちゃんへの贈り物

マタニティスープギフト

これからママになる大切な人への妊娠祝いに。
妊娠中のママが元気に安心してマタニティライフを送れるように
家族や友人みんなで食生活をサポートするマタニティ応援ギフトです。

マタニティスープは妊娠中の女性たちととことん向き合って開発しました

最新記事