妊婦さんはお刺身や生魚は食べてはダメ??

妊婦さんはお刺身や生魚は食べてはダメ??

加熱したりお刺身で食べたりと調理法もたくさんあり、普段から親しみの深い魚。
栄養素をたくさん含んでいる食品のひとつですが、妊婦さんには少し注意が必要な食品でもあります。
どの様な点について気をつけていけば良いのか、一緒に考えていきましょう。

妊婦さんはお刺身に要注意?!

「妊婦さんはお刺身を食べてはいけない」などと、一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。
妊婦さんがお刺身やお寿司などを避けたほうが良い理由は主に2つあります。

・大型魚などに含まれている水銀を避けるため
・食中毒を予防するため

この2点について詳しくご紹介していきたいと思います。

どうして水銀は妊婦さんに良くないの?

大型魚などに含まれている水銀は、摂り過ぎてしまうと赤ちゃんの発育によくない影響があるとされています。
通常なら水銀が含まれる魚を食べても、健康に影響を与えるほどの量にはなりません。
また、日々の食事で魚からの水銀を体に取り込んだとしても、長くは体の中に滞在せず、2か月もするとその量は半分になる程、体の外に排出されていきます。
妊婦さんが、魚の水銀に対して注意が必要なのは、赤ちゃんがママの体の中から取り込んだ水銀を体の外に出すことができないからなのです。

赤ちゃんの場合は、まだ水銀を体の外に出す機能が出来ていません。
ですので、ママが食べた魚に含まれる水銀が、胎盤を通じてお腹の赤ちゃんに届き、赤ちゃんの体から排出されず体内にとどまってしまい、悪影響を及ぼしてしまうことがあるのです。
そのため妊婦さんは水銀を含むお刺身を食べないように言われるのです。

お刺身で食中毒??

火の通っていないお刺身や魚介類には、食中毒の原因になる細菌類や寄生虫がいる可能性があります。
妊婦さんが特に注意したいのは「リステリア菌」です。
妊婦さんは、普段より免疫力が下がっている事が多いので、妊娠していない時なら気にしなくてよい環境下でも、リステリア菌に感染してしまい食中毒や食あたりになってしまうことがあるため、注意が必要です。

また、リステリア菌は胎盤を通ってしまうので、最悪お腹の赤ちゃんにも感染してしまい、水頭症などを引き起こしてしまうこともあります。
もし、食中毒など、食あたりになってしまっても妊婦さんが飲める薬は限られていますし、嘔吐や下痢によりママの体力が落ちてしまいます。
食中毒や食あたりはお腹を下すので、無理に便を気張ったりすることにより、子宮が収縮され流産の可能性も高まります。

このようなリスクを避けるため、妊婦さんはなるべくお刺身など生の魚を避け、加熱処理したものを食べるようにと言われることが多いのです。

妊婦さんがお刺身を食べる時に注意したいことは?

妊婦さんがお刺身を食べてはダメ!と言われる理由はわかりましたか?
お刺身を食べることで、起きてしまうかもしれない危険を避けるために食べないように言われるのであり、少しの知識をもち、気を付ければ妊婦さんでもお刺身を食べても大丈夫です。
それでは、気を付けるポイントを見ていきましょう。

魚の水銀危険度チェック&食べても平気な量

注意レベル:大

一人前80グラム(お刺身一人前、切身一切れ程)として週に1回以下
大型系:サワラ・スズキ・メカジキ
マグロ系:メバチマグロ・本マグロ(黒マグロ)

注意レベル:中

一人前80グラム(お刺身一人前、切身一切れ程)として週に2回まで
中型系:金目鯛・ブリ・タラ・マカジキ
マグロ系:ミナミマグロ

注意レベル:小

特に摂取量について心配する必要なし
小型系:イワシ・アジ・サーモン・マス・ニシン・サンマ・サバ・カツオ・鯛
マグロ系:ツナ缶・ビン長マグロ・キハダマグロ・メジマグロ
貝:カキ・ムール貝・ホタテ・ウニ
甲殻類:エビ・カニ

気をつけたい魚のチェックポイントは、深海付近に生息する魚と寿命年齢の長い魚です。
金目鯛やムツは、深海の境目に生息している為、比重の重い水銀含有量の多い魚類です。
それからお刺身にもよく使われる、ミナミマグロやクロマグロの平均寿命は20年と比較的長いため、その分水銀も身体に蓄積しやすいのです。

水銀は加熱しても失われることはないので、これらの魚を食べる時は、お刺身に限らず食べる量に気をつけましょう。

魚の栄養と妊婦さんに大事な栄養素

魚の脂に含まれるDHAやEPAは、赤ちゃんの体や脳をつくる大切な栄養素です。
妊娠中や授乳中にお母さんがDHAを摂取すると、胎盤や母乳を通して赤ちゃんに移行します。
DHAを摂取した赤ちゃんは、18カ月になったときに運動や行動情緒発達に明らかによい影響がみられるなど、妊娠中のDHA・EPAの摂取は胎児の発育に良い影響を与えるという研究が多数報告されています。
また早産リスクの低減や産後の、うつの予防にも効果が期待されているので、妊婦さんは積極的に摂りたい栄養素の一つです。

妊婦さんに大事な栄養素は、ビタミン、カルシウム、マグネシウム、葉酸、鉄分などがあります。

ビタミンD
カルシウムの吸収を促進して、骨の育成を助けます。

カルシウム
骨や歯の形成に欠かせません。

マグネシウム
骨や歯の育成に必要であるほか、体内酵素の働きや血液循環などの正常化に関わります。

葉酸
赤血球の形成を助けるほか、赤ちゃんの正常な発育に寄与します。

鉄分
赤血球を作るのに必要な栄養素、不足すると貧血や運動機能や認知機能の低下を招きます。

ビタミンC
鉄分の吸収を促進し、酸化を防ぎます。

大事な栄養素の中でも特に注目したい葉酸!!

葉酸という言葉を、最近よく耳にすることが多いのではないでしょうか?
その理由としては、妊婦さんの身体への影響と、赤ちゃんの発育への影響があります。

葉酸を摂取する量が少なく、足りない状態が続くと妊婦さんの身体に蓄積されているエネルギーや栄養がどんどん赤ちゃんへと奪われていってしまいます。
その結果、妊婦さんが貧血や体調不良になりやすくなるのです。

特に妊娠初期の頃には細胞分裂が活発に行われるため、質の良い栄養の摂取が欠かせません。
葉酸は細胞分裂の働きを促すだけでなく、神経系の発達にも必要なものなので、積極的に摂る必要があるのです。
また、妊娠初期に摂取することで、赤ちゃんの二分脊椎など神経管閉鎖障害の発生リスクを下げることができます。

平成12年に厚生省(現在は厚生労働省)は、妊娠を希望している、または妊娠している女性に、毎日葉酸400μg摂取することを推奨しています。

妊婦さんが上手に栄養を取るためにプラスしたい栄養補助食品!

 

妊婦さんにも赤ちゃんにも大事な栄養素を普段の食事で取り入れられるのがベストですが、調理法などにより成分値が変わってしまい、なかなか難しいと思います。
そんな時に、これらの栄養素を上手に取り入れるのに便利なのが栄養補助食品です。

栄養補助食品っていいの?

栄養補助食品というとまず思い浮かぶのがサプリメントだと思います。
サプリメントは、粒剤やカプセルのものが多いので、薬と同じものだと誤解されがちですが、薬とは治療を目的とした、薬理作用を持つもの。
サプリメントは、食事では補給しきれない栄養を補うものという、決定的な違いがあります。
サプリメントは、食品の一種なのです。
葉酸のように厚生労働省からサプリメントの活用を推奨されているものもあります。

薬とは違い安心して大丈夫!とは分かっていながら、たくさんのサプリメントの中から、赤ちゃんに良くない成分がはいっていないか?どれを選べばよいのか?など、気になると思います。
そんな時にオススメしたいのがマタニティスープです。

気楽に取り入れたいマタニティスープ

現役のママさんたちの声をもとに、産婦人科と栄養士さんが作ったベジタルのマタニティスープ。
安心、安全にもこだわっていて、1杯のスープで妊婦さんに必要な葉酸が200㎍も取れるんです。
作り方もとっても簡単!
粉末のスープなので、お湯を注ぐだけ!
普段の食事の一品にしたり、ちょっとほっこりしたい時のお供にも便利です。

マタニティスープお試しセット実施中!!


送料無料の入りマタニティスープお試しセットを公式WEBサイトで発売中です。
お試し価格:780円(税込・送料無料)

『ほうれん草とじゃがいものポタージュ』『とうもろこしと豆乳のポタージュ』『わかめとガゴメ昆布の海藻スープ』『生姜トマトスープ』の4種類が楽しめます!

※お試しセットの内容は変更になる場合がありますので、詳しくは公式WEBサイトで確認してください。

まとめ

お刺身や生魚についてご紹介してきましたがどうでしたか?
妊娠すると、今までは気にならなかったことも、色々と気になるものですよね。
何事も気にしすぎてしまうと、ストレスになってしまうので、程々にしつつ、楽しいマタニティライフを送ってくださいね!

*re-na*

Mama writer
二人の女の子のmamaです。仕事に家事にと、忙しく過ごす毎日ですが、今しか味わえない子供の成長を大事に日々を楽しんでいます。先輩mamaライターとして、みなさまにお届けしていきたいと思います。

編集部おすすめ商品

MATERNITY SOUP

妊娠中の栄養補給とマイナートラブルのために

マタニティスープ

妊娠中の食生活が気になるママに。
産婦人科 佐藤病院・妊産婦ケア専門の管理栄養士・お子さんのいるママの声から生まれた
妊娠中のママとおなかの赤ちゃんのためのスープです。

MATERNITY SOUP

妊娠中のママとおなかの赤ちゃんへの贈り物

マタニティスープギフト

これからママになる大切な人への妊娠祝いに。
妊娠中のママが元気に安心してマタニティライフを送れるように
家族や友人みんなで食生活をサポートするマタニティ応援ギフトです。

マタニティスープは妊娠中の女性たちととことん向き合って開発しました

最新記事