妊婦さんは生卵を食べても大丈夫?

妊婦さんは生卵を食べても大丈夫?

卵は私たちの生活に欠かせない食材ですよね。
栄養素も高く、調理方法もたくさんあり、とても便利な食材です。
ですが、妊婦さんには少し注意が必要な食材なのです。
妊婦さんが生卵を食べるときは、なぜ注意が必要なのか、どんな事に注意したら良いのかなど、具体的にご紹介していきます。

なぜ妊婦さんは生卵を控えたほうがいいの?

生卵は、「食中毒になりやすい」といった話を耳にしたことはありませんか?
妊婦さんは生の食材を控えたほうがいいとされていますが、生卵を食べてもいいのか心配になりますよね。
結論からいうと、妊婦さんが生卵を食べてはいけないワケではありません。
ただし、生の食材は食中毒にかかる可能性が高い食べ物なので、妊婦さんはできるだけ控えたほうがいいと考えられています。
妊婦さんが生卵を控えたほうがいい理由は以下のことです。
・妊娠中の免疫力の低下
・サルモネラ菌による食中毒

妊娠中は免疫力が低下している?

妊娠中は、今までとは違い身体の構造が大きく変わり、たくさんの栄養が赤ちゃんに優先的に送られていくため、妊婦さんの身体は不安定な状態になりやすくなります。
ホルモンバランスや自律神経のバランスも崩れるため、つわりがひどかったり、体調を崩してしまったりする方も多いでしょう。
身体の調子が不安定になると、免疫力が低下してしまうため、今まで影響のなかったものでも、過敏に反応しやすくなります。
風邪を引きやすくなったり、肌荒れを起こしたりしやすくなるのはそのためです。

食べ物に関しても免疫力の低下は重要で、生卵を食べることにより食中毒にかかるリスクが高まるようになります。
そのため、妊婦は生卵をはじめ生の食材全般を避けるべきだと言われているのです。
実際に、うっかり生卵を食べてしまい、腹痛や下痢などの症状で何時間も辛い思いをした妊婦さんの体験談も多くあります。

サルモネラ菌による食中毒

妊娠中に生卵を控えたほうがいいといわれる一番の理由は、サルモネラ菌による食中毒を発症する恐れがあるからです。
主な症状としては、嘔吐や下痢、脱水、発熱してしまう妊婦さんもいますし、酷い場合には、下痢の症状から子宮を収縮させ、流産に繋がってしまうこともあります。
また、このサルモネラ菌は黄身や白身などの中身ではなく、卵の殻に付着している確率が高いため、その殻に触れてしまうことで食中毒になることが多いとされています。
そのため、一般的な食中毒の場合には、食材の賞味期限切れなどが挙げられることもありますが、生卵の場合には、期限を過ぎていなくても注意する必要があります。

ですが、鶏卵すべてがサルモネラ菌に汚染されているわけではありません。
生卵を食べたら必ず食中毒になるということではないですが、万が一のことを考えて、妊娠中は生卵を控えることがすすめられています。

サルモネラ菌とは?

サルモネラ菌は、自然界に存在する細菌です。
サルモネラ菌食中毒の原因は、生の卵や食肉といったものがほとんどで、感染すると8~48時間ほどの潜伏期を経て発病します。
吐き気、嘔吐、腹痛、下痢、発熱といった、いわゆる急性胃腸炎の症状が出るのも特徴です。

妊婦さんが生卵で食中毒になってしまったらどうすればいいの?

外国の卵に比べて、日本の卵でサルモネラ菌に感染してしまう確率はそこまで高くはないですが、万が一、食中毒になってしまった場合は、薬の成分によって赤ちゃんに悪影響を与えてしまう医薬品もあることから、市販の薬を使用することはできません。
そのため、生卵などを食べた後に吐き気や腹痛など、食中毒症状が出てしまった場合には自己判断で対処しようとはせず、すぐに病院を受診することが大切です。
病院で診断の上、大半の妊婦さんは赤ちゃんに影響の少ない薬を処方してもらい、治療することになります。
重症化すると入院の上、絶食で点滴になる場合もありますし、発見が早ければ早いほど、赤ちゃんへ負担が少ないので、早めに受診をするよう心掛けましょう。

もし食中毒になってしまったとき、赤ちゃんへの影響は?

万が一、サルモネラ菌に感染してしまった場合、赤ちゃんへの影響が心配されますが、妊婦さんが細菌による食中毒で苦しんでいたからといって、赤ちゃんに直接的な影響はないとされています。
ただし、赤ちゃんに直接影響がなくても、サルモネラ菌による食中毒は激しい腹痛や吐き気、発熱、嘔吐の症状があり、食欲不振も招くことから、できる限り避けたい食中毒です。
また、先に触れたように激しい下痢の症状から子宮を収縮させ、切迫早産や流産に繋がる危険性もありますので、生卵の摂取には注意しましょう。

妊婦さんが卵を食べると、赤ちゃんがアレルギーになるって本当?

「妊娠中に卵を食べると、生まれてくる赤ちゃんが卵アレルギーになる」という説に医学的な根拠はありません。
食物アレルギーが起こる仕組みは、いまだわかっていないことも多くありますが、妊娠中の食事に左右される、ということを示す研究報告は今のところありません。
ただし、アレルギーの発症には遺伝的な部分が大きく、卵を食べる=絶対アレルギーになる、アレルギーの確率が上がるというわけではありません。

とはいえ元々、妊婦さんに卵アレルギーがある場合には、三大アレルゲンの1つである卵の食べ過ぎは、お腹の中の赤ちゃんに悪影響を与える可能性があるので注意が必要になります。
妊婦さんがアレルギー持ちでなくても、アレルゲンであることを考えて過剰摂取も控えたいところです。
なお、日本では食物アレルギーが見られる確率が乳児で約10%、3歳児だと約5%あります。
また、特に0歳児では、食物アレルギーのうち鶏卵が占める割合が62.1%と最も多いので、妊婦さんの食事に関係なく、赤ちゃんが卵アレルギーになる可能性はあると考えましょう。

温泉卵は食べていいの?

生卵は苦手だけど、温泉卵といった半熟卵が大好きという妊婦さんもいるのではないでしょうか。
それに、温泉卵はカルボナーラに乗っていたり、サラダに使用されていることもあるので気になるところです。

温泉卵は基本的に、65℃前後のお湯に30分つけて作るので、サルモネラ菌は死滅していると考えられ、妊婦さんでも食べて安心とされています。
しかし、後述でも説明しますがサルモネラ菌を完全に死滅させるには70℃以上加熱させる必要があり、65℃前後のお湯につけて作るとはいえ、卵の内部までその温度に達していなかった場合も考えると、サルモネラ菌が死滅しているとは言い切れません。
生卵に比べると、食中毒のリスクは低くなるようですが絶対安全とは保障できないので注意が必要です。

妊婦さんが卵で食中毒になるのを防ぐには?

妊婦さんに限ったことではありませんが、卵による食中毒を予防するために、生卵は基本的には食べないようにしましょう。
ですが、栄養価の高い卵は、たくさんの栄養が必要になる妊娠中に、赤ちゃんの発育のためにも欠かせない食べ物です。
そこで、卵を食べるうえで食中毒を未然に防ぐ方法についてもご紹介しておきましょう。

卵を食べるときは加熱する

妊娠中に卵を食べるときは、加熱されたものを食べるようにしてください。
でも、どれくらい火を通したらいいのかわかりにくいですよね。
サルモネラ菌は75度の温度で、1分以上加熱すると死滅するので、卵にサルモネラ菌がついていたとしても心配ありません。
ただし、調理したといっても長時間放置しておくのはよくないので、なるべく早く食べましょう

冷蔵庫で保管する

必ず冷蔵庫に入れておきましょう。
卵のとがっている方を下に、丸い方を上向きに保存すると長持ちするのです。

ひび割れ卵にご注意

卵を買う時は、必ず卵を360度見てひび割れしていないか確認するようにしましょう。
卵の殻にひび割れがあると、そこからサルモネラ菌が侵入し増殖してしまう可能性があるからです。
クッション性の高いパック包装されている卵が多いため、スーパーなどで購入する場合は心配ないと思いますが、念のため確認してから購入するようにしましょう。

サルモネラ菌除去の卵を買う

日本で流通している卵のほとんどは、洗浄され清潔な状態で販売されているため、滅多に食中毒に感染することはないと言われています。
ただ、微量のサルモネラ菌が含まれている可能性もあるので、心配な方はサルモネラ菌があらかじめ除去されている卵を購入すると良いでしょう。
また、直売所などで販売されている卵は、十分に殺菌消毒されていないこともあるので、販売者に確認してから購入するようにすると安心です。

妊婦は卵を触ったら、必ず手を洗う

卵による食中毒を防ぐためには、卵を調理する時も気を抜くことはできません。
卵を触ったら、必ず手を洗うようにしましょう。
卵の殻にわずかでもサルモネラ菌が付着していると、手についたまま他の食材にも移ってしまうからです。
手を洗う際は、しっかり殺菌・消毒する「ハンドラボ」の薬用ハンドソープを使うとより効果的ですよ。
ハンドジェルタイプやアルコールスプレータイプもあり、手荒れに配慮したうるおい処方なので、ぜひ使ってみてください。


商品詳細はこちら

また、卵の殻が卵の中に入ってしまった時は、念のため加熱して充分火を通してから食べるようにすると安心です。

まとめ

妊娠中に生卵を食べて体調を崩したり、お腹の赤ちゃんに影響を与えたりしてしまうと、後悔するのはママ自身です。
妊婦さんは、加熱した卵料理を楽しんでください!
ただ、あれもこれもダメ!!としてしまうとストレスになってしまいます。
妊婦さんにストレスは禁物ですので、たまにはゆっくり自分タイムをとり入れながら、マタニティライフを楽しんでくださいね。
オススメのおやつも紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください!
↓↓↓
安心でヘルシー!妊婦さんのオススメのおやつ

おまけ

まったり自分時間にオススメなマタニティスープ。
現役のママさんたちの声をもとに、産婦人科と栄養士さんが作ったスープです。
安心、安全にもこだわっていて、1杯のスープに妊婦さんとおなかの赤ちゃんに必要な栄養が、ギュッと詰まっています!
・鉄分10mg
・カルシウム300mg
・葉酸が200㎍

4種類の味があり、作り方もとっても簡単!
市販のスープと同じ、粉末のスープですので、お湯を注ぐだけ!
普段の食事にプラスしたり、ちょっとほっこりしたい時のお供にオススメですよ。

妊娠中の食生活の改善に!マタニティスープお試しセット実施中!!


送料無料のマタニティスープお試しセットを公式WEBサイトで発売中です。

『ほうれん草とじゃがいものポタージュ』『とうもろこしと豆乳のポタージュ』『わかめとガゴメ昆布の海藻スープ』『生姜トマトスープ』の4種類が楽しめます!

※お試しセットの内容は変更になる場合がありますので、詳しくは公式WEBサイトで確認してください。

なぜ栄養はスープで摂るの?

①サプリメントより2倍もカラダに吸収されやすい!

栄養は口の中(とくに舌下)からも吸収されやすく、胃や腸で吸収されるサプリメントよりもスープの方が、効率よく栄養が吸収されやすいのです。

②お腹を温め、冷えを解消!

お腹には、“第2の脳”とも言われるほど重要な臓器である腸があります。
温かいスープでカラダの中から温めて冷え対策をしましょう。

③朝スープでカラダを目覚めさせ、免疫力をUP!

36.5℃の体温が1℃下がると、免疫力は約3割も落ちるという説があるほど、体温と免疫力は密接に関わっています。
朝に温かいスープを飲むことでお腹(とくに腸)を温めることでリンパ球の働きが高められ、免疫力がアップすると考えられます。

*re-na*

Mama writer
二人の女の子のmamaです。仕事に家事にと、忙しく過ごす毎日ですが、今しか味わえない子供の成長を大事に日々を楽しんでいます。先輩mamaライターとして、みなさまにお届けしていきたいと思います。

編集部おすすめ商品

MATERNITY SOUP

妊娠中の栄養補給とマイナートラブルのために

マタニティスープ

妊娠中の食生活が気になるママに。
産婦人科 佐藤病院・妊産婦ケア専門の管理栄養士・お子さんのいるママの声から生まれた
妊娠中のママとおなかの赤ちゃんのためのスープです。

MATERNITY SOUP

妊娠中のママとおなかの赤ちゃんへの贈り物

マタニティスープギフト

これからママになる大切な人への妊娠祝いに。
妊娠中のママが元気に安心してマタニティライフを送れるように
家族や友人みんなで食生活をサポートするマタニティ応援ギフトです。

マタニティスープは妊娠中の女性たちととことん向き合って開発しました

最新記事