妊婦さんは緑茶を飲んでいいの??

妊婦さんは緑茶を飲んでいいの??

「妊婦さんはカフェインNG」と一度は耳にした事はありませんか?
緑茶は、日本人にとって親しみ深い飲み物ですので、普段から飲んでいる方も多いと思います。
実は、緑茶にもカフェインが含まれています。
妊婦さんと緑茶について、詳しくお伝えしていきます。

妊婦さんは緑茶NG?カフェインNGなの?

妊婦さんが飲んではいけない飲み物の中でも、お茶はカフェインが含まれているものが多く該当します。
カフェインは妊婦さんの身体はもちろん、お腹の赤ちゃんにも悪い影響を及ぼします。
妊娠中の体は、カフェインの分解に時間がかかってしまい、胎盤を通じてカフェインが赤ちゃんの身体へと入っていきます。
その結果、カフェインを飲んだ妊婦さんと同じ濃度で赤ちゃんの身体の中に入ってしまうため、まだまだ未発達な赤ちゃんにとっては強い作用を引き起こしてしまうのです。

種類別 100mlあたりのカフェイン含有量

玉露・120mg
抹茶・300mg
煎茶・20mg
番茶・20mg
ほうじ茶・20mg
玄米茶・15mg
紅茶・30 mg
コーヒー・40 mg

妊婦さんと緑茶…そもそも、カフェインってなに?

カフェインは、コーヒー豆だけではなく、緑茶や紅茶などの葉茶、チョコレートの原料であるカカオ豆などに含まれている食品成分のひとつです。
総合感冒薬や鎮痛剤などの医薬品としても処方されることもあります。
カフェインには、中枢神経を刺激して緊張させ、血管や心筋などの収縮をうながしたり、基礎代謝を活発にする働きがあります。
また、覚醒作用により、気分が高まり、眠気や疲労が解消して作業効率がアップするといったことが期待できると同時に、アドレナリンを放出させることにより、リラックス効果が得られるといわれています。

カフェインが引き起こす妊婦さんへの影響とは?

妊婦さんがカフェインを摂取することでどんな影響があるのでしょうか。
カフェインの過剰摂取が引き起こす妊婦さんへの影響は、不眠になりやすくなる、体を冷やしてしまう、鉄分の吸収を低下させる、体内葉酸を低下させるなどがあります。

どうして不眠になりやすいの?

眠気覚ましとして有名なカフェイン。
カフェインには神経を興奮させる覚醒作用があります。
その為、過剰に摂取すると交感神経が興奮し、眠気を覚ましてしまいイライラを引き起こします。
そして、不眠へとつながってしまうのです。

カフェインを摂取するとどうして体が冷えるの?

カフェインを過剰摂取すると、交感神経を強く刺激し、自律神経のバランスが乱れ、血液の流れが悪くなります。
その結果、血行不良が冷えにつながります。
また、体の冷えには利尿作用と大きな関係があります。
体に溜まった余分な水分を尿として排出することを利尿作用といいますが、体内で温まった水分を排出してしまうことで、体の熱を奪ってしまい、冷えの原因になってしまいます。
カフェインを含んだ飲み物は、利尿作用を強く作用させてしまう為、体を冷やすことにつながってしまうのです。

どうして鉄分の吸収を低下させるの?

緑茶には、鉄分の吸収を阻害してしまう成分が含まれています。
その成分は、カフェインとタンニンです。
タンニンは鉄分と結合し、タンニン鉄という物資へと変化します。
これにより、小腸から鉄分が吸収されなくなり、体外へ排出されてしまいます。
他にも、カフェインが鉄分の吸収を低下させる理由として、ビタミンCとの関係があります。
ビタミンCは人の体が鉄分を吸収するのに必要とする成分ですが、カフェインがこのビタミンCの吸収を妨げてしまうのです。
そのため、ビタミンCが不足することで鉄分の吸収をも低下させてしまうのです。
また、カフェインの強い利尿作用により、体内の鉄分やビタミンCを排出させてしまい、鉄分不足へとつながってしまいます。
鉄分は赤血球の主成分であるヘモグロビンを構成するのに大事なミネラルの為、鉄分が不足すると貧血を引き起こします。

どうして体内の葉酸を低下させるの?

葉酸は、水溶性のビタミンB群のひとつです。
代謝に関わりが深く、タンパク質や核酸の合成に働いて細胞の生産や再生を助け、体の発育を促してくれます。
そのため、細胞が新しく作り出されるのに大事な栄養素です。
ビタミンB12とともに、赤血球を作り出すのに力を貸す造血ビタミンでもあります。
妊娠時に葉酸が大切と言われるのは、この葉酸が赤ちゃんの細胞を作り出すのに必要な為です。

妊婦からお腹の赤ちゃんへ、カフェインの影響とは?

カフェインを毎日多量に摂取すると、低体重児の出産や流産、死産のリスクが上昇するという研究結果があります。
また、2008年のイギリスのレスター大学とリーズ大学の実験で、妊婦が摂取したカフェインは同じ濃度のまま胎盤を通過し、200mgのカフェインを摂取した場合に胎盤の血流が25%減るという結果が報告されています。
その結果、赤ちゃんに酸素や栄養が届きにくくなってしまいます。

緑茶の代わりに妊婦さんにオススメなものは?

カフェインが妊婦さんにも赤ちゃんにも良くない作用を引き起こすということが分かった以上、なるべくカフェインの摂取を避けたいですよね。
では、ノンカフェインやカフェインレスなどのオススメはどんなものがあるでしょうか?

妊婦さんにおススメなマタニティスープやカフェインレス飲料

妊婦さんが安心して飲める飲み物として、マタニティスープやカフェインレス飲料があります。
マタニティスープは小腹が空いた時や、ホッとしたい時にお手軽に飲める優れものです。
緑茶の代わりに、ノンカフェインやカフェインレスのお茶を試してみるのがオススメです。
例えば、杜仲茶、タンポポ茶、黒豆茶、ハーブティーなどがありますが、ハーブティーは妊婦さんに向かない物もあるので少し注意が必要です。
ルイボスティーはハーブティーのひとつですが、妊婦さんでも、授乳中でも安心して飲めます。

妊婦さんに嬉しいマタニティスープ

現役のママさん達の協力のもとに、産婦人科と栄養士さんと一緒に作ったマタニティスープ。
化学調味料、合成着色料、人工保存料、人工甘味料、合成香料を使用していない、安心、安全にもこだわったマタニティスープです。
先ほどカフェインによって、葉酸の吸収が低下してしまうとお話ししましたが、1杯のマタニティスープで妊婦さんに必要な葉酸が200㎍も摂取でき、4種類の優しい味が選べます。

【ほうれん草とじゃがいものポタージュ】
【とうもろこしと豆乳のポタージュ】
【がごめ昆布入り海藻スープ】
【生姜トマトのスープ】

あたたかい飲み物でリラックスしながら妊娠中に必要な栄養素がしっかり補給できるなんてステキではありませんか?
作り方もとっても簡単で、粉末状のスープなので、お湯を注ぐだけ!
普段の食事の一品としてプラスしたり、緑茶の代わりなど、ちょっとほっこりしたい時の強い味方です。

マタニティスープお試しセット実施中!!


送料無料の入りマタニティスープお試しセットを公式WEBサイトで発売中です。
お試し価格:780円(税込・送料無料)

『ほうれん草とじゃがいものポタージュ』『とうもろこしと豆乳のポタージュ』『わかめとガゴメ昆布の海藻スープ』『生姜トマトスープ』の4種類が楽しめます!

※お試しセットの内容は変更になる場合がありますので、詳しくは公式WEBサイトで確認してください。

まとめ

妊娠期間は10ヶ月と、長いものです。
完全にカフェインを絶ってしまうことができれば本当は一番良いのですが、ムリに我慢をしてストレスをためてしまうのは、お母さんにも赤ちゃんにも悪影響です。
緑茶にはカフェインが含まれていますが、過剰に摂取しなければ、あまり心配する必要はありません。
玉露や抹茶などをさけ、1日に1杯だけ!と、マイルールを決めたり、代わりにマタニティスープなどをとり入れるなど、お気に入りの飲み物を見つけて、乗り切っていきましょう。
妊娠中は、お母さんが赤ちゃんを一番近くに感じられるステキな期間です。
「飲みすぎ」と「気にしすぎ」に注意して、カフェインと上手に付き合って、明るく楽しいマタニティライフを過ごしてくださいね!

*re-na*

Mama writer
二人の女の子のmamaです。仕事に家事にと、忙しく過ごす毎日ですが、今しか味わえない子供の成長を大事に日々を楽しんでいます。先輩mamaライターとして、みなさまにお届けしていきたいと思います。

編集部おすすめ商品

MATERNITY SOUP

妊娠中の栄養補給とマイナートラブルのために

マタニティスープ

妊娠中の食生活が気になるママに。
産婦人科 佐藤病院・妊産婦ケア専門の管理栄養士・お子さんのいるママの声から生まれた
妊娠中のママとおなかの赤ちゃんのためのスープです。

MATERNITY SOUP

妊娠中のママとおなかの赤ちゃんへの贈り物

マタニティスープギフト

これからママになる大切な人への妊娠祝いに。
妊娠中のママが元気に安心してマタニティライフを送れるように
家族や友人みんなで食生活をサポートするマタニティ応援ギフトです。

マタニティスープは妊娠中の女性たちととことん向き合って開発しました

最新記事