妊婦さんは葉酸を摂ったほうがいいってホント?どんな効果があるの?

マタニティスープは妊娠中の女性たちととことん向き合って開発しました
妊婦さんは葉酸を摂ったほうがいいってホント?どんな効果があるの?

妊婦さんに葉酸って本当に必要なの?

「妊婦さんは葉酸を摂るといい」というように、気づいたらここ数年で話題に上ることがちらほら見られるようになった「葉酸」。
それまでは「葉酸」ってことば自体そんなに聞かなかった気も。
しかも、妊婦や出産っていう話の流れ以外ではあまり聞きませんよね。

では、いざインターネットで「葉酸」を検索してみると、ひたすらサプリメント、サプリメント、サプリメント・・・。
検索であがってきたサイトを見てみると確かに効果はありそうだけど、宣伝のために言っているのでは?とも思いますよね。
でも、実は妊婦さんが葉酸を多く摂取するほうがいいと謳われている背景には、実は厚生労働省の提言があるのです。

妊婦さんが葉酸を多く摂るといいといわれる最大の理由とは?

01

なぜ、厚生労働省は妊婦さんに葉酸を摂取することを提言しているのか?
その最大の理由は、ずばり赤ちゃんに起きる重大な先天性疾患の一つである「神経管閉鎖障害」を防ぐ効果が期待されるからです。

「神経管閉鎖障害」とは、脳や脊髄などの中枢神経系のもと(神経管)が作られる妊娠4~5週ごろに起こる、赤ちゃんの先天異常です。
日本では、出生した赤ちゃん1万人(死産含む)に対して約6人の割合で起きるというデータがあります(1998年調査。厚生労働省発表)。
この神経管閉鎖障害の症状としては「二分脊椎症」「無脳症」「口蓋裂」などがあり、特に無脳症は発症した胎児の75%程度が死産に至ると言われています。

神経管閉鎖障害の原因は多因的なものと言われていますが、代表的な要因として妊娠中の葉酸の欠乏が挙げられています。
厚生労働省としても、この障害の発症リスクを低減する策として、2000年より妊娠中に葉酸を多く摂ることを推奨しているのです。
なお、先にも述べたとおり、神経管閉鎖障害は多因的であるため、葉酸を摂取すれば予防できるというものでもありませんので、ご注意ください。

r01_336_280_0001_ギフト

葉酸っていったい何?どんな効果があるの?

02

葉酸は水溶性ビタミンの一種で、ビタミンM、ビタミンB9、プテロイルグルタミン酸ともよばれています。
名前からはビタミンの一種だとはわかりづらいですよね。

妊娠中に限らず、この葉酸が不足してしまうと葉酸欠乏症となり、赤血球障害や悪性貧血などが引き起こされてしまいます。
特に、妊婦さんは自分の分に加え、胎児の分まで葉酸をはじめとする栄養素を摂取する必要があるため、特に注意したいところ。

更に、妊娠前の方には

「子宮内膜の環境をよくしたり、卵子の細胞分裂を促進したりすることで妊娠を促進するはたらきがある」

といわれています。
妊娠判明後の妊婦さんには

「ダウン症の発症リスク低減」
「自律神経を整えることで、つわりを軽減」
「血管の状態をよくしたり血流をよくしたりすることで、子宮内胎児の発育遅延の予防」
「妊娠高血圧の予防」

など、神経管閉鎖障害のリスク低減以外にも多くの効果が見られるといわれています。

葉酸には坑うつの効果も?

ec7f3ac7c225de3b1e39c6f346d4b731_s

葉酸には、脳の神経系に働きかけてリラックスさせる効果があり、その影響としてうつ病に対する効果も見込まれます。
理屈だけではなく、国内外でのいくつかの研究にて実証された結果もあるようです。

代表的な研究結果として、国立国際医療センター、国立健康・医療研究所、東京大学などが横断で517人を対象に行った「栄養素摂取量とうつ症状の関連」研究では、うつ症状との関連が示唆されている栄養素のうち、唯一葉酸だけがうつ症状と摂取量の統計的関連性が見られたと報告されています。
葉酸の別名のひとつが「ビタミンM」と呼ばれるのは先に述べたとおりですが、このMはMental(メンタル)のMからもじったという話もあるとか。心療内科でも葉酸の摂取を患者に薦める医師も少なくないそうです。

672_560_0002_モニター02

葉酸はどれくらい摂取したら効果があるの?

702061cfc0a785e9085ad368704dec1b_s

厚生労働省が発表した「日本人の食事摂取基準(2015年版)」によると、男女ともに18歳以上で推定平均必要量200μg、推奨量240μgとされています。
更に、前に述べた「神経管閉鎖障害」のリスク低減のために、妊娠を計画、もしくは妊娠の可能性のある女性は、必要量、推奨量に加えて400μgの葉酸を摂取することが望ましいとされています。
また、妊婦(5ヶ月目以降の妊娠中期)は必要量、推奨量に加えて240μg、授乳期は加えて100μgの摂取が推奨されています。

日ごろからの必要量、推奨量の摂取は食事に気をつければある程度維持できるかもしれませんが、妊娠前後でその倍以上の量の葉酸の摂取が望ましいとなると、サプリメント(栄養補助食品)にて摂取することは、確かに多くの方にとって現実的な選択肢ではないでしょうか?

葉酸を摂取するデメリットはあるの?

過剰摂取による副作用(食欲不振、吐気、むくみ、不眠症)は言われていますが、これは1日当たり1000μg(1mg)を超えた場合の話です。
サプリメントはメーカーにより多種多様です。
価格も気になるとは思いますが、自分自身にあった摂取量なのか、葉酸単一のサプリなのか、他の栄養素と併せたマルチタイプなのか、などにも注意をして選びましょう。

サプリメントの安全性、副作用などについては『妊婦さんの素朴なギモン!妊娠中ってサプリメントを摂っていいの?』を合わせて読んでみてください。

まなみ

writer/管理栄養士
2人の女の子のママです。職業は管理栄養士でただ今育児休業中。優しいパパに支えられながら、家事育児に奮闘中です。2人の子どもの成長と休日の家族団らんが今の楽しみです。

編集部おすすめ

MATERNITY SOUP

妊娠中の栄誉補給とマイナートラブルのために

マタニティスープ

妊娠中の食生活が気になるママに。
産婦人科 佐藤病院・妊産婦ケア専門の管理栄養士・お子さんのいるママの声から生まれた
妊娠中のママとおなかの赤ちゃんのためのスープです。

MATERNITY SOUP

妊娠中のママとおなかの赤ちゃんへの贈り物

マタニティスープギフト

これからママになる大切な人への妊娠祝いに。
妊娠中のママが元気に安心してマタニティライフを送れるように
家族や友人みんなで食生活をサポートするマタニティ応援ギフトです。

マタニティスープは妊娠中の女性たちととことん向き合って開発しました

最新記事