妊婦さんは飲み物にも注意を!カフェインはOK?

妊婦さんは飲み物にも注意を!カフェインはOK?

よく妊婦さんはコーヒーなどを控えるように言われます。
これはコーヒーにカフェインが含まれているからです。
コーヒーや紅茶など、日頃よく飲む飲み物にも含まれているカフェインですが、妊娠中に大量に摂取してしまうと、赤ちゃんはもちろん、お母さんにも悪影響が及ぶ可能性があります。
どうして妊娠中のカフェインがよくないのかをまとめました。

カフェインがよくない理由とは?

251c354f9207da4d0a8507989118e91d_s

コーヒーなどのカフェイン入りの飲み物を飲むと、疲れがとれたように感じます。
それは、カフェインが中枢神経系を刺激し、めまい、心拍数の増加、興奮、不安、震え、不眠症などを引き起こすことがあるためです。
仕事中や運転中、勉強中などにコーヒーを飲むと眠気がなくなり、集中できるような気がするのはこれが理由になります。
カフェインは消化管系に興奮状態をもたらし、下痢や吐き気を引き起こすこともあります。
コーヒーを飲むとお腹を下してしまうことがあるのはこのためです。

このような様々な作用があるカフェインを妊婦さんが摂取すると、胎盤を通過して、そのまま赤ちゃんが受け取ってしまいます。
また、妊娠中はカフェインの分解に時間がかかるため、それだけ妊娠中のお母さんの体の中に長くカフェインがとどまることになってしまい、赤ちゃんにもカフェインが届きやすくなってしまいます。
赤ちゃんは代謝機能が未発達なため、赤ちゃんの体の中にもカフェインがたまった状態になってしまうのです。

672_560_0002_モニター02

カフェインが与える影響

【大谷】赤ちゃん便秘の原因と対処をご紹介!必要な栄養素など重要な事だらけ

カフェインが妊婦さんに与える影響として、カフェインには体内のカルシウムを尿と一緒に体外に排出する作用があります。
そのため、大量に摂取することで骨粗しょう症のリスクを高めることがあるとされています。
また、カフェインの鉄分吸収を阻害する可能性が指摘されています。
妊娠中の人はもちろん、妊娠していない人も、女性は鉄分を多く必要とします。
不足すると貧血の原因となりますから、注意が必要となります。

そして胎児への影響ですが、実は胎児への悪影響が明確になっていないというのが現状です。
しかし、妊娠中のカフェイン摂取によって、お腹の赤ちゃんの発育が阻害される可能性があるという研究はされていますし、将来の健康リスクを高めたり、低体重で生まれてきたりする可能性を高めるといった理由から、妊娠中のカフェイン摂取を控えるよう注意を喚起している海外機関は多くみられます。

コーヒー1杯に含まれているカフェインの量は100mgほどですが、その10倍近くを毎日摂取すると、流産や死産のリスクが上昇するという研究結果もあります。
内閣府の機関である食品安全委員会のレポートでは、肝機能が低下している人には高血圧のリスクが高まり、カルシウムの摂取量が少ない人は、骨粗しょう症の発症原因になることもあり、妊婦さんがカフェインを摂取すると胎児の発育を妨げる可能性があるとされています。

カフェインを一日に摂取できる量

72a38d8f8e88c5b74e805a630da0c062_s

食品安全委員会の発表では、「WHOは、コーヒー1日3〜4杯を上限」「英国食品安全庁(FSA)は、コーヒー1日2杯を上限(マグカップ)」としています。
妊婦さんの中には妊娠前からコーヒーやカフェインの入った飲み物を愛飲している方も多いと思います。
その時は、無理にやめることでストレスが溜まってしまいそうなら、1日1回のリラックスタイムを決めてコーヒーなどのカフェインの入った飲み物を楽しむ時間を作るのもいいかもしれません。
赤ちゃんには、お母さんのストレスも大敵になってしまいます。

また、カフェインは血管収縮効果があり、脳の血管が拡張することで引き起こされる偏頭痛をやわらげる効果もあります。
妊娠中に頭痛が出やすい妊婦さんもいるので、効果的に適量を飲めるといいですね。
ただし、カフェインは紅茶や日本茶にも含まれているので、コーヒーではないからと安心して、飲み過ぎてしまわないように注意してください。
各飲料・食品のカフェイン含有量は次のようになっています。

(1杯は150mlを基準としています。)
・ドリップコーヒー1杯:100mg
・インスタントコーヒー1杯:65mg
・エスプレッソコーヒー1杯(40ml):77mg
・ノンカフェインコーヒー1杯:1mg
・紅茶1杯:30mg
・番茶1杯:15mg
・せん茶1杯:30mg
・玄米茶1杯:15mg
・ほうじ茶1杯:30mg
・ウーロン茶1杯:30mg
・抹茶1杯:48mg
・玉露1杯:180mg
・ホットココア1杯:50mg
・麦茶1杯:0mg
・コカ・コーラ1杯:34mg
・リプトンアイスティー330ml:9mg
・カフェイン入りドリンク280ml:35mg
・板チョコレート50g:20mg

コーヒーなどの飲み物は飲みたいけれど、カフェインが気になるという妊婦さんも多いと思います。
特に妊娠前からよく飲んでいる場合は、我慢することがストレスになってしまうこともあるかもしれません。
そんな妊婦さん達に人気があるのが、ノンカフェイン飲料です。
ノンカフェイン飲料の種類はコーヒーや紅茶、ココアやハーブティーなど、種類がたくさんあります。
ノンカフェイン飲料なら安心して飲めますし、気分もリラックス出来る事でしょう。

また、母乳で育てたいという方は出産後もカフェイン飲料に注意が必要です。
妊婦の頃から意識して徐々にノンカフェイン飲料へ量を調節できるといいですね。

まなみ

writer/管理栄養士
2人の女の子のママです。職業は管理栄養士でただ今育児休業中。優しいパパに支えられながら、家事育児に奮闘中です。2人の子どもの成長と休日の家族団らんが今の楽しみです。

編集部おすすめ商品

MATERNITY SOUP

妊娠中の栄養補給とマイナートラブルのために

マタニティスープ

妊娠中の食生活が気になるママに。
産婦人科 佐藤病院・妊産婦ケア専門の管理栄養士・お子さんのいるママの声から生まれた
妊娠中のママとおなかの赤ちゃんのためのスープです。

MATERNITY SOUP

妊娠中のママとおなかの赤ちゃんへの贈り物

マタニティスープギフト

これからママになる大切な人への妊娠祝いに。
妊娠中のママが元気に安心してマタニティライフを送れるように
家族や友人みんなで食生活をサポートするマタニティ応援ギフトです。

マタニティスープは妊娠中の女性たちととことん向き合って開発しました

最新記事